FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の鳥

きっちり5元素の用意して、お気に入りのヒーリングミュージックをかけて瞑想する。
なにか邪念や気がちるとき、場作りって大事なんだなと実感する。

サナンダがでてきた。
金色に光っている。
彼と会話する。
やっている間は悪いと感じない、例えば感情を優先させて、悪くない理由づけなどしているときは正しいものは落ちてこない。そこを通過したときもそのときに自分が落とした様々なことで、ああやっぱり悪いことだなと確認することができる。
サナンダは「今がそうです。」と言った。

ミカエルやラファエルが手伝ってくれた。
彼等には感謝しているがもっと感謝したかった。
ついでにガブリエルやウリエルも呼び感謝する。
ガイドのアロイや、私の守護天使にも感謝する。

きらきらしたやさしいエネルギーにつつまれていたら、前に見た火の鳥が上の方を旋回していた。
しっぽが彗星の光の尾のように軌跡をのこしている。
なんか用事があるんだろうか。
こないだはよくわからなかったので、なにもしなかったけど、なんだろう。

すーっとおりてきた火の鳥が私の前に着地した。
どうしていいかわからずサナンダをみると、にっこりしている。
わからないまま、火の鳥を思わず抱きしめた。火だからやけどしないだろうか、、などと馬鹿なことを考えながら。
あったかくてそのまま私は火の鳥の意識と上に上にあがっていった。
意識をしっかり地上にも残しながら上に上にあがっていく。
いつもの宇宙空間じゃなくてトンネルを通って行く。

すごくすごく高いところまでいくと微細な羽根のようなやわらかい震えを感じる。
意識が光のなかで「真実をしりたい人」と伝えて来た。
大きなラジエルがでてくる。
ホントに巨大なラジエルだった。いつものマンダラみたいなラジエルじゃなくて、ちゃんとした形になっていて私をやさしく見てくれている。

光のなかでもピンクや水色の淡いエネルギーを感じた。
ここはアルクトゥルスかと聞いてみたが返事はない。
私の中の光の世界で光の記憶だとわかる。
ほとんどの光は光でいることを選ぶが光の中のいくつかはそうでないものを選ぶ。

元々一つの大きなものだったのに崩れたモザイクのようなばらばらになって宇宙に散らばっている。

アルクトゥルス アンタレス アルタイル(なぜかみんなアがつくが)と声がする。
これがヒントになるのだろう。

小さなわたしの星には白いワンピースをきた小さな女の子が海辺でひとりで走っている。
もっと先を知りたいあの向こうには何があるのか。ここではないところにいきたい。
そしてその星を闇がのみこみ、光が生じてそれは噴水のように吹き上がる。
向こうから光の津波がやってきてさらにその闇や光の噴水を飲み込む。

闇と光の攻防はやっぱりあるのだろう。
地球で生きているものはすべて神のかけらでできているけど、闇には意思がなく空間というか隙間ができたら自然に入り込んでくるような感じのものなのだろうとおもう。

どうしようかと悩んでいると意思がないからそこに闇が入り込んでくる余裕を与えてしまう。
不安になると、自分の光がきえ、どうぞ闇さん入り込んでくださいというような状態になる。
傷んだみかんがみかん箱に一つあれば隣またその隣とどんどん広がって行く。
不安の連鎖と似ている。不安な人は不安を発信して人に伝えることで自分の不安の隙間をなくそうとするが、実は不安をうつしている。

自分の信じるところを光のものかどうか確信できてから、自分の外に発していこう。
と、ここで息をしていないことに気がついた。
先に吐き出してから、深く吸い込んで、火の鳥にしがみついてまま脚の辺りまでおりてくる。

明日から3アの星につながるチャネリング瞑想をしてみよう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。