FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

ブレスレット

最近天然石のブレスレットを作るのがマイブーム。
はまりだしたらとまらない性格なので、次々とパワーストーンのビーズを購入し、夜な夜な作っている。

できたブレスレットのひとつがこれ。
スジャータさんのメモ帳
ムーンストーンとガーネットのブレスレット”イゾルデ”

これは会社の後輩用。
彼女のハイヤーセルフに、使用する石と、このブレスレットに入れるエネルギーをもらう高次を聞く。
「赤、白、黒(くろ??)、ピンク」ときて「水色と黄色」が追加される。

赤・・・ガーネット
白・・・ムーンストーン、クリアクォーツ
ピンク・・・ローズクォーツ
と、さくさく決まったが、黒の見当がつかない。オニキスは違うしなあということでラブラドライトを選ぶ。
黄色か水色なやんだが、色のなじみからいってブルートルマリンを選ぶ。

聖人の名前は「イゾルト」
私はしらなかったのであるが、私の好きな絵の「トリスタンとイゾルデ」というその人と同じ人であることが、ドリーン氏の77の扉にのっていた「イゾルト」の解説でわかった。


「トリスタンとイゾルデ」の荒すぎるあらすじ
マーク王はコーンウォールの王で、トリスタンはその甥である。
2人は信頼しあっている。
トリスタンはマーク王の結婚相手として、アイルランドの王女イゾルデを迎えにいく。
アイルランドとコーンウォールの友好のために、イゾルデがマーク王の妃になることとなった。

ところがその帰る道中、トリスタンとイゾルデは激しく愛し合ってしまうことになる。
王の相談役は何度も二人が姦通しているのではないかと疑ったが、トリスタンとイゾルデは無実であるように見せかけ続けた。二人には不貞をやめるか続けるかの選択でなやみつづけた。

トリスタンとマーク王は信頼し尊敬し、、イゾルデはマーク王のやさしさに感謝しお互いに対する愛を保ち続けた。 ところがあるとき、マーク王はついにトリスタンとイゾルデの不貞に気づいてしまい、2人に処罰を与えようとする。
トリスタンはこれに気がついて処刑から逃れ、イゾルデを救出する。

二人は森へ隠れ、マルク王に発見されるまでの日々をそこで過ごした。 しかし最後には王に見つかってしまう。
トリスタンはイゾルデをマーク王に返し、自身は去るという条件で王と和解する。

その後、 トリスタンはブルターニュ王の娘、白き手のイゾルデ(同名異人)と結婚する。


スジャータさんのメモ帳
「トリスタンとイゾルデ 
右の後ろの方でじーっと疑い深げな顔で見ているのがマーク王。

この人がまさか聖人だとは目から鱗だったが、でてきてくれたイゾルデはこの絵のような美女というよりもかわいい系であった。顔にそばかすがいっぱいでまるっこい鼻とほっぺたで笑顔がすごいかわいらしい。金髪で長い髪だった。

スジャータさんのメモ帳
(どっちかって言うと、こんな感じ。。。。)


彼女はこんなメッセージを伝えてくれた。
「水平線のように波立たない冷静な心の持ち主です。このブレスレットはかわり映えのしない生活や気持ちをカラフルに変化させます。赤くなり青くなり、紫にときには虹色に輝くように手伝います」

ブレスレットにそのエネルギーを送って、今朝このブレスレットは後輩のものになった。
石の意味についてもうすこし勉強しよう。
無心で石を紡ぐ作業は、今の私にはまってる。(ていうか楽しい)笑




Comment

非公開コメント