FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

アンドロメダの人

最近瞑想にはいると、誰か待ち受けていることが多いのだけれど、今日はだれもいなかった。
真上に上昇を続けて行くと、ブッダがいた。彼は(いつもなのだけれど)大きい。
上にいきます と彼に言うと、にっこり笑顔でうなずいてくれたような気がした。

そのままずっとずっと上がって行く。
白いグレイトセントラルサンがみえた。そのまま上に上にいった。
アンドロメダに行きたい!とつよくおもった。

何度か行ったことがあるところに行きたいとおもったが、そうじゃないところに着いた。
そこは上下が別の空間になっていて、大気が二層にわかれているような印象のところだ。
アルクトゥルスもそんなかんじで、あそこはもっとパステルカラーに満ちた穏やかなエネルギーに満ちているところなんだけど、ここはちょっと違うなあ・・・。とおもったら、誰かきた。

短い銀色の髪で細い男の人だった。服装がちょっと硬めである。
なんだかどこかの制服みたいなのでぴったり体にしているような銀色の服だった。
名前がアシハナかアシハラという。
あなたはなにをする人かと聞かれたので、虹を作ると自分では考えていなかった答えを意識がいった。

「今は高次元の存在の助けを借りて、エネルギーをおろしてもらうことをやっています。」と言った。
「私にやってみてください」というので、アフロディテにきてもらって、彼女のワークをその場ではじめた。
彼の意識にアフロディテの蜂蜜のようなエネルギーがどんどんふりそそがれていくのがわかる。
アシハラは、その状態でアフロディテと私の知らない言葉で会話をしてから、なるほどと、私にいった。

その人にあったエネルギーを個別に送るということをしてみたらどうですか?とアシハラが言った。
そんなことができるのかなというと、それが普通です。と言う。

その後彼としばらく会話する。
この人は色んなことを話してくれた。

地球にある停留所は今は、大気に同化していって、特定のつよいエネルギーはだしていないということだった。
「あなたもそこを使って、地球にこれますか?」
「ええ まあ」
「宇宙は霊界みたいなものでしょうか」
「その次元もありますが、そうじゃない次元もあります。意識は瞬時にいきたいところにいける ということで、そんな質問をあなたはしましたね。そういう意味からいうと、行きたいところにはどこへでもいけます。宇宙=霊界ではありません」

宇宙のことについて色々おしえてもらった。キノコ型でどんどんふくれあがって行くだとか。
キノコの軸の部分の先から宇宙が広がるパワーがやってきていて、ちょうど広がりかけたとこらへんに、セントラルサンがあるらしい。パワーはセントラルサンを通るものとそうじゃないものがある。
イメージでみせてもらった。聞かなかったけど、そのキノコのねっこの先端は神なのだろうか。

また会えますか?と聞くと、ええもちろん と言ってくれた。
そして時間になったので、瞑想を終了した。