FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

虹のワークの感想をいただく

昨日、先生のところにいって、ワークを受けてきた。
セッションのはじめくらいに先生の右手にどーんと光る石を落とされそのままそれは私の第2チャクラにうまったらしい。

私は昨日の朝、虹のワークの次のレベルがあると瞑想中にきいて体験をしたけど、途中で時間がなくなって強制的にやめるといい途中でしりきれとんぼのようになったことを先生にいうと、上のチャクラだけでおわってたのでそこでいま調整がはいったのかもしれませんねとおっしゃった。

私には石の重みとかはいったなどという感覚がまったくなくて、そうかとおもって聞いていた。
後になればなるほど細かい高い波動になり、後の方ではほとんど体感はなくなるひとがおおいとおっしゃってたが、私もそのとおりで、なにも感じることはなく終ると同時に意識がもどったかんじだった。


その後お願いしてた虹のワークをさせてもらう。

私の感想
手伝ってくれる高次が2体でてきて、私とその2体で先生をとりかこみ
虹の円をつくり球をつくり、最初は青紫が勝っている虹、その後は黄色緑がちの虹に変化し、

そして濃紺になった。
重い色だなあとおもっていると、意識がうすらいできた。

そうすると、だれかでてきて、指を一定方向に指した。先生はそれに着目してらした。

アンモライトのような美しいしかも重厚な虹がひろがり、
最後に手伝ってくれた高次がおわったよーといって先生の上に虹がかかったのに、
まだ早いだろうと私が勝手におもって
もう少し・・・と終ったと言われたのにもかかわらず引っ張っていた。

すると、ピンポーンと誰か(宅急便)がやってきたので、本当に終了になった。
4時過ぎに宅急便がくることを気にされていたが本当にやってきて、
だいたい25分くらいさせていただいた。



先生の感想
口頭で伺ったので自分の言葉になるが、メモしておきたい。

最初に足のさきのほうから虹の光が2本からだを通って
頭上をつきぬけてぐーーーっとうえのほうまでいって、
また弧を描いて足の方までもどってくる。

そしてまた同じように身体をとおってクラウンチャクラを突きぬけて
上の方までゆきまた元に戻ってくるということがあった。

その後、サードアイとクラウンチャクラの上に小さい虹の輪ができて
(ちょうどブロッケン現象のような)くるくるとまわりはじめた。

体感として手足がぴくぴくとしている。

その後は意識がなくなり、気がつくと、
タロットでいう隠者のようなしゅっとした細い光のかたまりみたいな存在がでてきた。
マントをきていて全部がよくみえない状態。

その存在は天使とかマスターとかいったエネルギーは感じられず、
光がそうゆう姿をしているというようなもので、
山の上のような岩のようなところに連れて行かれる。

イメージとしては山頂で足の踏み場が小さいところで空間が広がっており、
全てが光の世界。
そこでなにか話を聞いていた。
(ここはあなたがきたことがないところです)

最初が強い感じで後半が身体が浮く感じ。
次元引き上げの作業、覚醒の作業という感じだったそうである。



この虹のワークをしている間、私が相手の様子をなにも感じないことについて、
「見えちゃうとそこを意識的にああそこが足りないのでそこをもっと・・・とおもっちゃうでしょ。そうさせないために見せないんだとおもいますよ」
と言ってくださった。

昨日は次元について色々先生の知っていること伺うことができた。
とても充実した一日だった。(^_^)



Comment

非公開コメント