FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

セラピス・ベイ

先日、リモートで友人と話しているときに、頭の後ろのほうによくないものが見えた。
ぴったり張り付いているかんじではなく、50センチくらいはなれたところにいる気味が悪いもの。
その友人は、最近霊的なものに興味があるようで、ネット上でもその方面の人と親交があるようだ。

話しているときにも、誰かになにか言われたようで、今も足下になにかいるとかなんとかいうので、つい口がすべってしまった。
「頭のうしろにもいるよね」と。
どうやら頭のほうは言われてなかったようで、驚いていた。そのあとすぐに若干の不安エネルギーが伝わって来た。

先生の言葉がすぐ頭に浮かんだ。
「なにか憑いてるとその人にいうなら、それをなんとか必ずしなければなりません。
自分の手に負えないとおもうなら、憑いてるなどといって、むやみに人を怖がらせるのはヒーラーとして失格。」

祓うとかいうのは専門家がすることだとおもう。
ヒーリングしている最中に、そうゆうものが見えてなんとかできる自信がある場合どこかにいってもらうとかそうゆうのはある。
できるかどうかわからなかったけど、なんとかしようということで、そのくっついている低級霊と対峙した。

思ったより大きなエネルギーだった。
イメージで表現するなら、四つん這いになっていて、腕が一本しかない。手足がほそく、がりがりに痩せている。
頭がやたらでかく片目はつぶれていて、左目がやたらに大きい。
その頭部分にすごいエネルギーがあって、人だったものではなさそうなかんじだった。

いつものように冥界に御引き取り願おうと、やっていたが、なかなかしぶとくて動かない。
しばらくがんばっていたが、ともかく大きいし、攻撃的である。
くり返しがんばっていたが帰る兆しをみせない。
そうだ、こうゆうときこそ誰かに手伝ってもらおうとおもい、手伝っ・・・とまでいいかけたら、疾風のごとくひゅっと現れたセラピスベイ。

彼がその悪霊をかかえてしゅっとどこかにいってしまった。
おお〜、、、と彼を見送りつつ、その悪霊がはまっていた場所をヒーリングして修復した。

そんなことがあってからの瞑想で、こういった場合の浄化の方法をきいてみようとおもって、セラピスベイにきてもらった。だが彼は、今後あなたはそうゆうことをする予定があるのですかと聞いてきた。
ないと答えると、ないのに聞くの?とやられたので、さらにこないだみたいなことがないとも限らないし と食い下がると、色々方法を教えてくれた。
案外気さくである。

セラピスベイはあまり今まで縁がなかったのだけれど、クリアリングスを受けるようになってから瞑想でみかけるようになった。エルモリヤとなにか関係があるのかな、、、。
エルモリヤと関係があるというより、浄化中だから出て来てくれているのかもしれない。

今日の瞑想は、宇宙空間とただようかんじの瞑想。
なにもせずに浮かぶのは心地よい。




Comment

非公開コメント