FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリングの見直し

遠隔でも対面でもレイキなりのヒーリングエネルギーを送るときに、調子の悪い相手の状態をついスキャンしてしまうことがある。

どこが具合が悪いのかわかりそこに送りたいと思う気持ちからであろうが、これは最善のヒーリングではない。

スキャンしたヒーリングは、受けた人も自分が認識した部分を癒されたという満足感を感じる。
ヒーラーも見つけることが出来たし、気持よかったといってもらえたという自己満足にひたることができる。

しかし、これではヒーラーが知りえる範囲内のヒーリングにしかならず「その人に最善の」ヒーリングではない。根本からの癒しはおこらず絆創膏をはったようなヒーリングである。

いくらスキャンする能力に長けた人であっても、ヒトの力などたかがしれている。
遠隔なりでその人の写真に送る場合はその人全体に送るべきだとおもう。
ヒーラーや受け手の想像できないところで高次元が最善の癒しがおこしてくれるから。

やはり原則は「なにもかんがえず、ただ純粋に光の通路になりきること」




Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。