FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

魂と意識と葛藤

いつものように自分の内面にはいってゆき、過去生を色々断片的に見てからもっともっと奥に入って行く。
いつものようにタイヨウチュウ(魂)がでてきた。
ところがそのタイヨウチュウがなぜか横にすっとよけてしまう。
さらに進むと奥には大きく光るものが存在した。

光につつまれながら、最後の最後まで進むとおもって、すすむと密度は薄く・・・物質ではなかった。
光が多くあつまっているところというかんじだった。
私はしばらくその光を感じていた。

タイヨウチュウはこの魂がうまれたことにかかわる、なんらかの原始的な「葛藤」ということを知る。
初めてみたとき、このタイヨウチュウは大きかったのに、今朝はもう小さい。
タイヨウチュウの存在が大きかったので、後ろのものが目に入らなかったのかもしれない。

私は小さくなったそれをほうっておいて、この光の仲でどうしたらいいか、、また考えた。
考えちゃだめなのに考えると、光が私の意識である人型におさまってきて一致した。

魂と意識が統合したようなイメージがきた。

体感的に衝撃がはしったわけでもなく、音もなく・・・・ただ、はまるかんじだった。
その後私の体(人型)は光り輝き。そしてまたムナイキのホモルミナスを想像した。

その後、夕べ友人から紹介してもらった動画をみて、関連のpdfを読んだ。
これは友人が受け取られたメッセージで、「私にその動画を見るように」というのを、ありがたくも教えていただけたものなのだ。

それはゲーリーボーネルの「光の12日間」というものだった。
まさにこのワークがなんたるや、ヒントがちりばめられた文章だった。
そして先ほど瞑想で「統合」したイメージの説明になっており、タイミングがばっちりだった。

こういったことは理屈では説明できない。
なぜとかどうしてとか以前は考えていたけど、今は自然にそのあたり追求することなく受け入れることができる。

そして、教えてくれた存在と友達に感謝した。

Comment

非公開コメント