FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

3人で会話

上の子はミッション系の学校にいっており、宗教の時間で聖書を読み朝は賛美歌を歌うそうである。
中間期末のテストにも当然宗教の科目はあり、歌でヨハネなんやら〜♪と弟子の名前か章かわからないが、暗記方法を授業でも教わって歌ったりしている。

そんな娘が昨夜私に言った。
「私、キリストって嫌いやねん」
「なんで?」
「なんかさあ 〜しなさい とか偉そうだから。自分なんかマリアがリョウザン(流産といいたかったらしい、もしくは堕胎?)してたらうまれへんかったのに、なんかえらそう。」

私はサナンダ大好きなので、彼を弁護するために言った。
「〜しなさいっていう聖書のは訳になってるからそう書いてあるだけやで。例えば『愛しなさい』じゃなくて、『愛しましょう』だったらいいってことでしょ?もしくは『愛しあおうよ!』とか」
「なんでそんなにフレンドリーやねん」といって笑う娘。

こんなんゆうてますよ?とサナンダにその場できいてみた。
サナンダは口角をあげて(たぶん笑顔で)そういう人は多いですといっていた。
「キリストさんが、『そんなふうにいう人は多いです』ってゆうてはるで」というと一瞬娘はひるんだが、まだ調子にのって続けた。
「自分が神の子って普通ゆうかな。自意識過剰や」
「神様が威厳ないこといったら信用しにくいやん」
「神様ちゃうし、神様の子供やろ?」
「同じやん」
「雨がふらないようにキリストがいったらやんだって、そんなん偶然ちゃうの」
「もし偶然だったとしてもそのときそう信じれるものがあると人は安心するものやねん」

サナンダが「捉え方です」というので、そう考えるんだったら今の時点ではそうゆうことでいいよってゆうてはるでというと上の子は黙った。

「・・・おかあさんとキリストって知り合い?」
「お母さんはキリストさんが好きやからね。」
「ふーん。。。」

聖書は事実通りじゃないことも書いてあるから多少脚色があるらしい。
宗教が信者を増やすためには多少そうゆうところをすることはあるだろう。その辺が肌にすこし違和感を感じるのだろう。
・・・あまりいうとよくないのでこのあたりにしておく。



Comment

非公開コメント