FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

苦手タイプ

昨日アフロディテとお話をしてから、ふと考え事モードにはいると彼女が呼んでもいないのに顔を出してきて聞いてもいないことをべらべらとあの不思議な声で話してくる。
かなり罰当たりな発言を承知で書くが、もうわかったわかったといって追っ払いたくなるときが何度もあった・・。

瞑想しようとおもって今朝も準備にはいったら、彼女の気配があった。
無視して、ラジエルとつながる。Yのワークを人にする場合の質問をしたかったので彼とそれをしながら、問い合わせていた。
人にするときは虹のときとおなじように誰か守護かマスターとか天使がやってきて、協力してくれる。
その第三者にはどうやって協力してもらうのか聞いたら、アフロディテが近くにいるので、参加してもらった。

彼女の水色やらクリーム色やらあわいピンクのエネルギーがその光のなかに混ざってきていいかんじになる。
その後もラジエルに質問していたが、それはアフロディテにきいたらいいですよ専門だからといわれた。

ラジエルがいってしまってからも、彼女と押し問答のようなことをしていた。
書けるような話しの内容ではないのでここにはメモできないが、私がなかなか理解できず彼女の言葉すら耳にはいってくるのがないような状態なのに、近所の世話好きな気のいいおばさん?もしくは面倒見のいい先輩のような感じで根気よく言ってくれた。

アフロディテは「女性」について、マリアはきっと「母」についてだろう。

スピリチュアルを始めたときのきっかけは「子育中のやり場のない怒り」だった。
これをなんとかしたいと思いレイキをはじめたのだった。
エゴによるものだろうと自己分析だけは済んでいるが、自分の肉体を管理する脳が理解していないのか、未だにどうもままならない。

先の日記でもかいたが私はアフロディテとマリアが苦手だ。

いい年してネギを食べることができないのだけれど、その苦手なネギとらっきょうを口の中に押し込まれ、その美味しさを語れと言われても早々感想など頭に浮かぶわけがない。
普通「イヤダ!」とおもうだけ。。。。


Comment

非公開コメント