FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

それを受けての今朝の瞑想

せっかくなので、前述の記事の反省をして、瞑想した。
今日は休みなので気兼ねなく瞑想を1時間ほどすることができた。

サナンダとまたカバラの木のような形のものを再確認して、どうするんだろうとおもって漂っていたら、メルキゼデクがきた。
今回彼は本当によくでてくる。

私は自分から、自分の内面を見に行く。
内面は外に見える世界より本当は美しい。
そういわれて、私は暗闇とおもってた、自分の内面の部分を注意してみると、なんか色々見える様になってきた。

そして、しらない人がどんどんできくる。
後悔であったり、実際悪事をはたらいているということだったり、どうしようということだったり。
恐怖、不安にその人たちは感じていた。

自分の過去生に間違いない。
たくさんでてきて、私がその都度それに言葉をかけてゆき、最終的に魂の核なる部分にたどり着く。
核なる部分をみてどうしようと一瞬考えかけたが、これでそうしてしまってはまた同じ事に繰り返しなので、どうするべきか・・・。

それも確認することができた。
メルキゼデクは私に二十丸のよくできましたエネルギーを送ってくれた。(これは彼に要求したわけじゃないんだけど(^_^;;)

これは過去生、つまり魂が未だひっかぶってる経験してきたベールを知り、魂の核なるものに触れるワークのようだ。
なんか、頭で考えるより感じるほうが早かった。

そして、先生とか周りの守護とかの存在に感謝していた。


気がついた事

先生の所にいった。
セッションで再び気がついた事。

・ジャッジしている
地上でおきている様々な一見悪く見える事(たとえばシリアとかいじめとか)を、悪いと判断してしまっている。
「悪い事だ」と考える思いが物事を悪くしている。
愛をもって考えると、世の中は愛であふれるということ。

・証拠がいちいちほしい
神について信じているが、どうしても自分が聞いた事や見た事の確証がほしい。

これについて、先生がおっしゃったこと
「ひょっとしてもう次のワークが来てるんじゃないですか?」
「自分のなかで考えてしまうということをせずにただ考えて受入れたらいい。」
「もう時間がないので、どんどん先に進んで下さいと言ってます。」

私はそれを言ったのは誰ですか?ガイドですか?と聞いてみた。
先生は最初わからない、聞いていないとおっしゃってから、またこうおっしゃった。

「それを言ったのは誰ですか?と聞きましたね?私なら、そうおもわないもの」

誰がいったかときいて安心する。というか保証を得ているということをしているようだ。
そんなふうに頭で考えて、こうだろうかああだろうかと想像をするのではなく、ただ見た事を感じて受ければいいということだった。

「例えば、私の目の前にリンゴがあります。そのリンゴは赤くて丸いけれど、それは私が見えているリンゴがそうなのであって、そうじゃなかったとしても問題ない。
つまり、私が見た物が赤くて丸ければ私にとってのリンゴはそうだといえるので。」

なんだろう、どうしてだろう、とか考えるのではなく、ただ感じてすすめということ。
確かに人間の考えたり想像したりする範囲は超えていることだから・・・。

そうかあ。。。
う〜ん、、またダメ出し来た・・・・。

確認を得るというのは、まだ自分を信じていないのかもしれない。
ノンジャッジメントと感じた事をそのまま受入れるということを心掛けることにする・・・。
なんかわからないが、とにかくすすむ。