FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

興福寺

先週の土曜日、レイキのお友達と奈良でランチの約束をしていた。
せっかく奈良公園の近くまできたしということで、約束の時間より早めに奈良にゆき、興福寺に行った。
本当は春日大社に行こうとおもっていた。
奈良公園のほうにむかって歩きながら時計に目をやると11時16分。
春日さんまで行く時間はないなあ、強行するか?とか考えているとなにげにふっと興福寺が思い浮かんだ。
そうだ、阿修羅さまを拝みに行こう。

奈良公園のフェンスのところに、興福寺の宝物殿、いまは、いや昔からかもしれないけど国宝館というのか、その広告の看板がつりさがっていて歩きながらそれを拾い読みした。
3月1日からオープンとのこと。

おお、ついてる~。2月いっぱい工事でおやすみだったようだ。
雨がふっているし人も少なかろうとおもいつつ、現地に到着し、人の多さに舌を巻きながら傘袋に傘をしまいつつ、受付のまえに立つ。
「中金堂とセットのチケットにされますか?」
「中金堂ってどこですか?」
「おとなりの建物になります。」
え、あそこ入れるんだ。とおもいながら、時計をながめて時間確認後セットのチケットを購入した。
高校時代、奈良公園を横切って通学していたのだが、中金堂に人がはいってるのを見たことがなかったようにおもう。

興福寺国宝館
人が多く、阿修羅さまの前では人だかりがあった。
前のようにガラスケースに入ってる頃と比較して、すてきな配置になっていて見やすかった。
千手観音様はやはりど真ん中。ここしかあり得ないけど・・・・。
阿修羅さまは当然美しいのであるけれども、八部衆のなかで一つガラスケースにはいった頭だけのものがあり、
象のお顔をかぶっていらした。阿修羅様よりもまだ幼い男の子の表情だ。これは五部浄像(ごぶじょうぞう)で、八部衆のなかで「天」に該当する神様なのだとか。
後、金剛力士像に惚れ直した。
あ・うんのうち、「あ」のほうが好き。腕の上げかたも迫力あるし、かっこいいな~と思いしばし見とれていた。

中金堂では、薬師如来さまが中央にいらした。
薬師如来さまのとなりには日光月光菩薩様がいらして、うつくしい。
薬師如来様のお目は半目になっていて、瞑想中なのだろう、半目ってむずかしいよ、きっと第三の目を感じてらっしゃるのだろうなといろいろしょうむないことを考えていた。

薬師寺の日光菩薩様が好きである。
月光菩薩さまの方が美術的な評価がおそらく高いのだろうが、りんとした少々きつめの印象を月光菩薩さまからうける。日光菩薩さまからはやわらかいあたたかさを感じて好き。
しかし、この中金堂のそれはどちらもきれいでよく似ているイメージだった。

学問関係を司る薬師如来さま。
当然娘の合格をお願いして、その場を離れた。
そして待ち合わせの場所にむかった。


Comment

非公開コメント