FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

ガブリエル

怒らないということは私には克服が永遠ほど遠く感じられるテーマである。

昨日も忘れ物がおおかった下の子に怒りをぶつけてしまったのだが、怒っているときに、ふと自分のハートにはなにも腹立たしいというものは存在せず、脳が「思い通りにならない」ということにいら立ちを感じているだけ というのが見えた。

子どもに忘れ物を取りに行かせている間にレイキの光で車や自分を包み、ハートの感覚が脳にもひろがるようなイメージで戻ってくるのを待っていた。
その後怒りはしばらくしておさまったのだが、「またやってしまった・・」という感覚は残っていて、今朝やってきたガブリエルに「怒ってしまったよ・・・」といった。

きっと彼等天使は、「わかってますね?」だとか「自分で考えてみましょう」とか「身から出たさびでしょう」みたいな厳しいことをいうのだろうなとおもっていたのだが、その予測を勝手にたてていたのは自分の意識で、実際はそうではなかった。

ガブリエルは美しい光を出してくれて私を安心させてから、なぜ怒るのか一緒にもとに戻ってみようと誘ってくれた。私にとって彼女はリンとした印象できびしめの表情であることが多かったのだが、今日はやさしい淡い色の光のオーラでいい感じだった。

怒るのは冒頭でも触れたように、自分の思い通りにならないからだ。
自分の思い通りにならないそのものはなんだろう。
時間をつめすぎで段取りをしているから、予定がくずれると次にも影響がある。
影響があればどうなるのか。

次の予定をするのが遅れる。程度で、大したことはない。
しようとおもってたこと、自分の計画など別にやってもやらなくても、勝手に動いて行く。

ただ計画通りにしたら安全という自分の安心感が奪われたので怒ったのだろう。
でもそこで、次にすすむのを怒りにしなくてもいい。

そこで今日は優しいなと思った一言目「私たちがお手伝いします」
うれしかった・・・。

話しは戻るが、これは、先日の仏教の12縁起のところでも触れた自分と考えの違うものを遠ざけて、差別することで、違うものとの対立、怒り、争い というところにも通じているような感覚が浮かぶ。

そこでまたガブリエルがキーワードを落としてきた。
「自分というものはなにもない。」「この世に私のものはなにもない」である。
怒りは自分と他の差別からくる。
元々なにもないものなのに、なにもないことに怒りをわかせるなんて、無意味である。

だがこの理由は私には落ちてこない。
わからないまま、今朝は終了。

Comment

非公開コメント