FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

レイキヒーラーとして心がけてること

私のような若輩者がこのタイトルを語るのは甚だ僭越なのであるけれど・・・。
このところ対面、遠隔でレイキを毎日おくらせていただけている。
自分への戒めということを含め、レイキヒーリングについて自分が心がけていることを備忘記録しようとおもう。


大原則:純粋なレイキのチャネルに徹する。
これができるだけで、レイキヒーリングの90%は成功と断言してもいい・・・と私的には思う。
レイキヒーラーは根源の神・愛である光を自分の身体をとおしてヒーリーに送るパイプ役である。
パイプが意思をもってはレイキの光の質が著しく落ち、違うものになってしまうからだ。
例えば、ヒーリーの風邪がよくなるようにとか自分の思いを念じてはならない。他にこのひとは大変な病気だから特に力をこめて・・・とか特別扱いもいけない。
どんな状況にもかわらない対応、すべて上にゆだねるというのが重要である。
すべては上のチカラでそれを通す上の「道具」である。
能力という言葉をつかうなら、いかに道具に徹底してなりきれるかという能力が重要である。
霊的な能力という言葉はレイキには無縁で、最大の敵が「エゴ」である。
(レイキヒーラーをほめるとろくなことがないのでやめましょう。笑)

原則1:ハイヤーセルフ及び本人さんの「受ける」という許可をもらう。
本人さんが、「レイキってなんか怖い」というふうにレイキに関して不安を持たれている場合はまだ時期がきていないと思うので、ヒーリングさせていただかないことにしている。
本人さんの許可を受け、ヒーリング前に必ずハイヤーセルフにも許可をもらい、その指示に従ってレイキを送ることにしている。
まれに遠隔などで本人さんに無断で送ることのを見かけるが、それはマナー違反のように感じている。
しかし、急な事故などで本人さんの確認がとれない場合などある。
私はまだそうゆう経験はないがそんな場合は最低でもハイヤーセルフの確認はとろうと思っている。

原則2:メッセージはおまけである。
根源の愛である光を通しているときに、メッセージを感じるときがある。
それはヒーリーの癒しに有効なメッセージであり、それを伝えることでよい方向に向かうことができる。
ただし、これを感じることに集中してはいけない。
あくまでおまけであり、肝心なのは光をヒーリーに送るということ。

原則3:レイキは愛
丁寧に光を送る。これは当然のことだが、他にヒーリングそのものの行為以外に部屋の準備であるとかも含まれる。

原則4:許可を受けたメッセージのみ伝える
なかには本人さんが気がついていない、伝えれば傷つけるような内容のイメージが上から伝わることがある。ヒーリングに必要な情報のためヒーラーに知らされるのであろうが、ヒーリーには必要のないというときがある。
ヒーリングをしているのにそれを知らせて傷つけるというのは、なにしてるかわからない。
これは伝えてもいいかどうか迷う場合は、かならずハイヤーセルフに聞く。
そこでよく失敗するのが、焦って自分の心の声をハイヤーセルフの声だと勘違いしてしまう場合。
つたえたい!という気持ちが強い場合、そんなエゴがでてくるので注意する。
どぎついイメージがでたときは、黙っているのが吉。


レイキヒーリングは肉体心の癒しを行う。メッセージは「気づき」をおこすためのヒントである。
ヒーリングを受けることにより、現在の癒し、気づきがおこり、浄化のプロセス、その後浄化の癒し、その部分が向上に向かって活性化し、ワンランク上の成長を実現できる。
ヒーラー、ヒーリー双方にこのプロセスが起こりうる本当にすごいツールなのだ。


※かなり独断と偏見はいってます。ご意見またはヒーラーさんで、「私はこんなことも心がけてるよ~」てな原則をお持ちの場合、メッセージでお教えいただけましたら泣いてよろこびます。


Comment

非公開コメント