FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

続々 アンドロメダ

スピリチュアルな学びをすすめ、なにをしたいのか。

きっかけは色々だとおもうけど、こういったことに足をつっこんでからしばらくたつと、そういった問題の原因やら問題自体も、問題と感じなくなるように変化していくことがあるだろうとおもう。

そうなると、目的もどんどん変化していく。

自分の場合、霊性を引き上げたいということを目的にしている。
目的というより、それは会社でいうところの、社是や方針みたいなものであって、近い具体的な目的ではない。
では、その近い目的はなんなのか。

近い目的がどんどん達成されることで、方針たる霊性のレベルアップということにつながるのだとおもうが、近い目的。それは、高次元のエネルギーを体験することだった。

それをワークとして、必要と感じてくださる方にさせていただくと、お金についての問題が私の胸の中で首をもたげる。
そちらに意識をむいてしまうんじゃないか、お金のために自分のエネルギーをどんどん変えていき、それは霊性のレベルアップという方針とは離れて行くのじゃないのか、などと心配していた。

高次元のエネルギーを体験して、それをしたいとおもってくださる方にワークする。
という自然に「したい」と思う目的を、お金がかかわるものになるという不安で、押さえつけて来たようだ。

最近は、瞑想して、好きなところを旅して・・・ということをただ漠然とやっていた。
ただ旅をするだけなので、どこかにいっても「ここはそうなんだ」とか「へえ〜」いうような無味乾燥した感覚しか持てず、つっこんで追求ということはしなかった。
旅をせねばという義務感と、そうすればいずれ誰かが教えてくれるだろうと、他力に頼った感覚でいたのかもしれない。

こういったことを続けていて、私はなにをしているのだろうという疑問がここのところずっとあった。
そしてその答えが今朝の瞑想で出た感じだった。

能書きが長くなったが、そんな今朝の瞑想。


最初また観音がでてくる。
なんかまた言ってくれていたが、忘れてしまった。

そのまま例の地球の停留所にいき、アンドレアを呼ぶ。
実は昨日、アンドロメダのあるところにつれていってもらって(ひさしぶりに)感動的な体験をした。
その同じ場所につれていってもらいたかった。

アンドレアにそれを言うと、キンカニッチェですね。という。
キンカニッチェは星ではなく、そういった「場所」であるらしい。

その場に行くと、青い空と草原がみえたり、きらめく光の情景がみえたり、瞬時に見える景色は変わる。
私は螺旋状の階段をあがる。その階段の各段に高次元の存在がたっている。
その横をすりぬけて通って行って上のほうまでいくと、長方形のかがみのような光るものが目の前に現れて、私にすごい量の光を照射した。
すごいというか、ものすごい光で、ラジエルのワークのときに経験するようなすごい光だった。
落ち着いてくると周囲がわかるようになってきた。

光の長方形のさきはトンネルになっている。
上からはあたたかいエネルギーが降り注ぎ、気持ちがいい。
「大切なものは自分の内にすべてある」と、声がひびいてきた。

目の向こうに目がみえた。いくつもの目。
前もこうゆう経験をした。前はこわくなってやめてしまったが、今日は続けようとおもってみていると、いつぞかみた翡翠色のサードアイが見えた。まばたきしているのもわかった。

私の内から燃え盛る炎のように枝というか、径がでてきて私は巨大な樹になった。全てをもっている全てのそれが自分にあるし、なる。ということをイメージや体感でもって教えてもらった。

そして冒頭に書いたようなことを感じた。本当にしたいことを不安でごまかしていたことを。
それに気がついて、とても幸せな経験だった。

キンカニッチェがなにかわからないが、アンドロメダの人たちにとってもポイントになる場所だということをアンドレアが教えてくれた。

サポートしてくれたザフキエルにありがとうといった。


Comment

非公開コメント