FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の瞑想

先日から、今まで会ったことがなかったマスターや女神が入れ替わりやってきて、あんまりこうゆうことがないので、しんどくなってしまっている。

マグダラのマリアもその一人で、彼女と少し話し、疑問におもったので、色々調べてみた。
今言われている彼女のイメージについて私もそうだとおもいこんでいたところだが、
自堕落な生活をした娼婦だったが改心してイエスにつきしたがった。また最近ではイエスの妻だとか子をなしていたとかいう話しもあるが、そんなイメージをもって、話しをするとメッセージがよくわからなかったのである。

話すとどうやら娼婦などではない。
イエスに師事する前は裕福な暮らしをしていたが、イエスに出会い7つの悪霊をおいはらってもらった女性。
実はどの弟子よりも熱心にイエスを愛した(イエスもそれを知っていた)もっとも忠実な弟子が彼女だったという感覚が本来のところのようである。

他の弟子たちはイエスの最期のときには逃げてしまっているが、彼女だけは最期まで彼を見守り、そして奇跡の復活の第一目撃者である。
これを他の優秀な男の弟子に見せたのではなく、人として霊性を成長させてきたマグラダマリアに見せたというのが大きな意味があったのだろうと思う。

瞑想では、マグダラマリアのメッセージが周波数のあわないラジオの雑音のようにかきけされた小さい声のように、みえないものになった。
実際なにをいっているのかわからなかったので、あきらめているとアフロディテがやってきて、簡潔に言葉をくれた。

今日はまたガブリエルがやってきた。
このガブリエルだけではなく、4大天使はみな忙しそうである。
黙っていたらまた耳にきびしい謎かけみたいなことをいわれそうだったので、みんな忙しそうなのはなぜ?とあわてて聞いてみた。

またあたらしく大きな動きが低次元の方であるようで、私たちは押し上げられる形で自然に上にあがる。
そのいろんな次元の調整で動いています。と教えてくれた。
色んな次元でひずみが起きるからその調整であちこちいそがしく飛び回っているイメージがでてきた。

彼女がよくいう「上に上に」というのは、私にとくにかけられた言葉でなく、みんなに言われている言葉なんだなと理解する。

今日も第一チャクラと体全体を覆ってくれる光のシャワーのようなかんじのヒーリングエネルギーを誰かがおくってくれて、気持ちがよかった。

第一チャクラ付近にヒーリングエネルギーがくるのは自分には珍しいのだけれど、それは私が一昨日、腸のポリープ切除の手術をうけたからかもしれないなと思った。どこのだれかしらないけれど、感謝。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。