FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

もうひとつの宇宙

瞑想を始める前に、光の存在じゃないものがアプローチしてくることがあるので、部屋と自分のプロテクトはとても重要になる。
あたまのてっぺんをひらいて「さあ、どうぞ!」というような状態で、自分が光っていると目立つから光じゃないものにも目をつけられやすい。
グランディングとセンタリング,そしてプロテクトは必須なのだが、うまくつながるよう香りと音などを準備しても効果が高まる。

音楽はローレンツェンでも宮下富実夫でもなんでも自分が瞑想に深く入り込めるようなのを流して、お香や精油をたいて、水や火や石を用意する。

準備してからはいった瞑想。
キノコのような宇宙の形が見えて長いトンネルみたいなのも見えてそのさきにまた宇宙がある。
この宇宙とあっちの宇宙にはそれぞれ神といわれる根源の存在がいて、トンネルはいたるところに用意されている。地球のそばにもそんなトンネルの入り口があり、私はどこかに瞑想で行く時にはそれを利用して移動しているというのがわかる。
もう一つの宇宙からこの地球に生まれて来ている人も出始めている。
彼等は愛に満ちていて思いやりがあり、傷ついたりしてもがまんすることが出来るという3次元の特徴も兼ね備えている。

夕べ私に確認がやってきた。
話しをきいているときは、ひどくがっかりしてつまんないこと言うなあとおもっていたのだが、それはその人へのジャッジにつながっている。

スピリチュアルな成長を目指す人にありがちなジャッジらしいのだが、自分はこういった高次の意思を知るために勉強なりして上に近づこうとしているが、まだそうじゃない現実的な人たちがいて、彼等はその次元に追いついていないってことだよねと差別化してしまうことだ。

具体的に言えば、スピリチュアルなことについて危険だとか頭がおかしいとか変な宗教にはいっただとかいう人たちがいて、彼等には話しがわからないからもう天使だとかの話しはしないようにしようというようなこと。

そういわれたから、彼等に対して自分の意思を隠すということはする必要がない。
そうすると、その人たちにはこの話しはわからないのでしない・・・というジャッジにつながってしまうのだ。
彼等は自分のことを心配して、じぶんなりに安全だとおもう考えを言ってくれているというのはわかる。
だが、それはあくまで彼等の考えなのだから、気持ちだけうけとって、自分は自分の思うようにするのがよい。

現実に高次が手助けしてくれていることは本当にたくさんあるのだから、たとえば人から「こんなうれしいことがあったよ!」と教えてもらったら「神様に感謝だね〜」などと言葉にだして、どんな人も知ってる言葉で表現して行きたい。

などとおもっていたら、なんと光のシャワーが今日はすごい勢いでふってきた。
すごく気持ちよかった。
わ〜 気持ちいいなあ・・・と思ってたら、こないだみた火の鳥が私の上を旋回して飛び、しらないエレメンタルが出てきた。火の鳥よりすこし波動が落ちるけどいいかんじの、人魚だった。
人魚がでてくるなんて初めてでうれしかった。人魚とかイルカとか瞑想や普段にも見たことがなかったので感心してみていた。

守護天使に感想を話ししていたら、ガブリエルがでてきた。
彼はなにを言いたいのだろう。私になにかのサポートをしてくれようとしているのだろうか。
ちゃんと聞くので言ってほしい。。。


Comment

非公開コメント