FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が変わるということ

ご相談事に乗らせてもらっていると、私のうけさせてもらった範囲での話しなのだが、御悩みの件について、共通の突破口がある。と感じる。
お悩みの内容はもちろん全て違うのだけれど、キーになるのは「自分が変わる」のようにおもう。

人は様々な理由をつくって、「変わる」ことを躊躇う。
それが長い間かかって築き上げて来たものならなおさらである。

ほとんどの人は、悩んでいるときに「なにかがまずいのだろうか」と感じているはずである。
そのために、他人に助言を乞うたり、友達に話してみたりするのだが、

他人や友人は、自分の為に「良い」とおもっていることを客観的な視線で助言してくれる。
それは玉石混淆で、その人が受け入れやすいようなガイドつきの親切な質のいい助言であったりする場合もあるけれど、中には不変の真理にそぐわない、その人のたまたまうまくいった経験などを元にしたアドバイスされることがある。
本当にそれがいいのかなと自分の判断をとおさずに、また疑問に感じながらも、正しいものとして積み重ねて行くと、人生半ばでつじつまが合わないことがでてきて、やっていることと自分の思いの食い違いが増えてくる。

やがて、他に責任の所在をもとめたり、依存するようになってくる。
自分の基本の土台部分が、ぐらついていつまでも「自分以外のもの」に、よりかかっていなければちゃんと立つことができない状態である。

よりかかっているものに「ちゃんとしっかりしてよ!」と見当違いな攻撃をしたり、人が周りから消えてしまうことを極度に恐れるため、自分は嫌だとおもっていることを人にあわせるためにしてしまう。
そして、自分の周りから人が消えてゆき、これだけ私は、人にあわせてきたのに、人がいいとおもうこと、言うことをやってきたのに、なんで??ということになり、さらに自分以外のところに問題を見つけようとする悪循環が展開される。

人の意見をきかないのがいいといっているのではない。
その中でもしっかりしたものを人や本から、自分で「良い」と感じ判断して取り入れると、最初は人の考えであったとしても、「良い」という判断をした後は、自分の考えとなる。
また、人から聞かなくても、自分で悩み、考え、苦しんだ後に見えてくる真理もある。

一人で立ち、すすむべき方向に進むのは私たちみんな一緒。
そのためにかたくなに守っている自分の砦は、本当にいるべき場所なのかなと、守っているものは本当に大事な物なのかなと、再度みまわしてみることが大事なような気がする。






スポンサーサイト

先日のチャネリングブレスレット

先日の記事で書かせていただいたように、長々とおまたせしてしまったものを許可をいただいたので、アップさせていただく。



ハイパーシーン,ヘマタイト,ムーンストーン,ラブラドライト、セレナイトで上品な色合いのブレスレットに仕上がった。ご感想をいただき、うれしがりなのでこちらも掲載させていただく。

昨日ブレスレット届きました!
ご連絡が遅くなって申し訳ありません。
とても気に入りました。
センス良い お守りとかパワーストーンというより、アクセサリーとしてとても好きです。好きなアクセサリーがパワー持ってくれてるってすごーく幸せですよね。本当にずっとつけていたい感じです。
ラブラドライトも大好きなので、眺めて幸せ気分になっています。
ありがとうございました(≧∇≦)



アンドロメダの人

最近瞑想にはいると、誰か待ち受けていることが多いのだけれど、今日はだれもいなかった。
真上に上昇を続けて行くと、ブッダがいた。彼は(いつもなのだけれど)大きい。
上にいきます と彼に言うと、にっこり笑顔でうなずいてくれたような気がした。

そのままずっとずっと上がって行く。
白いグレイトセントラルサンがみえた。そのまま上に上にいった。
アンドロメダに行きたい!とつよくおもった。

何度か行ったことがあるところに行きたいとおもったが、そうじゃないところに着いた。
そこは上下が別の空間になっていて、大気が二層にわかれているような印象のところだ。
アルクトゥルスもそんなかんじで、あそこはもっとパステルカラーに満ちた穏やかなエネルギーに満ちているところなんだけど、ここはちょっと違うなあ・・・。とおもったら、誰かきた。

短い銀色の髪で細い男の人だった。服装がちょっと硬めである。
なんだかどこかの制服みたいなのでぴったり体にしているような銀色の服だった。
名前がアシハナかアシハラという。
あなたはなにをする人かと聞かれたので、虹を作ると自分では考えていなかった答えを意識がいった。

「今は高次元の存在の助けを借りて、エネルギーをおろしてもらうことをやっています。」と言った。
「私にやってみてください」というので、アフロディテにきてもらって、彼女のワークをその場ではじめた。
彼の意識にアフロディテの蜂蜜のようなエネルギーがどんどんふりそそがれていくのがわかる。
アシハラは、その状態でアフロディテと私の知らない言葉で会話をしてから、なるほどと、私にいった。

その人にあったエネルギーを個別に送るということをしてみたらどうですか?とアシハラが言った。
そんなことができるのかなというと、それが普通です。と言う。

その後彼としばらく会話する。
この人は色んなことを話してくれた。

地球にある停留所は今は、大気に同化していって、特定のつよいエネルギーはだしていないということだった。
「あなたもそこを使って、地球にこれますか?」
「ええ まあ」
「宇宙は霊界みたいなものでしょうか」
「その次元もありますが、そうじゃない次元もあります。意識は瞬時にいきたいところにいける ということで、そんな質問をあなたはしましたね。そういう意味からいうと、行きたいところにはどこへでもいけます。宇宙=霊界ではありません」

宇宙のことについて色々おしえてもらった。キノコ型でどんどんふくれあがって行くだとか。
キノコの軸の部分の先から宇宙が広がるパワーがやってきていて、ちょうど広がりかけたとこらへんに、セントラルサンがあるらしい。パワーはセントラルサンを通るものとそうじゃないものがある。
イメージでみせてもらった。聞かなかったけど、そのキノコのねっこの先端は神なのだろうか。

また会えますか?と聞くと、ええもちろん と言ってくれた。
そして時間になったので、瞑想を終了した。

チャネリングブレスレット

チャネリングブレスレットを主として、アクセサリーを作成させていただいている。

先日つくらせていただいた方のは、作成期間がなんと2ヶ月だった。
現在変化の時期でいらっしゃったようで、3度チャネリングさせてもらったのだが、石がそのたびに違っていた。

作り上げてから、なにかに似てる・・・と思ったら、以前自分用に買ったブレスレットと色合いそっくりだった。
私のものは、ヒーラー用のブレスレットとして売られていて、アイオライト、ムーンストーン,ヘマタイト,ヒーラーズゴールド、ラブラドライト、オニキスかスピネルだとおもうが黒い石などが入っている。
色合いはモノトーンに近い。

家事や仕事中気になるので、あまりブレスレットはつけないが、つけているとやっぱり気持ちがいい。
何連も腕につけてらっしゃる方の気持ちがわかる。
今休んでいるが、またマスターや天使にきいてアクセサリーを作りたいなあ。

商品少なめですが、よかったら見てください。天然石もあります。全てチャネリングメッセージ付きです。

http://shop.prismatica.net/  
プリズマティックストーン

マリア「包容力と成長」ワークはじめます

マリアにOKをもらったので、このワークを公開させていただくことにしました。

この世に性が2つあり、成長をさせる、慈しみ育むというのは、女性性の管轄するところであるとおもいます(もちろん男性にも女性性がそなわっています)

こうゆう言葉をよく耳にします。
自分のエネルギーをけずってこの子(または後輩など)育てている。
私はどうなってもよいから、これだけは守りたい。
自分はしんどくても、あの人がわらっていればそれでいい。

「自分はどうなってもいい」という状況に貴方自身がおとしこめていないでしょうか。
上はあなたを誰かの犠牲にするために、生をあたえてくれたのでしょうか。

みんな幸せになるために現世を生きているはずです。

他を包み込み、そうすることで自分自身成長していくというところに、マリアが伝えてくれた幸せの意図があると感じています。


なんだか熱く語ってしまいました。
えらそうになってるよ文体が、、、。すみません。

このワークに興味を持っていただけた場合、PRISMATICA(私のセッションサイト)までよろしくお願いします。

最近は天部

最近、入れ替わり立ち代わり今まで見たこともない高次が来ると先の記事にも書いたが、それはまだ続いている・・・。
昨日は帝釈天と梵天いうのがきた。
今まで東洋系の神には縁がなかったので、なんだかよくわからないまま話しをしてもらっている。
西洋系の高次とは雰囲気がちがっている。(エネルギーは似ているのがあるけど)

高次元の世界も地域主権型に変化してきたのだろうか。。。。
という冗談はさておき、今日は増長天、持国天だとおもう。
私は彼等のことを知らなかったけど、顔の感じは女子柔道で渦中の人、園田監督に似ていた。。。

髪をうえの方で束ねてかなりがっしりしたエネルギーの存在である。
怒ってはいないが、きりっとした顔立ちをしていて厳しそうである。

持国天がついてこいといったので、彼についていった。
なぜかその先にガブリエルがみえる。気のせいかもしれない。(きっと気のせいだ)

そうしているうちに、その場についた。そこは天使が出入りしている穴のようなものがある。
彼等はひっきりなしに出たり入ったりしている。

持国天はいった
「ここは神聖な場所です」
そうだろうねとうなずいて、穴からでたりはいったりしている天使たちを見ていた。どこかの誰かを助けにいくのだろう・・・。
「本来神聖なものはどうなろうとも神聖であるといえます」
「・・・」
「神聖なものは自浄作用があります」
「では浄化はなんのためにあるんでしょう」

持国天は別の場所につれていってくれた。

まぶしい光がいろんなところにみえた。
ブッダにあいたいと思っていると、左の方で彼のエネルギーをかんじ、彼が現れた。

「女は何を目指せばいいのでしょうか」

「土地にまく種は種類をさだめます。土地は種を育てます。種は育て方で性質も育ち具合も変わります」

種は男、土地は女と比喩しているのだろう。

「育てることを目指せというのですか。受け入れて育てるということは重要かもしれませんが、目標になり得にくい。私も種を撒きたい。私という種を決めたい、どちらがそれをできてもいいはずなのに、それはなぜ定まっているのでしょうか。」

「生まれ変わって行く魂が乗る入れ物をが必要なため体は用意されます。そのため性別もあるのです。その性別上の役割を行なえるようにするため、肉体ができることを決めています。種をまく性、それを肉体にする性です。どちらが上、下ということはありません。みな同じです。」

「目標が定めにくい。どうあるべき、どうしたら幸せか というのが男性に比べてとてもわかりにくいのです。」

「種をまく性が、目標を定めやすいということではありません。目標はあなたがきめます。」

私はマリアの伝えた包容力と成長のワークの意味を思い出した。
自分自身が育て上げた魂の意識が大きくなって枝を張って葉を茂らせる。
他を育てて慈しんで守るとか受け入れるばかり、主眼をおいてしまいがちなのだけれど、そうすることで、自分はもっとおおきな枝をのばすことを目的にするだろう。

扱いが難しいものを如何に包み込んで手を引き外に連れ出すかと思案することで、経験を得るということがある。
包容力を極めることで自分自身が大きく成長できるということを、つよく意識できていなかった。

てか、ブッダがこんなに話してくれるのがすごいうれしい。
案外饒舌なんだブッダ・・・とかおもってよろこんでいると、しらない間にマリアがそばにいた。
にっこり微笑んでくれた。



記事をかかない間に、教えてもらった重要なことがあるので、上とは脈絡がないのだが、備忘しておきたい。

・自分のなかには根源の光から分かれた分神(魂)がいる。迷えばそれにすがるのがいい。

・肉体があるのはなぜか、神がつくったので必ず意味がある。魂が目指すところに進むことはもちろんなのだけれど、生きている肉体を幸せにするために、今の自分は存在する。


今日の瞑想

先日から、今まで会ったことがなかったマスターや女神が入れ替わりやってきて、あんまりこうゆうことがないので、しんどくなってしまっている。

マグダラのマリアもその一人で、彼女と少し話し、疑問におもったので、色々調べてみた。
今言われている彼女のイメージについて私もそうだとおもいこんでいたところだが、
自堕落な生活をした娼婦だったが改心してイエスにつきしたがった。また最近ではイエスの妻だとか子をなしていたとかいう話しもあるが、そんなイメージをもって、話しをするとメッセージがよくわからなかったのである。

話すとどうやら娼婦などではない。
イエスに師事する前は裕福な暮らしをしていたが、イエスに出会い7つの悪霊をおいはらってもらった女性。
実はどの弟子よりも熱心にイエスを愛した(イエスもそれを知っていた)もっとも忠実な弟子が彼女だったという感覚が本来のところのようである。

他の弟子たちはイエスの最期のときには逃げてしまっているが、彼女だけは最期まで彼を見守り、そして奇跡の復活の第一目撃者である。
これを他の優秀な男の弟子に見せたのではなく、人として霊性を成長させてきたマグラダマリアに見せたというのが大きな意味があったのだろうと思う。

瞑想では、マグダラマリアのメッセージが周波数のあわないラジオの雑音のようにかきけされた小さい声のように、みえないものになった。
実際なにをいっているのかわからなかったので、あきらめているとアフロディテがやってきて、簡潔に言葉をくれた。

今日はまたガブリエルがやってきた。
このガブリエルだけではなく、4大天使はみな忙しそうである。
黙っていたらまた耳にきびしい謎かけみたいなことをいわれそうだったので、みんな忙しそうなのはなぜ?とあわてて聞いてみた。

またあたらしく大きな動きが低次元の方であるようで、私たちは押し上げられる形で自然に上にあがる。
そのいろんな次元の調整で動いています。と教えてくれた。
色んな次元でひずみが起きるからその調整であちこちいそがしく飛び回っているイメージがでてきた。

彼女がよくいう「上に上に」というのは、私にとくにかけられた言葉でなく、みんなに言われている言葉なんだなと理解する。

今日も第一チャクラと体全体を覆ってくれる光のシャワーのようなかんじのヒーリングエネルギーを誰かがおくってくれて、気持ちがよかった。

第一チャクラ付近にヒーリングエネルギーがくるのは自分には珍しいのだけれど、それは私が一昨日、腸のポリープ切除の手術をうけたからかもしれないなと思った。どこのだれかしらないけれど、感謝。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。