FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想日記再開

私事でいろいろあり、処理能力の速度がもともと劣る私は、狭い対応キャパシティがパンクしてしまい、東奔西走の日々がつづいていて、日記がかけなかった。(言い訳っぽいが)
7月の間はいろんなことがあり、そして今は落ち着いている。

それにしても今更ながら、上ってスゴイと舌を巻く。
片づけても片づけても次々起こる出来事に参り、追い詰められたような精神状態で、助けを毎日乞うていたら、ピタッと次々わいてでてきたことが収まったのである。
精神世界にはいってから、助けてと悲鳴をあげると、助けてくれるというのがわかっているはずなのに、この落ち着いた時間がかえってきたことが不思議だと戻った瞬間思うが、続いては大きな感謝の感情がわきおこってくる。

7月は私とは直接関係ないところの話だけれど、よくないニュースがたくさん起こった。
ウクライナの旅客機爆破事故
イスラエルのパレスチナ攻撃
いくつかの航空機の墜落

特にパレスチナのガザの攻撃はもう酸鼻極めるもので、小さな子供が毎日なくなったり、病院や学校が破壊されるというような、なぜそんなことする必要があるのか理解できないような出来事がおこっている。

しかもハマスは外に逃げ出さないような人間の盾というような作戦をとっているようで、第三者からしたら、ただの意地っ張りにしか見えない。
せめて小さい子供や体力のないお年寄りは地区外に避難させてあげてほしいと思う。

主義や主張を持ち、貫くことは必要なときもあるかもしれないが、それがなんのためかも考えてほしいとおもう。
大切な人が悲しんだり、つらいおもいをしているならその主張はエゴではないのだろうか。

私がガザにすぐにできることといえば毎朝の瞑想でここに光をおくることくらいしか思いつかない。
中東、イスラエルのあたりは、死屍累々たるツボのようなものが見える。
そこに光の柱がたつように祈るだけ。

「上のみなさま、中東にあまねく光が満ちるようお願いします!」



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。