FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽系の旅 3

今日もはりきって太陽系トリップをした。
今日も瞑想がはじまるとガブリエルがいたので、また水星からといわれるかとおもったが、今日は火星にいってもいいよ~とのことだったので安心して、火星に行く。

昨夜、家に帰った時に夜空を見上げると星がきれいだった。
東南の空を眺めると赤く輝く星、火星があった。
それと同時に真上を見上げると、金星かとおもうほど光っている星がある。木星だ。
木星は存在感抜群で夜空でも堂々としていた。

その様子がふっと出てきたが、火星の意識につながる。
火星にはあまり高い意識がないような気がした。7次元につなげようとおもっていても気が散じて難しい。
しかも火星ときたら、太陽系のメンバーやめたいんですけどーみたいなことも言ってる・・・?ような気がする。
いつも遠くのどこか別の星の伴星群をみて、ああ憧れるわ~みたいな意識まで感じる。

地球に関しては関心がほぼなく、ほかの太陽系の星についても無関心。
かわいた冷たい雰囲気と若干のほかへの「あこがれ」のようなエネルギーを感じた。
超クールかつ一匹狼ぽい印象。それが火星だ。

火星をはなれて木星に移動する。
木星のコーザルチャクラのあたりにはほかの次元に移るための出入り口があって、そこは自由に利用できる。
利用してその出入り口から出てみると、一面白い光におおわれた美しい世界があった。
ここがなになのかわからないが、木星にからんだなにかであるのだろう。
木星は自分がほかの太陽系の星々にとても大きな影響をもっていて、それを自覚している。
包み込むやさしいまっすぐなエネルギーを感じた。
太陽が葉っぱだとすると、木星は根っこのほうのエネルギーを持つ。
つまり安定を感じる。安定しているというのではなく、安定したいというエネルギーだ。

今日はこの2つ。
土星は飛ばして、明日は天王星以降にいってみる。




Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。