FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘

すこし上手く行かないことが続いてがっかりしたり、思わずイライラしてしまうという感情の波に悩まされ嫌だなあとおもってたとき。
瞑想でサナンダとの会話。

「がっかりしたり、イライラしたくない。後で嫌な気分になって落ち込むから。どうしたらいいの?」

「なすがままにしましょう。あるがままにしましょう。」


自分の希望通りにならないから、イライラしたりがっかりする。ということだ。

たとえば対象が子どもとかの場合、
こうやればうまく行くのに、どうしてこうしないのだろう。
 ↓
これだけ子のことを考えているのに!(イライラ)

ただ自分の思い通りにならないからイラついているだけなのである。
勘違いしてはいけないのが、「子どものために」やってることなのに等と思い正当化してはいけないということ。
「自分の思うことに賛成してくれない」というところで、腹をたてているだけなのだから。

公園にいったときに、子どもが自分の思うように遊びたいのに、「これが面白いに決まってるから!」といって、
ブランコに乗らせて、漕ぎ方や速度などをいちいち言うだろうか。

つきあう意思のない相手に、自分達はつきあうのがベストだからといって、いつまでもつきまとうだろうか。

如何にも落ちそうな場所に大事な花瓶をおいて、落ちて割れてなんで落ちるんだ!!などと怒るなど滑稽きわまりない。

お互いに「あるがままに」をやっていたら、もめ事は起きないような気がする。
自分の思いが通じない場合は、相手が本当にのぞんでいることを理解するようにしてみよう。
そこまでの思いをおくる相手ならわかってくれるはず・・・・。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。