FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クートフーミが来た

今日瞑想にはいると、前に7,8人の高次元の存在(おそらく皆マスター)がならんでいた。
こうゆうのは初めてで、「え(^_^;;」と固まっていると、真ん前のターバンみたいなのを巻いた若干巻き毛の黒髪、浅黒い肌のおにいさんが出て来た。

クートフーミだった。彼とはあまり今まで接触がなかった。その隣は白髪のおじいさんで短いかみを後ろで束ねているような色の白いおじいさんがいた。彼は日本の神様、スクナヒコナだった。こちらのほうは何度か面識があるなあと、それだけ確認したとき、クートフーミが話しだしたのでそっちに集中した。

昨日からごちゃごちゃ私が考えていたことについてひとしきり話したあと、場をばっと変えた。
一面のお花畑である。ピンクや白い花が咲き乱れて地平線の奥の方までずっと花畑。

クートフーミはいう
「これは昨日みたカバラのかたまりの一つです。」
こうゆうのもあるんだ、、とおもって、のんびりしたいなあと最初思った。
だが、なぜお花畑なんだろう、この先からなにかがせまってくるのではないか・・・という若干の不安がでたとき、空のむこうのほうが赤黒く変化してきて、圧迫感を感じるようになってきた。

「それもカバラのかたまりです。同じものです。」

そして、昨日の樹の前に私をつれていってくれた。
「樹は大きくなるし色もかわるし小さくも成り形も変えます」といって、私の第一チャクラに色をかぶせた。
順に第七チャクラまで色をいれてくれる。ヒーリングを受けたみたいにすっきりした。

色にはエネルギーがある。チャクラに足りない色を追加してくれたのだろう。
私にチャクラやオーラをみて色を足す方法を教えてくれた。
人の体のまわりにはチャクラ以外にも色んな重要なツボがあって、それが樹のように見える。(オーラという意味じゃなくて)

クートフーミはレクチャーが終ると、以上!みたいなかんじでにっこりして一歩私から離れた。
そして昨日サナンダがいったように、このカバラの樹を感じましょうといった。

私はひかえめに下の方のふくらみ(セフィラ)ばかり選ぼうとしていたが、クートフーミはもっと好きなところにいけばよいというので、恐れ多くもケテルの部分にあたる一番上の部分に行ってみた。
意識がなくなりそうになるほどの光が突き刺すほどでとてもいられない場所だった。
体の意識をすてて、魂の一塊になると少しそのダメージというか、なにも感じられないほどの衝撃はやわらいだ。

そこから上の方にいた存在がいう。
「部分(セフィラ)ではなく、道程(パス)のほうを注意して感じてみましょう」
その一つをとおってみたが、すごく苦しくて体がばらばらになるほどの苦しみをかんじた。

時間がないので、クートフーミの場所までもどってきてそうゆってから、意識を戻した。

昨日にも増して????なかんじだったが、クートフーミは、なんらかのヒーリングの方法を教えてくれたのはわかった。
それはわかったんだけど、、、。わかったんだけど後は一体・・・・・。(^_^;;
でも続ける。。。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。