FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

レムリアンヒーリングWS 2回目

昨日はレムリアンヒーリングのワークショップの2回目にいってきた。

早くついてしまったので、せっかくだし近くの金閣寺などを見ようかなとおもい、車をとめ、参道の入り口くらいを歩き始めたときに猛烈な豪雨に見舞われた。傘をさしていたが、本当にすごい勢いで降ってきたので、拝観料を払う建屋のあたりで、雨宿りしたときに、ヒョウまで降ってきた。
きゃあきゃあと騒いでぬれねずみになっている修学旅行生たちにまじって天を仰いでいたが、足が冷たいことに気がついて、自分の足下を見てびっくりした。

白いパンツがグレーに変化していた。腰の辺りまでグラデーションになっている。
参道の砂利に叩き付ける雨のはねかえりで、どろどろになってしまったのだ。
がっかりして一応金閣寺を見るがすぐ車にもどり、おちない泥を払っていた。

スジャータさんのメモ帳
雨上がりの金閣寺 ビューティホーという観光客の声。

先生のところで、洗面所とバスタオルを貸してくださった。
洗面所でパンツの泥を落とし、バスタオルを腰のところでしばったようななりで、ワークショップに参加させていただいた。

昨日は満月、そして雷雨、ヒョウまで降るような、はげしい気象だったのもあってか、前回よりはっきりとレムリアの扉が開かれたのを感じることができた。
私は前回の感想をここにメモした時、レムリア人はおそらく肉体をもたないエネルギー体という書き方をしたが、3メートルほどの肉体を持つ人だったらしい。
彼等はもうひとつの宇宙のもうひとつの地球に今も存在しているというのが先生の考え方だそうである。
もうひとつの地球・・・というのが勉強不足でよくわからなかったので今後また調べたいとおもう。

最初の瞑想がはじまって、私のレムリアンシードが光でみたされ、とても幸せな気分になった。
その後アチューンメントになる。

はじまって、再びレムリアの扉が再び開かれ、上から天使やらスピリットやらたくさんおりてきた。
私の右隣にすこし大きめのスピリットが佇む。
4人の参加者がいて、私と反対回りに先生がアチュンメントを開始され、私の番はおそらく最後で、時間があるようだとわかったので、そのスピリットと少しはなしてみることにした。

「今、どうやって接したらいいか迷っている人がいるのですが、どうしたらいいでしょうか。先方は自分の情報を伝えてくれますが、こちらの考えや言っていることは伝わっているのかどうかわからないのです。レムリアの時代にもそうゆう人がいたとおもうのですがその場合はどう接していましたか。」

スピリットの答え
「そのうち自分で気がつきますので、見守ります。」

どんな場合にも、自分での「気づき」がないと、その人に変化は訪れない。
誰かの言葉や行動、考えはヒントとしてその人が見るけれど、自分のものとしないと、変化は起きないのだ。
その人以外の人がそれを変える、変えなければならないという気持ちをもつのは、エゴである。
その人のため、こうしたらベストなのにと働きかけをするのはエゴなのだ。それが親であっても。

そして、私のアチューンメントの番がまわってきた。
螺旋状のくるくるとしたエネルギーを感じて、上にひっぱられるようだった。
頭の上と、眉間、胸に小さいハートのシールを貼られたみたいな感覚を持つ。
レムリアンシードのバーコードを指でなぞると、レムリアの記憶が蘇りますと先生が誘導瞑想中におっしゃった。

左手にもっていた石のそれをなぞっていると、いきなり森がでてきた。
暗い森。その暗い森の岩のくぼみがあり、そこにきらきら輝く白い1頭の馬が、、、ユニコーンが横たわっているのが見えた。そのユニコーンは弱っている。
レムリアの時代、彼にえさを運んでくれてた人が大勢いて、彼はそれによって生きていた。
だが、レムリアの時代も変化していって、個人主義の人が増えてきてえさを運んでくれる人もいなくなっていった。

彼は暗い森の奥を眺めてまっていた。ゆったりとした寂しげな遠いまなざしだった。
目の光は弱く、もうすぐ彼は死ぬのだろうということが予想された。
そして、私は彼だと感じた。

スジャータさんのメモ帳
モローの一角獣 ビューティホーな作品

その後ヒーリングの練習をしあい、私の遠隔を受けたいといっていただける方がいらして、連絡先をお伝えし、お開きになる。
パンツは半分かわいていた。

先生にしていた質問の解説をいただいたのが昨日の収穫のひとつ。
「石は精霊そのものであり、高次元とつながる術を知っている。。。。」

スジャータさんのメモ帳
昨日の夕焼け。光がとってもビューティホー(^_^)

Comment

非公開コメント