FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

最近は天部

最近、入れ替わり立ち代わり今まで見たこともない高次が来ると先の記事にも書いたが、それはまだ続いている・・・。
昨日は帝釈天と梵天いうのがきた。
今まで東洋系の神には縁がなかったので、なんだかよくわからないまま話しをしてもらっている。
西洋系の高次とは雰囲気がちがっている。(エネルギーは似ているのがあるけど)

高次元の世界も地域主権型に変化してきたのだろうか。。。。
という冗談はさておき、今日は増長天、持国天だとおもう。
私は彼等のことを知らなかったけど、顔の感じは女子柔道で渦中の人、園田監督に似ていた。。。

髪をうえの方で束ねてかなりがっしりしたエネルギーの存在である。
怒ってはいないが、きりっとした顔立ちをしていて厳しそうである。

持国天がついてこいといったので、彼についていった。
なぜかその先にガブリエルがみえる。気のせいかもしれない。(きっと気のせいだ)

そうしているうちに、その場についた。そこは天使が出入りしている穴のようなものがある。
彼等はひっきりなしに出たり入ったりしている。

持国天はいった
「ここは神聖な場所です」
そうだろうねとうなずいて、穴からでたりはいったりしている天使たちを見ていた。どこかの誰かを助けにいくのだろう・・・。
「本来神聖なものはどうなろうとも神聖であるといえます」
「・・・」
「神聖なものは自浄作用があります」
「では浄化はなんのためにあるんでしょう」

持国天は別の場所につれていってくれた。

まぶしい光がいろんなところにみえた。
ブッダにあいたいと思っていると、左の方で彼のエネルギーをかんじ、彼が現れた。

「女は何を目指せばいいのでしょうか」

「土地にまく種は種類をさだめます。土地は種を育てます。種は育て方で性質も育ち具合も変わります」

種は男、土地は女と比喩しているのだろう。

「育てることを目指せというのですか。受け入れて育てるということは重要かもしれませんが、目標になり得にくい。私も種を撒きたい。私という種を決めたい、どちらがそれをできてもいいはずなのに、それはなぜ定まっているのでしょうか。」

「生まれ変わって行く魂が乗る入れ物をが必要なため体は用意されます。そのため性別もあるのです。その性別上の役割を行なえるようにするため、肉体ができることを決めています。種をまく性、それを肉体にする性です。どちらが上、下ということはありません。みな同じです。」

「目標が定めにくい。どうあるべき、どうしたら幸せか というのが男性に比べてとてもわかりにくいのです。」

「種をまく性が、目標を定めやすいということではありません。目標はあなたがきめます。」

私はマリアの伝えた包容力と成長のワークの意味を思い出した。
自分自身が育て上げた魂の意識が大きくなって枝を張って葉を茂らせる。
他を育てて慈しんで守るとか受け入れるばかり、主眼をおいてしまいがちなのだけれど、そうすることで、自分はもっとおおきな枝をのばすことを目的にするだろう。

扱いが難しいものを如何に包み込んで手を引き外に連れ出すかと思案することで、経験を得るということがある。
包容力を極めることで自分自身が大きく成長できるということを、つよく意識できていなかった。

てか、ブッダがこんなに話してくれるのがすごいうれしい。
案外饒舌なんだブッダ・・・とかおもってよろこんでいると、しらない間にマリアがそばにいた。
にっこり微笑んでくれた。



記事をかかない間に、教えてもらった重要なことがあるので、上とは脈絡がないのだが、備忘しておきたい。

・自分のなかには根源の光から分かれた分神(魂)がいる。迷えばそれにすがるのがいい。

・肉体があるのはなぜか、神がつくったので必ず意味がある。魂が目指すところに進むことはもちろんなのだけれど、生きている肉体を幸せにするために、今の自分は存在する。


Comment

非公開コメント