FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 アンドロメダ

今日もアンドロメダに行く。
地球の停留所で呼ぶと彼女がやってきた。
この地球の停留所はシャンバラもそうなのかなと聞いてみた。
シャンバラもそうだけれど、この停留所はまたこの目的に特化しているものなので、意味が違うと言われた。

ばん と目の前にM31が出て来た。

(写真提供:NASA)
それはあなたのアンドロメダのイメージです。という言葉が響いてから、次の瞬間昨日いったモーという星に移動していた。
虹の世界できらきらふわふわ・・というのもではなく、薄暗い中にきれいな虹の羽や手足というか、細長いひらひらをつけたエネルギー体がいるのがわかる。アンドレアもそんなかんじになった。
私はヒーリングの一斉ワークがしたいとおもっていて、まだ観音にとめられているので、その訳が知りたいとそのときちょうど思ったのだ。

そう思ったら、観音がすぐにでてきてくれた。
観音はいつも通りの観音だった。

彼女は私の第三チャクラに白い蓮というより、モクレンのような花をかざった。
つぎにサードアイ,第一チャクラ,そして残りのチャクラもモクレンをおいていった。なんか気持ちがいいヒーリングエネルギーがすーっとチャクラを通して伝わった。
彼女の言う意味がわかった。リンデンのヒーリングはみんな向けじゃないという意味もわかった。
観音はやわらかいエネルギーとともに行ってしまった。

アンドロメダ星雲のなかにも、地球とおなじような星があるか聞いてみる。
唯一無二という感覚は私たちだけの感覚で、極端にいえば、アンドロメダのなかに次元が違う地球が存在しているかもしれない。
このあたりの人の常識はもう光になるということなんだろうなと感じる。

あなたの導師に聞くといいですよとアンドレアがいう。
色んなところを旅するといいといわれました。と答えた。

しばらく意識が遠くなり、ふとそういえばアトラスとかマイアとか以前瞑想に出て来た人は、プレアデスの星の名前だったなあ・・・とあたまに浮かぶと、ばっとサナンダがでてきた。
久々だなあ、でっかいなあと思っていると、(あなたも)光になることを目指しましょう と言われた。

前まではワークの続き続きと躍起になって、上とつながっていたが、最近はそれをしすぎると変なこだわりとか執着が生まれるかもしれないとおもい、続きを敢えて追求しないでいた。
なるようになれーと思い、ヴァイワムスに言われたように色んなところをふわふわと漂っていた。目的はなく、ただ行きたいなと感じたら行くというかんじで。

光になる というのは抽象的すぎる言葉だけれど、「軌跡」「光になる」そしていつもでてくる「虹」を感じて今後も生きるのを続けて行きたい。
と、サナンダに言った。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。