FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の中にいる現実というワーク

魂とタイヨウチュウの関係。

まずタイヨウチュウについて説明だが、私が過去生からひきずってきた問題、こだわりも含めて、「本来の自分」と相反するもの、「現実の」不安や恐怖という自分自身のイメージが、タイヨウチュウそっくりに見えたのでこう呼んでいる。
(タイヨウチュウのすがた)

しかし、このタイヨウチュウがあるから、魂のすすむ方向が妨害されているというわけじゃない。
そして、真実の魂の核にこだわっているようだけれども、そうゆうのでもない。
魂の核が発する巨大な光に融合していくことも魂が旅をする目的である。

そしてまた内面にはいっていく瞑想をしたのだけれど、内面のポイントに達するまでに時間がかかる。
メルキゼデクがやってきて、私の胸のどまんなかにレーザービームのような光をあて、そこまでの近道をつくってくれた。

タイヨウチュウが魂の光の前にいた。
私はそれを抱いて光のなかにはいる。
タイヨウチュウを消すということではなく、むりやり魂の目的にあわそうというのでもない。
現実の私すべて(意識)とタイヨウチュウが光の中心、核のところに行く。
そうすることでどうなるというのは知らないけど、感覚、好奇心から目を開けていられないほどのまぶしい光の中に入り込んで行った。

融合するというのは、タイヨウチュウを認めていないからだ。融合とか統合というのは私のイメージとは違っている。
光に意識とタイヨウチュウがいる ということでいい。
光をあてたタイヨウチュウが自分に与える感情や考えにどうゆう影響を及ぼして行くか、それでよかった。

それを感じるとメルキゼデクはすごい満面の笑みで私を見てくれた。
よく言われる言葉であるが、現実の自分を認めて、自分の光を信頼して、その一部になるというワークだった。
自分にとってはそうだったが人によっては違うのかもしれない。

私はメルキゼデクにこのワークを他の人にするときについて聞いてきた。
ハートの奥底に入り込んで行くという誘導瞑想が必要なのではないかとおもっていた。
自分自身が入り込まないと意味がないのではとおもっていたが、どうやらそれも思い込みだったようだ。

このワークが意図するところを知って受けていただけるなら、その人の意識はおなじように動くはずである。
意識とは顕在意識だけではない。潜在意識も である。

このワークがわかったので、モニターをまた募集させてもらうことにする。
これはラジエルのYの次に位置するワークとなるようだ。

カバラの樹はどうやら別物のようだ・・・。
ってことはまだ続きがあるの〜?(^_^;; 

これは、出来が大してよくないのに、やらなければならないと思っている勉強に似ている。
例えば、英会話ができるようになりたいとおもって、毎日しよう!と決めてやり始める。
出来がいい人はそれを苦とも思わず、目標に達するまで励まれるだろうが、いかんせん凡人なので、その目的に達するまで飽きてくる。
英会話には興味があって、できるようになりたい!と思っているのだけど、そこに至るまでが、だるーくなるというか・・・・。

つまり、やめるつもりはないけれど、率直に言って、いつになったら終るんだろう・・・という感じ。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。