FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

2つめの扉

今朝もどこを目指しているのかわからない自分の中の瞑想の旅にでる。

5月11日の瞑想でみた部屋にたどり着いた。
あの時しっかり○をつけたはずなのに、消えかかった×にもどっていた。
でも自分に対して×などとはもはや思ってない。まだまだなところはあるし自分にはらをたてることもあるが、それもまとめて「自分」だということがわかっている。

・・・と×は消えていることを、自信をもって確認し、その扉をひらいてみた。
そういえば、この先にいってみたいとおもっていた。
いつも私が漂う宇宙よりもそこはキラキラしていた。

行きたいとおもっているアンドロメダもむこうのほうにきらきらとうずまいているのがみえる。
ウラノサラにいきたい。
ここからいけるということなのだろうか・・・とおもっていると、メルキゼデクがでてきた。
「自分の確認をしましょう」

ここ何日も何度も何度も同じことを言われる。
今の時期これをなんとかするのがきっとタイミング的にいいのだろう。
渋々私はもとの扉の場所にもどると、その扉は白く光り輝いていて○とか×とかも書いていない美しく輝く扉になっていた。
私はその扉からなかにはいって再びトンネルを通行する。
すると間もなくすぐ離れていないところで、とびらがあってなかにはいってみた。
そこは、以前見せてもらった甲板の上で仰向けになっている過去生だった。

なんだよまたこれか・・・と思って、めんどくさいなあとおもっていたら、きらっとしたメティスがでてきて、考えましょうということを無言で促された。

なんだろう、私は何をしたんだろう・・・・。

なにかを気にしていた。
なにを・・・?
他の人の気持ち。

私は自分の強い意思からその船にのりこんだ。
誰の了解も得ずに。
他に話すと反対されるとおもってたから、誰にも相談せず、家族にすら言わずのりこんだ。

私には、人からみたら身勝手な行動をとっていると見られることをしばしばする。
たとえば仕事でいうと、どうしても行きたい研修があるとする。
普通は上司に相談して、行ってもいいかと行かなければならない状態、必要性を説明して、行ってきますとなる。
だが、研修に行くという判断くらい自分ができる、言えば「行くな」と反対されるかもしれないから、と言わないで行ってしまう。

中間で阻止される可能性があるかもとおもい、報連相の手順をすっとばしたくてやってしまう。
自分の考えが通らないとかもしれないという「恐れ」「不安」が、人の思いに不和を引き起こす。

文句やけんかまでにはならないが、報告されなかった人としては「なんでいってくれないのだろう」気分がよくないだろう。
相談せずに物事をすすめるのは、問題がおこったら責任は全部自分でとるからいい とそんな開き直りに近い考えによるものだ。

だがこれは自然ではない。
自分一人で生きていない。私が他の人を心配するように他の人も私を心配してくれてる。
その人についてよろこぶように、私もよろこんでもらい、その人について怒り、怒られ、愛して愛される。
自分がやるからいいという考えはイコール、言葉は悪いが他の存在を軽くみているということになる。

このプロセスは飛ばしてはいけないもので、必要なもの。
そしてそんなに不安をもってはいけない。
反対された場合にも自分の考えを述べればよい。その結果自分の考えがとおらなくなるのはなにも言わずに通らないというのとは違う。

このことをよく記憶しておきたいとおもった。
身勝手な行動というところで、今回はこの「不自然」を理解したが、他にも色々不自然があるだろうし、この確認したことは応用がきくはず。