FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

私の課題

スピリチュアル系のワークのいいところは、自分の問題が解決していき楽になるというのが一つあげられると思う。

普通だと1倍速だったり場合によっては停滞したりもするのが、倍速、それ以上のスピードで解決していく。
このことさえなければうまくいくのに!!と出来事や人を恨んでいた気持ちなども霧散し、いいように考え実際いいようになっていく。

もともと人というのは幸せになる仕様になっている。不幸だと思ったり苦しいと思ったりするのは自分の中のまだ解決できていない未経験から思わせてることで、それを本来の仕様通り素直に、難しく考えずすっとやればなるべきものに近づいていくものだと考えている。

エネルギーワークを続けてきて、始める前に比べ自分のでこぼこした角はずいぶん取れてきたなと思う。人様に比べたら大したことないかもしれないけれども、その若輩者の自分が感じられる程度の目に見える課題はなくなっているように思う。
これだけは別枠でと思う苦しさも不安も今はほぼない。自分にとって多分ラスボスとも言える課題一つのぞいては。

こらえきれないような怒りに苛まれることがしばしばある。
色々分析したり、怒るたびにただ反省したり、実際行動でがんばってみたりするがどこが違うのかこれだけは一向になんとも動かない。

先日私はとても怒ってしまい、それによって私の望み通りになった。
本来の自然な流れとは言えない。よくなったように見えてこれは違うんだわかった?と怒りのエネルギー分ブーメランで返ってくるかもしれない。
一見よく動いたように見せかけてあとで落とされるパターンだとわかっているので、それを私がよし受けようと覚悟を決めたら戻ってきそうな気がする。(今は正直ビクついている)

それでも、そのときこの課題が少しでも進めばそれでいい、、、かな。











ライタリアン・ゲートウェイ

件のエネルギーワークを受けている。
体にエンジェルや宇宙の存在から6つのジェムを受け、できたグリッドを使いこなし、物質から精神世界まで簡単に移動できるようになるというワークである。
移動でいうところで終わっているので、きっと移動先のワークがまだこれからできるのではないだろうかという予想を勝手にしてみたりしている。
瞑想はしているのだけれど、エネルギーワークは実は久しぶりだったのかなんだかか、このワークのエネルギーがすざまじいものすぎたのかわからないけれども、かなり深いところまで飛んで行ってしまった2回目だった昨日。
誘導瞑想の言葉が聞こえなくなって、静かになったなあとおもったら手がめきめきめきと勝手に開いていって、背中のほうからモリモリとしたエネルギーがやってきて、タスケテーと思うほどの大きなものに囲まれた。首が前に折れすぎて痛いという肉体の苦痛でそのモリモリ→意識が遠のく から逃れたようなイメージであった。
あとで先生に伺うと、手の中のルビーがものすごく巨大になって大きくなっていってたらしい。
後ろに白いアルクトゥルスの存在が列をなしていてたという風に伺った。
このワークを受けているからか、日常生活でもまだ出ていなかった課題が浮かび上がっている。
果物の汁で紙に絵を描きあとであぶり出すと浮き上がってくるあぶり絵というものがあるけれど、なんだかあのイメージがある。
変化があった日常生活についても備忘しておこう。


火星のゲート

今日は宇宙空間に出る前に、地球の水の管理をしているという存在とあった。
昨今の行き過ぎの水難について、あれはどう管理されているのかというと、その存在は、

地球は大きく高い次元に変化していっています。
気候や自然の状態はその変化の表れです。

と、一見ぱっとしない返事がかえってきたが、その存在は絶えることなく地球を注視していた。またなんか大きい自然災害がきたら嫌だなあ・・・と何気に思うようなイメージだった。

その存在から離れて宇宙で今信号が多くでているところに行ってみようとおもうと、すぐ近くにあった。火星だった。
火星の南半球にしゅうしゅうと膨らんでいる存在感抜群のと大きな光のふくらみをみた。

以前土星でそれに似たようなものを見かけたことがある。
土星のはなんだか怖い印象だったが、火星のはそうゆうのではないようだ。
そこから違う次元でしかも裏側というかもう一つの宇宙にいけるらしい。
この穴は別次元や遠く離れたところからでも、瞬間に移動できるというゲートなのかな。

よし、明日チャレンジしてみよう。

シリウス

悪い、いいという感覚が地球のレベルなら、シリウスにはそのレベルがないらしい。
変化という。
変化はシリウスでも地球でも起こっていて、地球ではスクイーズをぎゅっと握りしめたときにできるぷにゅっとしたコブのように一部分が膨れ上がっているらしい。

シリウス系にいるエリーがいう。
彼女にシリウスの双子の間にある楔となっている星の住人が、ソウルファミリーだということで紹介してもらった。
名前がノブラというらしい。
これはノブラの情報。

水害について思うこと

先日、仕事で京都の大江町に行ってきた。
大江町は先日の長雨で、支流が由良川に合流できず、あふれでた水が道路一体に流れ込み、床上の浸水の被害が多数でたところである。

大江町に差し掛かったあたりから、道路に泥やら水たまりやらが増えてきて、通行止めの表示もあちらこちらで出ていた。
コンビニの前では店員さんたちが、陳列棚を外にだして、おそらく売れなくなってしまった水につかった商品を整理したり、箒をもって掃除されたりしていた。

掃除や整理をただ淡々とされている印象を受けた。

今回の起きたことで唯一、慈悲を感じたのは、台風8号の進路。
沖縄や台湾、台風が通るコースの方は大変だろうけれど、日本列島の上を通過するコースではなく、よかったと思った。