FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使が助けてくれたこと

すっかりブログを書くのをご無沙汰してしまっている。
瞑想の覚え書きとしてブログをしはじめたのだけれど、ここのところ記録を怠っている。

週末は、ダイアナクーパースクールの天使講座にいっていた。
私の知りたかったことが色々わかってきてとても楽しい。

困ったときの天使の頼みはいつも利用しているのだが、今回は本当にありがたかったので、瞑想ではなくそれを備忘してみたい。

今回のセミナーが広島であるため、新幹線のチケットを事前に購入していた。8:12発である。
最寄り駅から、乗換駅を経由して京都に行くのだが、乗換駅ー京都駅まで特急券を買おうと思って窓口にいったら、窓口で時間を手間取っている人がいた。
これじゃ最寄り駅から電車にのれなくなると、せっかちに思い、特急券は乗換駅で買えばよいとおもい、改札をくぐった。
乗り換え駅に着くと、乗りたい特急がすでに停車中だったので、あわてて特急券売り場で走って「これに乗りたいんですが」と指さしながらいった。

「満席です」

ええっっ??
この特急にのらなくては8:12発にのれなかった記憶があったので、
どうしようとおもい窓口の人にきいた。

「次の特急は何時に京都につきますか?」
「8:12です。その前に急行があり、それは8:10につきます」

京都駅の構内を思い浮かべた。
新幹線乗り場は私鉄から近いが、2分で移動できるだろうか・・・・。
この私鉄は延着をヒンパンにするという印象もある。間に合わない可能性が高い。
だが、特急にのれなかった私は次の急行に乗るしかない。

最近は、こうじゃなくちゃいけない、こうなればいい、これがほしい!という念というか執着みたいなものがかなり減って来ていて、いつも成り行きにまかせてしまっている。
この事態になったときも、

・遅刻するのは、もっと早く家を出る必要があったから
・最寄り駅の窓口でもう少し気長に待つということをする必要があった

だとかいうことで、私に「遅刻」という事実を見せて、今度から気をつけようねみたいな、そっちかと解釈しそうになっていた。
だけど、脳内で遅刻すると、講師の方や、セミナーの参加のかたに迷惑をかけるじゃないかという声がグワングワングワングワンと響いてきたのが今回は違っていた。

よし!と思い、京都行きの急行のなかでずっと、

ミカエルラファエルガブリエルウリエル、ありがとう!間に合わせてくれてありがとう!!
ミカエルラファエルガブリエルウリエル、間に合わったよ、いつも本当にありがとう!!
ミカエルラファエルガブリエルウリエル、私鉄も時間通りに到着、新幹線にのれたよ、本当にありがとう!!!

などといった趣旨の言葉を小声でぶつぶつとつぶやきながら(アヤシイ)、猛ダッシュの準備のため、馬のように足踏みなどもする。

新幹線のシートに座ってゆったりと車窓から外をながめる自分。
電車をおりてから、自分が華麗に人波を縫って駆け抜ける様子もイメージする。
ひらりとプラットフォームに降り立ち、ニンフのように軽やかに走り改札をでて、また風のようにすすみ新幹線改札をトラブルなく走り過ぎ、右手の博多行きエスカレーターを飛ぶように駆け上がり、しまる間際の新幹線の扉に吸い込まれるように駆け込み乗車(アブナイ・・)する様を。

また先頭車両の一番前だったため、運転手さんの後頭部を見つめ続け「はやめにつくはやめにつく・・・」というお願いの気持ちも合間に送り続けた。

京都までの40分間無心でこういったことを行いつづけた。

さて京都に到着した。何時についたかみていない。
私は扉前に混雑のため立てなかったのだが、なぜかすーっと前の人が両脇により、私はとてもニンフのように軽やかにとは表現はできないが電車からスムーズでることができた。
その後、俄然猛ダッシュをし始めた。
すると、不思議なことにここを走るんだよ〜というように、私がはしる予定のコースが光の白くかがやく道になって見え、私はそのS字になったコースをどたどたと猛ダッシュした。
すると、驚いたことにやはり人が左右に別れ私の前に道がひらける。

そのまま新幹線改札を通り抜け、電光掲示板にまだのぞみ1号の表示があるのをちらと確認しつつ、エスカレーターを2段飛ばしに駆け上がり、開いていた近い扉めがけて猪突のいきおいで猛進し、なんとか8:12のものに乗れたのである。

席につき、はぁ はぁ ハァ ハァ と切れた息をとりあえず、整えていた。
これも優雅に車窓をみつめる自分のイメージとは若干違っていたが、まあ予測通り。
はあはあいいながらも、

ミカエルラファエルガブリエルウリエル、ありがとう。間に合わせてくれてありがとう。
ミカエルラファエルガブリエルウリエル、ありがとう。感謝します。

と、つぶやきつづけて、斜め前のおじさんと目が合った。これは予想外だった。

S字の光る道は、私の剣幕を見た人びとがあけてくれた道で、それにも感謝、他の手伝ってくれた天使にも感謝しまくった。
成り行き任せも大事。それで最善がもたらされることもあるが、
一生懸命やったら、うまくいくようにブースターをつけてくれて、結実するということを、今回はいいたかったんだなというこがわかり、うれしかった。
こんなうれしい確認ならいつでも大歓迎と思った。

そして、遅刻の心配がなくなった私は、セミナーの予習のためテキストを出して膝の上にのせることができた。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。