FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダ

ガブリエルがここのところの瞑想で毎日目の前にどーんと現れる。

彼女が言っていることをまじめに聞いていたらメッセージがみえてきた。
なにげに仕事中ひらいたサイトで、ガブリエルやサナンダが言っていることの説明が、ぴしゃりと出て来たりで、困っていた。

なにをそんなに困っているかというと、生理的欲求は霊的欲求を必ずしも上回らないといけないの?という疑問をクリアできないということである。
例えば睡眠不足でとても眠たいとする。その日重大なイベントがあったり人と待ち合わせしているのに、体は睡眠を優先したいとし、この場合は霊的な欲求というほどではないけれど、イベントで自分にもたらされる影響への期待や参加するとしていたのに約束をすっぽかしてはならないという社会的な自分の立ち位置の意識など、体と意識の立つ場所が反対側になることがある。

上記のような場合は、意識は体の要求を押さえなければならないのだろう。
でも全てがそうなのか、体の要求は低次元で、高次元のものがそれを常に押さえていないといけないのだろうか、という疑問がガブリエルが来るようになってからずっと考えていて、週末も答えがでてこなかった。
それなら、なぜ体があるのか、霊(魂)だけでいいのに、なぜという疑問にまで発展して、収集がつかなくなってしまったところの今朝の瞑想。

今日は日参していたガブリエルがいない。
そのかわり私の守護神のような存在がすごく近くにいた。守護霊とかガイドのようなのではない全身真っ白の背のたかい老人である。私に前を思い出しましょうといって、大昔の私の過去生にまでもどる。
少女がでてきて、夕暮れで川縁にたおれていた。
おきあがるとまっすぐ先にいる私がみえた。そのさきもそのさきもずっとずっと私は私で、それはかわらないのだという。残念ながら私にはなにを言ってくれているのか理解できなかった。

私は真上に上昇して、霊魂の世界や天使の世界をこえて、ずっとずっと上昇した。
前の方に真っ白く清くつよく光り輝いている太陽がみえた。
グレイトセントラルサンだとおもった。ポーシャのワークを受けたときに見せてもらったのとおなじだった。
ポーシャはここで光をあびて、浄化してくれたなと思い出して、その場でそうしようとおもったとき、
私の周りに梵天みたいなインドっぽいデーヴァたちが3人でてきて私を囲み、なにか言い出した。

ここで浄化してもらえるのかなあとおもっていたら、第1第2チャクラのあたりが、清々しいエネルギーでみたされてきた。
そういえばチャクラは霊的なものと体のつながりをつくる部分でもあったよなと考えていたら、上から誰か知らない存在に体の内蔵がすべて洗い流されるような勢いで滝のようにながしこまれ、胃のあたりやハートも清々しいものをかんじて、大量に流し込まれるのを耐えるように感じていたら・・・.

私の大好きなマスターがでてきた。
ブッダだった。
私はなにもいわなくてただつつんでくれる大きな大きなブッダのエネルギーが大好きである。
今日も手のひらにのせてもらうようなあたたかく大きな彼のエネルギーをかんじたのだが、そのものゆわぬブッダが話しかけてきた。私は多分はじめて彼と話した。

私の目の前に自分の魂がみえてきて、光につつまれているが、ゆったりとした動きをしていた。

ブッダは言った。
「魂はゆれます。
魂はふるえます。
魂はすすみます。
あなたの魂は何をしていますか?」

すすめないしふるえもしない私の魂。私は本心でないことを言った。
「私の魂はすすもうとしています。」

ブッダは首を横にふって私をみて、
「あなたの魂は『否』と言っています」

もうこれで十分だった。
元々支配とか制御とか押さえるとかそうゆうのはない。
自然におなじ方向をむいているはずだった。
肉体があり、それをつつむ意識があり、そしてそれを全て理解する魂がある。


ごめんなさい
私は自分の魂にあやまらなければいけない。

瞑想からさめてうつぶせに寝たままブッダの言葉を反芻した。


スポンサーサイト

ガブリエル

昨日瞑想しているとガブリエルがやってきた。

以前4天使の誰かに「あなたはまもなく死を経験するでしょう」といわれほどなく叔父がなくなったし母は癌になるしで、死を身近にかんじ、とても気味が悪かったのだが、今回なにをいわれるのかとおもったら、
「まもなく、大きな衝撃にもなるような変化があなたに落ちるでしょう」
と不気味なことを言って来た・・・。
いい変化ならいいけど、そんな面持ちではなさそうなので、深く考えないことにしたが、今日もガブリエルがやってきた。

いつも彼女の立つ場所は決まっているのに、今日は真っ正面にどーんとやってきた。
昨日はついてきましょうといわれたが、無視をした。
今日もついてきてといってきたのだが、無視してそのままいつもの宇宙空間にただようような瞑想をしていたら、ガブリエルがまたやってきて、「ついてきましょう」という。

しかたないのでついていくことにした。
空間をぬけてうえにうえに上昇する。
最近の瞑想は雑念がはいりこみやすく、また移動中もそうなりそうになったが、ガブリエルが移動中に私の肉体を刃物のようなレールのうえを飛ばせ、私の肉体としての感覚をふっつり2つに切り裂き、中から意識体だけど取り出し、意識体だけ移動させた。つまり雑念をおこさないようなイメージを見せてくれた。

そんな気色悪いことをされながら、うえに行くと、天窓のようなまばゆい光がもれているまっしろいドアがひらいているのがみえた。そこにはいるととても綺麗な塔がみえる。しかし気がつくとすぐにとびらの外にでたり、また気がつくと中にはいったりしている。
なにをしているかわからなくなってきたので、もう時間やし帰ってもいい?とガブリエルに聞くとだめだという。

しかたなくなんでこんなことになるのか、感じてみた。
ようは余計なことを考えるとどうも、扉の外に出てしまうようだった。と気がついてもう一度落ち着いて中にはいる。

塔から神聖な光を眉間にかんじて、まぶしかった。私はその前にたたずんだ。
そのとき、私は上と約束した。
その約束は以前したものだったのだが、最近はすっかり忘れていた。そうだ私はそんな約束をした。と思い出した。
それをその場でもう一度自分にも言い聞かせるように宣言した。
色んな今まであったことのあるマスターや天使などの高次がたくさんみえて、よしやっと帰れるとおもい、意識を体にもどした。

もどってからその場につっぷして、その体勢でガブリエルにきいた。
「これをさせたかったの?」
ガブリエルはにっこり笑ってうなずいた。

母親たるもの

夕べ、子供達とトラブルがあり、親としての自信のようなものが今朝までぐらついていた。

自分自身が子供だったときに、母親に「もうすこしこうしてくれてもいいのに」「私が親になったらこんなことは絶対しない」と思ってたことがあり、人の親になったので、自分が母親にされて嫌だったことはしない決めていたのに、結果として子供に同じようなことをしていたことに夕べ気がついた。

下の子が涙をぼろぼろながして私のところに二階から走りおりてきて、おねえちゃんがこんなことしている と言って来た。
その行為はとても親を心配させるような行為で、そんなことをしている子供の気持ちを考え、また自分が少女だったころ親に思いをかけられたくて同じようなことをしていたのを思い出した。
それで自分の気を落とさないために、「そんなことしても私はなにも感じない」と子供に言った。

彼女にしてみたら、私がこう言うのはイコール、自分はなにも思いをかけられていないという判断になるようだ。私が如何に毎日「あなたたちがいるから私は生きている。」「大好きだ」「生きている理由はあなたたちにあるんだよ」「もう世界一好き」だとか感じたままの真実をいくら言っていても、愛されていないと思ってしまっているようだった。

子供が自分自身にひどいことをしていても「まるで気にならない、どうも思わない」というのはとても冷たい言葉である。
もちろん先ほども言ったように気にならないのではなく、たいへん気にするあまり、そのショックやネガティブな感情から自分を守る為に自衛のために言っている言葉だったのだが、子供を傷つけてしまっていたことに、親としてあまりに未熟であったと省みた。

今朝瞑想すると、ハートにとても気持ちのいいヒーリングエネルギーをかんじた。
ずっと前に別件だが悩み事があったときに、感じた氷水のような縷々と流れ込んでくる清々しいヒーリングエネルギーで、傷ついたりもやもやだったりする部分に流れ込み治してくれるようなエネルギーである。

マリアが現れた。
こんなことがあって、母としてダメだった、したくないことをしていたという話しをした。
ダメと感じた部分をよくすればいいとマリアは言った。
そのまま今日はハートにきもちのいいエネルギーをながしてもらった。


金星へ行く

今日は瞑想しようとすると、真っ白い髪が銀色のすごく背の高い女性があらわれて「右を注意しましょう」といって去って行った。

その後上昇すると、アフロディテが現れた。
顔が一瞬はっきり見えた。目と鼻と口がとても端正で綺麗な作りだった。
金星に連れて行ってくれた。

金星というと、明けの明星で夕方の一番星、もしくは天文ガイド等でみるのは、気圧と気温がすごく高い生き物がいない世界という印象であるが、私が連れて行ってもらった金星は全然ちがっていた。

4次元の世界での金星とは違い、アフロディテの次元の金星は美しく、地表が一面芝のようなものでおおわれてたり、ガラスのお城のような建物が多くならび、また人びとも軽装で居心地よく過ごしているそんな場だった。
瞬きする瞬間に見えているものが変わる。さっきまでは自分は上空にいたのに、今は芝のうえ、また今はバラのような美しい植物が咲き誇る場・・・といった具合に。

アフロディテに聞いてみる。美しい場所ですね。と。
「外からの美しさではなく、内面の美しさに興味を持ちましょう。」

愛について以前、恋愛は自己愛だと自分で納得していたのだが、アフロディテにいわせると
「地球にかける愛、友人にかける愛、それと特別な人にかける愛のなにも違いはありません」
らしい・・・。

大切に思う気持ち、思いやる気持ちに差はないはずで、恋愛時に生ずる嫉妬だとか独占欲や様々なネガティブの感情自体が副産物であり彼女のいう「まっすぐな愛」とは切り離すもの という意味なのだろう。

そんな話しをしたり金星の人を眺めたりしてるとき、うえからとろとろとした彼女のエネルギーをかんじた。
流し入れてくれるアフロディテのエネルギーは蜂蜜のようにとろみがあって、すっと体の内蔵に広がって行く感じでヒーリング効果がある。

終ってからその場に仰向けで倒れていると、ミカエルとラファエルがやってきた。
不要なものを切り取ってください。
そんなことをいっていた。

年末から不要なものを切り捨てろという言葉をよくきく。
不要なものでも必要なものでも今の時期はすぐ実現してしまうからかもしれない。
不要なものなどないようにおもうが、今いう「不要なもの」というのは今現在の自分が「いらない」ものということなのだろう。



Abell262銀河団

冬至以降がらっとかわったエネルギーはとてもさっぱりしていてすかっとしていて気持ちいいなと最近思う。
最近はグランディングじゃなく、久しぶりに上の方に行く。

サナンダがでてきた。
なにをしたいのか、と聞かれた。
私は霊性をあげたい。成長させたい。それがスピリチュアルの活動をやっている目的です。と、答える。

もちろん単に霊性だけあげるのではなく、この地球に住んでいるのだから、生活を無視したスピリチュアリティの向上ではない。
自分の現在の意識や肉体や心(感情)の状態がより満足のいくものになるような、霊性の向上である。

そんな風に考えてたら、サナンダはどこかにいってしまった。
代わりに綺麗な女神が出て来て、上につれていってくれた。

ぐんぐん地球から遠くなる。
途中で色んな物が見えたけどそれもすごい勢いで通り過ぎて上のほうまで意識をあげた。

前にアンドロメダやM13に行っていたときと同じくらいの高さまであがった。
中心にとても大きな巨大な光がみえた。
その光に、なに?ときいたら262と答えた。

262という大きな銀河があるのかなとおもい、よし中にいってみようとおもったら、既に大きな光につつまれていた。
ものすごい圧を感じて、緑や赤や黄色や白、様々な形を様々な色の星を見る。しかもそれは光の中に包まれている。ずいぶん明るいところだなあ、、と思った。
アンドロメダやM13にくらべて派手という印象をもつ。

誰か存在しないか、話しかけてみようとおもったら、家人が起きて来て瞑想は終わりになった。

調べてみるとAbell262というのがヒットした。
これは銀河ではなく、銀河団と呼ばれるもので、ペルセウス座・うお座超銀河団というものに所属する、地球からの距離が約2億1,000万光年のアンドロメダ座にある銀河団らしい。

銀河団は多数の銀河から構成されていて、数は1000以上にもなる。
なんだかワクワクして楽しかった。また行って誰か存在がいれば話してみたいとおもう。


そういえば先日、先生のところにいった。
何ヶ月ぶりだろう、ひさしぶりに行かせてもらった。
色々お話を聞いてもらった後に、セッションを受け、大きな紫の光がでてきて、紫のミストが私にふりかかったそうである。眉間に光ではなく圧をかんじ、意識が遠のいたとおもったら猛烈に咳をしていた。
ときどき調整が必要というメッセージがそのとき来たらしく、もう少しまめに先生のところに通わせてもらったほうがいいみたいだなとおもった。

私は先生のところではじめてレイキのアチューンメントをうけたのが2009年の七夕だった。
それから3年半ほど経つ。
きっとスピリチュアルの勉強をはじめてからの期間としては短い方だとおもう。

その頃からすればものすごく考え方がかわり、今はとてもしあわせである。
さらにはエネルギーワークを通して、他の方への微力ながらもお手伝いまでさせていただいている・・・。
その流れがその時なぜかふっとでてきて、言葉がもれた。

「私が今のような考えになれたのは先生のおかげです。本当にありがとうございます。」
先生は少し照れ笑いされながら、「自分が変わろうとおもわなかったらかわりませんよ」とおっしゃった。


長い間御世話になっているくせに、お礼も言ってなかったなあ・・と帰りがけに思った。

アフロディテ「受容と愛情」ワークはじめます

年末に、どどっと降りて来た女神のエネルギーの第一弾でアフロディテのワークをメニューに加えることにしました。

このブログやアメブロで何度か紹介させていただいているので、詳細はこの記事では記載しないのですが、端的にいうと愛のワークになります。(端的すぎる・・)

他の女神はそれほどでもないのですが、アフロディテは早く早くとかなりせっついていて、ともかく彼女のワークだけ、先のご紹介させていただくことにします。

愛についてのこのワークに、興味をもたれた方は、詳細をPRISMATICAで、どうぞご覧下さい。

彼女のかけてくれる愛のシールドはとてもあたたかく気持ちがいいです!(^_^)

アフロディテ受容と愛情のワークご感想

ひさしぶりの記事である。
更新しない間に、女神のワークについて、モニターさんよりご感想いただいたので、掲載したいとおもう。


■アフロディテの受容と愛情のワーク

このワークは、愛についてのワークです。
人は時折、愛する物や愛する人、愛する国等、様々な「愛するもの」に愛以外の感情を入れてそのもの自体をねじまげたり、小さくしたりしてしまうことがあります。
愛が消え、その愛以外のものに変化したことも気がつかなかったりする場合すらあります。

愛を受け取る場合も、同じで、純粋に愛を感じればいいものを、信じきれなかったり、不安を抱いたりしてしまい、愛の交流にゆがみやひずみができて、エゴが台頭し、苦しみや哀しみを発生させてしまうことがあります。

アフロディテは、愛そのものを受け入れる、愛そのものを送り出す人を増やしましょうといいました。
彼女の言葉で、こうゆうことをする人を「女神」というそうです。
(男の人で『女神』もいるということになります)

このワークを受ければ、女神になります。
エネルギーを送られた後に女神の集会に参加し、愛についてに女神として願うということをしていくことになります。



ところで、昨年末、このワークを対面でさせてもらった人がいる。
そのとき彼女は来年度の目的はパートナーを見つけることにしようと思ってますといっていた。
このワークについている女神の集会で他の女神にも祈ってもらえば実現するよ〜。などといっていたのだが、新年早々出会いがあったそうで、話しがとんとん拍子にすすみ、かなりいい状態になっているという話しを受けた・・・。
もちろん本人が願うことが一番重要なんだけど、女神パワーすごいな、、と舌を巻いた次第。
そのうち出会いがない実妹にもワークをしたいとぼんやり思ったが、本人が願わないとだめか、、という話しはおいておいて。

以下はいただいたご感想である。


セッションありがとうございました。

最初に自分がふわりと浮き何かの上に載ってくるくる回っているような感じがしました。
それがおさまると手のひらと足の裏が暖かくなり、大きくなっていきました。
その暖かさが体全体に広がっていき、全体が包まれるように感じました。

下からエネルギーが入ってくる感じがしました。
最初は気持ちが良かったのですが、下腹と胃のあたりはちょっと圧迫されるような感じがしました。
胸のあたりに来るとぽんと丸い球がでてきました。
そのあとしばらく気持ちのよさにひたっていました。

しばらくして、突然、頭に「世界平和」とうかびました。本当に唐突でした。
それで送って頂いたレジュメに「祈り」って書いてあったことを思い出しました。
それにしても世界平和か〜と思い、
「世界中の人たちが愛と光にあふれた素晴らしい新年を迎えられるように」と祈ってみました。

しばらくすると体全体を包んでいたものがすっととれ、「終わったのかな」と思いました。
そのあと、気付くと1時半でした。

映像とか、香りとか、音とかは感じませんでしたが、肉体的にとても気持ちが良くて、体全体が緩んだ感じがします。
ありがとうございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。