FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグダラのマリアのメッセージと

今日も虹のヒーリングの練習をする。
場を整えて準備をはじめると、手伝ってくれる高次が現れてくれるのだけれど、今日はマグダラのマリアだった。
彼女はしっとり落ち着いた印象の女性で、赤い衣をあたまからすっぽりはおっている。

彼女はメッセージをくれた。
「大きなつぼみは、みなに大きな花が咲くだろうと期待を受けますが、小さな花が咲く時があります。小さな花をさかせるのはそのものであり、そこに善悪の意識はありません。
小さな花も大きな花も、どちらも『咲く』ということをします。」
(どなたかこのメッセージを必要なかたがいらっしゃるかもなので、シェアしました)

そして一緒にはじめると、虹の色がかわるのだけれど、彼女のは紫とういかラベンダーカラーの虹にかわった。
後頭部のあたりが気持ちいいヒーリングになった。

その後、魂が生まれる場所をみたいとおもったので、上にいくとアシュタールがいた。
宇宙船にのせてもらって、その場をみる。

これは宇宙の中心の太陽ではないようだ。
でもまばゆい光を発していて、ぞろぞろとなにやらうごめいているのは生まれたばかりの魂だろう。
ここにくると、心が綺麗になり、清く正しくあたたかく美しいものを感じることができる。

それが中心じゃないとわかると、なぜかセフィロトの木を思い出す。
(セフィロトの木のウィキ) 

・・・もしかしたら、セフィラが太陽にあてはまることもあるのだろうか。
というのは、カバラのことをよく知る人からは稚拙な考えかもしれない。
知識がまだないので、これは私の勝手な思いになるが。

タロットカードかその教本をもう少しカバラについて読み進めたら買いたいとおもう。



スポンサーサイト

本がきた

アメブロのほうでうれしがって書いた本が届いた。

『神秘主義と魔術』アレイスタークロウリー
『神秘のカバラー』ダイアン・フォーチュン

そして友人にこうゆうのをかったというとみな口を揃えて難解だと何回もいわれたので心して読もうと決心した。
昨夜両方とも揃った。

とりあえず第一印象であるが、
『神秘主義〜』・・・・タバコ臭い
『神秘の〜』・・・・カビ臭い(古本独特の臭い)
だった。

すこし『神秘〜』のほうを読んで行っているのだけれど、難解な表現も多い。
例えば、この下り、

彼は「神性」を人間性のなかにおろし、「神の法」を「影の王国」の中に行き渡らせようとする。これが「右道」を通してオカルト的諸力を獲得する根本的動機なのである。
とすると秘伝家が「神秘的合一」を求めて全て放棄することなく「白い魔法」を開拓する理由がわかるだろう。


右道ってなんだろうと、おもって調べたら
密教の考え方で、

ヨーガの行法は、左道と右道に区別される。
右道は、クンダリーニ覚醒のことで、各ボディ(四つの身体)においてチャクラを活性化させて、最終的には、肉体を離脱して、純粋意識に到達しようとするものである。
左道は、カーマヨーガのことで、性愛冥想のことである。ヒンドゥー教にも、仏教にもタントラ絵画とか彫刻があって、赤裸々なセックスの表現にぎょっとさせられる。男女の性器や交合があからさまに描かれたり、刻まれたりしているからである。


右道のことをしらないと、なんやらわからないというかんじだ。
断言する書き方は結構好きなので、お昼休みにでも地道にわからない言葉をネットで調べつつ、好きなところを見つけて、ぼちぼち読んで行こうとおもう。

ボツらしい。。。

週末、アシュタールに最初に言われた方のブレスレットをつくっていた。
ジャスパーのリングのなかにアンデシンの赤い目のようなものをうめこんで、アレキサンドライトやラブラドライトで装飾して、ルビーやムーンストーンなんかも入れて、アシュタールの胸ぼたんを彷彿させるような、いいかんじに出来上がった。
何度も作り直して(いつものことだけど)、結構時間もそれなりにかけたものだった。

そして今朝、メッセージをもらいにアシュタールのところにいった。
「できたのでメッセージお願いします!」
「白と紺のは・・・?」

2度目に詳細を聞きに行った時、その赤と深緑のデザインのはどちらかというと作らなくてもいいみたいなニュアンスの言葉があったけど、材料をそろえてたので作った。
そのときに、ムーンストーンとラピスみたいな石で作ってほしいといわれ、それはまだだった。
作りかけていたけど、まだできていない。白いリング状の石はなかなかないのだ。

「白いリングの石がないのですが、もう一度イメージをみせてもらえませんか。」
といって、イメージをみせてもらった。シンプルなイメージが伝わってきた。おお、こうゆうのでいいのかとおもい、そして出来上がったブレスレットの方のメッセージをまたお願いすると。

「それはお店に出さなくてもいいです。」
などという答えが帰ってきた・・・・。
「必要な人がいないということですか。」
「あなたが今後の為に参考として持っていてください。役に立つ時があります。」

せっかく作ったのにという思いがあったので何度も上記の会話を繰り返した。おなじ質問を何度もしたけど、どうやら、このブレスレットは違うみたい。。。。。
まあしかがたない。

ちょっと気分をかえて、サナンダのピアスにとりかかろうかな。


瞑想と虹のヒーリング

アシュタールのブレスレットを作ろうとおもっているがなんかうまくいかない。
作りかけているものは彼のあたたかさと清い印象にはほどとおいかんじで、これは違うぞとおもい、今朝聞きに行った。

前にいってたのと違う色で、デザインも変わってた・・・。
これはつくらないのかときいたらそれも作ってねという。
一生懸命きいてたら、胡座の姿勢だったのに気がついたら床に頬をつけて横倒れになった形になっていた。

そんな体勢で虹のヒーリングをアシュタールにつきあってもらった。
このヒーリング、ハートに存在感があるなにかが現れて、ヒーリング終了後も意識するとその存在がふっと現れて癒してくれるかんじ。
自分がこのヒーリングですることはわかるけど、それに高次がどうかかわるかなんかまだはっきりと見えない。
見えなくていいのかな。

これを夕べ下の子を寝かせたときにやってみた。
しばらくじっとしていたが、やがてもぞもぞして、小さい胸を両手でおさえ、「す〜〜〜っとするーー!」と言ってくれた。
よしよし・・・。
次は上の子で試してみるかな。

日記

今朝詳しくサナンダに虹のヒーリングについてきいていた。
もっと広げないといけないようで、狭い範囲はマスターにまかせるようだ。
自分の勘の悪さが悲しくなる。

サナンダと話していると、最近よく顔をみせるメルキゼデクがやってきた。
頼みたいことがあるという、
途中だけどいいのかとおもったけどサナンダは笑顔で見送ってくれた。

どこかにつれていかれ穴のようなものを見せられた。
そこから無数のエネルギー体が生まれでている。
たこつぼのように小さいところだ。もう少し大きくしたいというのが彼の希望。
それは白くて小さくてなんとなく天使の形をしていて動くものだ。

それから人のチャクラを見せられた。
通風口のように風で動いたりとまったりしている。
まずハートチャクラが輝きだして、他のチャクラも輝きだして、他のちいさなけいらくも輝きだして、体全体が星がたくさんある宇宙のように輝きだした。
それをみて思い出したことがある。

ホモ・ルミナス。

これはムナイキで目指す新しい人間である。
恐れから自由でかつ超自然的に生きる人間・・・すべての創造物に対して責任を担う叡智と力のある人間のことだが、ムナイキオフィシャルサイトにホモ・ルミナスのイラストがのっている。
それは体中のけいらくが輝いている光り輝く肉体である。

それをがなに。
どうしろと・・・。

お願いできますか?ときかれ、高次に頼まれごとだなんてうれしいし、なんかの役に立ちたいと思っているので、「わかりました!」の「わ」に力を込めて答える。
でも、なにをお願いされたのか、わからなかった・・・。



チャネラーさんのミニセッションご紹介

お友達のELIYAさんが、こちらのカフェでショートチャネリングセッションをされるそうです。
フルセッションを受けられるのをためらってらっしゃる方、15分なので気軽に受けていただくことができておすすめです。

ELIYAさんのチャネリングは具体的で丁寧です。
私も15分の遠隔セッションをお願いしましたが、メッセージは明快で親切に解説くださいました。
東京での開催です。
お近くにお住まいの方、ぜひこの機会に受けられてはいかがでしょうか(^_^)
>>ELIYAさんのアメーバブログ 「お気楽に生きましょう☆☆」


~~~~~~~↓以下は転載です。~~~~~~~~~~~~~~~~




この度ご縁が有りまして2012年4月17日より、

上記画像のカフェ 『on The Corner』 様にて、

ショートチャネリングのセッション

を、させて頂く事になしました。

詳しくはELIYAのHPを御覧下さい!!


【ELIYA個人HP】
Sephirothic Love


日記

久しぶりにちゃんと瞑想をしようとおもって、落ち着いてリラックスして座るとハイヤーセルフがやってきた。挨拶するとついてきなさいと言われた。

ついていくと、そこにセントニコラウスがいた。
彼は私が瞑想を始めた頃、メルキゼデクやノアなどと一緒によく現れてくれたマスターだ。
彼は虹のヒーリングの疑問点について、私の質問に全て応じてくれた。
ほぼ大体わかったけど、まだなにかがしっくりこない。
なんだろう・・・。

久しぶりに会うセントニコラウスの背後から金色の後光みたいなのが差していて、ついでに虹のヒーリングを一緒にやってもらったのだけれど、第2第3チャクラに染み渡るようなエネルギーだった。

その後、アシュタールのところに行く。
彼は今地球のそばにいるようだ。彼にも虹のヒーリングを手伝ってもらう。
アシュタールはあたたかい包み込むようなエネルギー。
やさしいけど過保護じゃなくてそのあたたかさが実は自分のそれと反応してるのかなあというようなエネルギーのヒーリングだった。
彼から聞いていたブレスレットにそろそろ取りかかろうとおもっているので、詳細をきいてきた。
赤と深緑。そしてリングのようなものがいる。

お礼をいって、サナンダのところに移動。
サナンダに虹のヒーリングについて聞きたいとおもって行ったはずなのだけど、彼はなんか別のことを言っていた。そして関係ないことをいわれた。
今度は耳飾りを2セット作りましょうと・・・。

色は様々な緑と白い大きな石と黒もいいらしい。
大きな白い石を中心にぶらさげるデザインだ。

アシュタール、メルキゼデクのブレスレット、サナンダのピアスを作って行く予定。
なんか時間が全然とれない。



サナンダのチャネリングブレスレット

サナンダのブレスレットが出来上がったので、アップしてみる。
彼は「オン」と「イン」というブレスレットを作りましょうと言った。2種類でそれぞれ作る個数も違う。
オンが3本、インが2本。実はまだこの指定個数ができていない。
石がたりるかも不安な有様である・・・・。

前置きはこのくらいにして、まずインのブレスレット

これはアマゾナイトのさざれが主役。
そして4mmのやはりアマゾナイト、アイスクォーツ,グレームーンストーンで作った。
ぱっとみ、こちらがオン!という色合い。

メッセージ
「光がいまあなたにとってまぶしいなら、逆の道を向いてみましょう。そこは暗いのですぐ不安を感じるかもしれません。不安になったとき光の世界を思い出します。
時には両極の思いにより本来の方向を知るという経験をするときがあります。」

光に行かなくてはならないということはない。
そちらに疲れを感じたらいつでも闇の方を向いてもよいと言ってくれている。
自分の自由でなにも強制されることはない。強制しているのは自分自身である。。。。ということかな。

そしてこちらがオン

使った石はモルダバイトのさざれ,アクアマリンのタンブル、アイスクォーツ,オレンジムーンストーン。

モルダバイトの間に明るい石を挟むように言われてた。
私はこのサナンダの言葉を書き留めてないと勘違いしていたのだが、実はメモっていて、それに「明るい色をはさむ」と汚い字で追記してあった。
明るい石はピンクの石〜?そうだとしたらサナンダのセンス、サイアク・・・といいながらインカローズなんかをあわせてみたりもしたが、ゴムがきれたりして、最終的にはアクアマリンになった。
どうしてピンクの石がでてきたかというと、モルガナイトとモルダバイトとごっちゃにしてたからである。
サナンダにとってはモルダバイトが元気な石らしい。

メッセージ
「あなたのその成長は認められたもので、みな祝福しています。
その調子でどんどんのぼりつづけて問題はありません。上にはつかえるものなどないのですから。
のぼりつめる早さや感覚、幸せを感じてください。
それらは癒しのエネルギーがあるほどです。」

今、スピリチュアルの成長をぐんぐんしている人の応援隊のブレスレットのようである。
不安など感じてないその人たちがさらにスピードアップするように手伝ってくれるのだろうか。

で。
どうして2種類作りましょうといったのか、知りたかったので聞いてみた。すると
「これは同じことを言っているのです。それを知りましょう」
なのだとか。メッセージはおなじ内容らしい。

一見両極に見えるようなことでも、実はつながっているってこと?
う〜〜〜ん、、、わからないなあ。
でも同じことらしい。。。。


価格は、
サナンダ「イン」ブレスレット 4,900円
サナンダ「オン」ブレスレット 13,000円

オープンしたばかりのお店で販売予定。

虹のヒーリングセッション

エンジェルヒーリングのご依頼があり、30分間セッションをさせていただいた。
エンジェルヒーリングは天使界のとびらを開き、その方のソールグループの天使、ヒーリングの天使に来てもらってするヒーリングである。
ヒーラーは天使達に混じってヒーリングに参加する。

第3、第4チャクラが弱られているようなので、肩のところに多数たかる天使達に混じってヒーリングをさせていただいていた。
この方には茶髪のハンサムな大きな守護天使がいて、その天使に次はどこに手を当てたら聞いていた。
「次はどこ?」
「アレをやってください」

アレって・・・ まさかアレ??
まだ人にどうやってしたらいいかわからない虹のヒーリングに違いない。
どうせわからない出来ないといってもかえってくる答えはわかっている。
「だいじょうぶ、できます(^_^)」

ええいままよと申し訳なかったけどやらせていただいた。オーラ体にざぐざぐくる感覚があって、虹のヒーリングにかわった。
エンジェルヒーリングを希望されていたのにいいのかなあとふと思ったが、天使が指示しているのがそれなのでいいかとおもって続けさせてもらった。

受けられたTさんのご感想。

前半と後半がちがってました。
最初左の頬のあたりに誰かきた感覚があって、クラウンチャクラに手をあててもらってる感覚があってから、ふっとエネルギーが変わって、上にいってもいいんだよというつつまれた雰囲気にかわりました。
そして自分がなにを考えていたか、どうしたいのか、なにをしてきたのか、見つめることができました、その後静かな静寂のなかに包まれました。そして自分自身が落ち着いた空間ですわっているのがわかりました。
前半よりも後半のエネルギーのほうが好きです。自分自身を見つめることができた感覚になりました。



ごめんなさい、後半、守護天使の指示で、まだ確立されていない虹のヒーリングをしてしまいました。と白状しながらも感想をいただけたのでうれしかった。
Tさんはいい方で虹のヒーリングに、途中勝手に切り替えられたにもかかわらずよろこんでくださった。

今回のやり方でいいのか、少しまだ自分なりの疑問点が残るので、ラファエルのいうとおり究極のヒーラーであるサナンダに早く確認したいとおもう。

4天使とヒーリング

今日も虹のヒーリングの練習をしてみた。
ラファエルに頼むと他の人も呼んだらというので、ミカエル、ガブリエル,ウリエルにも来てもらった。
すごくすごく気持ちいい!

胃の具合が悪かったけど、それもなくなって、目も痛かったけど痛みはかなりやわらいだ。
他の人にも体験してもらいたいなあと思ったのだけれど、人にするのにはどうやったらいいのか、聞いてもやっぱり教えてくれない。簡単ですよといってにっこりするラファエル。。。。
色んな存在にお願いしてやっているうちにヒントが降りてくるのかもしれない。

サナンダがおりてきて、その奥にヨゼフという存在が見えた。
ヨゼフは父なのだとか。
黒い短い髪で目がおおきくて口ひげがあった。背はあまり高くなくて、少し暗くてほのかな明かりが見えるあたたかい場所に居た。
そこに行きたいとおもったが、まだ私にはいけないような気がした。

続・ラファエル

この一つ前のブログは朝のヒーリング直後にかいたのだけれど、その後通勤中の車の中で、ラファエルがなんか言ってきた。
(だれかと違って)と書いたことについてだった。


「どうして(誰かと違って)と書きましたか。」
「教えてくれなかったから」
「本来の気持ちと違うことは言わないほうがいいです。」
「愛情の裏返しということで、ああゆうふうな表現をとることが人間ではよくあります」
「その必要はありません。本当に思っていることを口に出しましょう。」


ラファエル大好きといっても反応が鈍かった・・・ような気がした。
きっと「誰かと違って」と書いた自分自身が少し後ろめたかったからやってきてくれたのだろうとおもう。

ムナイキで偉大なる原則のなかで、真実の言葉のみ口にしましょうというのがある。
実践できてないな・・・とおもった。

ラファエルとミカエル

今日も虹のヒーリングの続きをしてみた。
まずラファエルに来てもらって、つきあってもらう。
なんかまだ足りない工程があるような気がするといってもラファエルはなにもいわなかった。

彼のその歯に衣せぬ物言いがすこし前まで「また言われるんじゃないか、、、」と、少し怖かったたけど、「自分は魂の生まれでる根源の一部」と考えることに変えて、ラファエル大好きというようにしてからは、彼も少しやさしくなったように感じる。
こんなこと聞いたら、またなんかキツイことを言われるかも・・・?という不安感はなくなった。

ミカエルも練習につきあってくれた。
まだなにか足りない気がすると聞いたら、ミカエルは(ダレカと違って)親切なのでとなりをみましょうといってくれた。
誰か2人となりにいるので、聞くと虹のスピリットだという。

彼らはなにをするでもなく虹ができるのを立ち会ってくれているらしい。
ミカエルは温かいやさしいものでつつみこんでヒーリングしてくれた。体もすこしあつくなるほど。
今日はハート中心だった。

これは気持ちいいけど、誰かにするときにはどうしたらいいのかまだわからない。
毎日続けようとおもう。


虹のヒーリング

今朝瞑想していたら、虹をつかってするヒーリングがとうとうわかった。
思い出したというべきか。
すごくうれしい。

ヴァイワムスとラファエルにやってもらったが、ものすごいパワフルだった。
つながる高次によって全く違うヒーリングエネルギーである。(当たり前か)(^_^;;

ヴァイワムスはミントのようなすーすーするようなヒーリングエネルギー、ラファエルはしびれるようなぴりぴりじわ〜っときいてくるようなエネルギーだった。

ハートチャクラにまだその感覚が残っている。
しばらく自分で練習してみたいとおもう。

まもなく天然石のショップのほうもできる。
代引きの手続きやら写真を撮ることでなかなか忙しい日が続いている。

プレゼント用ネックレスとか

妹の誕生日プレゼントにネックレスを希望されたので作ってみた。



彼女は黒と白の石が必要とのことで、オニキスとクリアクォーツ、そしてラブラドライトで作ってみた。
オニキスを使うのはひさしぶり。結構いい感じの石だったんだと再確認させてもらった。

クォーツが結構たくさんカットがはいっていたので、想像以上にキラキラしているかんじ。
気に入ってもらえるかなあ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今、サナンダのレシピでブレスレットを作っている。
彼は2種類、「オン」と「イン」を作りましょうと言った。
オンのほうができたのだがなんか違和感があり、どうなんこれ?と聞いてみたら、中に入れていた石のひとつが違う(圧倒的に!)という。
「入れておいてもだめなの?どうしても?」
「それは不要です。入れていてもなんの意味もありません」
とそこまで言われたので作り直すことになった。

高次にレシピを聞くとノートに手書きでメモを残しているのだけれど、サナンダのはなぜか残ってなかったので、インの方を忘れてしまった。聞いてみると、「生き生きとした華やかな石です!」という。
「前は普通にピンクって言ってたとおもうけど・・・・」
「あなたが考える生き生きとしたピンクだということです。」
つまり生き生きとしているのなら黄色でもオレンジでもいいってことかな。
生き生きとか元気とかいうとどうしてもカーネリアンなどを想像してしまうけど、色々試してみることにする。

そのあとヴァイワムスにつながる。
イメージを見る。ナイフの形をした木で、黒い。ヴァイワムスは行きたいところにいっていいのですというので、その木のほうにいってみた。
後ろからアシュタールが歩いてきた。彼のボタンは今日は目立たない色になっていた。
そこは人が動くとスローモーションのように軌跡が残るような残像を残して動きが見える。
時間が地球と全然違うからだとアシュタールが言っていた。
ここはどこにでもあるところらしい。
私たちの思考の部分に存在する場所なのだとか。

彼等の言葉を理解するには自分がもう少し思考するくせをつけないといけない。
見ただけ聞いただけではさっぱりわからない。

チャネリングアクセサリー

2点完成したので、アップしてみる。
一つ目はザドキエルのぶどうキーホルダー



アメジスト、マリアライト,チャロアイト、レピドライトを紫部分に使用。
葉っぱはペリドットで、写真ではわかりにくいけど上にプレナイトを2つつけているのはザドキエルのこだわり。
すごい形を細かく指定された。

メッセージは次の通り
「今起こっていることは本の見開いたページに過ぎず、後のページへと続いて行きます。一枚一枚出来事はつながっています。ページのひとつひとつ丁寧に読みましょう。次のページを読むときにそれは役に立ったり素晴らしい物になったりするでしょう。」

人生を一冊の本にたとえたようだ。ひとつひとつの出来事の意味を熟考していくと今後もいいことがあるよ〜という意味だろうか。




これも大変だったブレスレットだったけど、なんとか完成したヴァイワムスのブレスレット。
彼は線で石をつないだデザインで、銀、紺、白をつかいましょうということだった。
私はコードで作る事しか考えられず色々やってみたがうまくいかなかった。
もう一度聞くと、1本ですべてつながっているようにしてみましょう。なんかこだわってませんか?と言われたので、ゴムでつくりなおして3連の形にしてみた。
普通にこれでもよかったようだ。

使っているのはレッドアイオライト,ヘマタイト、パイライト、アパタイト,アイオライト,カイヤナイト、クォーツ,サファイア、アイスクォーツとシルバー。
ヴァイワムスはギベオン入りのをもう一つ作りましょうといわれた。

メッセージ
「サクラの花が満開でそれはやがて散ります。それは残念なようにみえますが、それが美しいものであると感じることができる感覚をあなたは持っています。朝焼けは『始まり』を意味するもので美しいです。『終わり』も『はじまり』も全て愛につつまれています。」

かなりわかりにくいメッセージだけど、わかる方にはわかるのだろうか。
人生についてなのだろうか。私には解読不明である。。。。


価格は、
ヴァイワムスのブレスレット・・・4500円 
(ギベオン8mm入りは6800円)

ザドキエルのぶどうキーホルダー・・・2500円
(共に送料込みの値段、定形外になると500円ずつ価格は下がります)

上にあがりましょう

昨日のこの言葉を私は死ぬのだろうかと思っていたのだけれど、友達が彼と一度ちゃんとつながってみたらというので、今朝はそれをしてみた。

久しぶりに高次とつながるために瞑想をしてみたら、黄金の光が広がっていてメルキゼデクがいた。


「魂は神の一部をわけられ誕生する。それは愛です。」


と言った。
信じるとか信じないとか初めからなくて、もう一部なのだということ。

ついでだったのでメルキゼデクにもアクセサリーデザインを聞いてみた。
形と色を教えてくれた。これは4本作る予定。

時間の使い方の見直し

昨夜すごい雨で、たぶん近くにおちただろうと思われる落雷のものすごい音と振動が眉間に衝撃を響かせたので飛び起きてしまった。
となりで下の子が咳をしていたので、のどと胸に手当ししていたが、時間について夢うつつの中考えた。


人間、「仕事」が増えてくると、自分の「時間」が減る。

この場合の「仕事」はやること、やりたいこと、やらねばならぬことの意味で、一般の仕事や家事育児以外も体力や頭や気を使ったりして行なうこと全般と考えてみる。

時間がないと自分の内的な見直しすることが難しいように思う。
時間は色んなところで1分1秒単位でとることができるということも言えるが、それを調整つけようとすると、そちらに気を使う「仕事」となってしまう可能性があるので、せめて1時間2時間といった時間単位でとりたいもの。

内的充実させる時間は体力の回復や気の回復も手伝ってくれる。
仕事は、やりたいこと、やらなければならないことをする時間で、能動的に連動しているとすれば、その逆のものとしてバランスをとるために体力気力を回復する時間も必要なはず。

時間がありすぎて、仕事をしないのもバランスが悪いといえるだろう。
世の中そのようなバランスがとれた人はなかなかいないだろうが、肉体をもつ社会の中で生きて行く人間の目指すところとも言えるのじゃないかなとおもう。


そして、今朝家族の人がいつもより早起きしたため、ヒーリングや瞑想する時間がとれず、そのまま会社に来たのだけれど、「ツカレテルヨー」と体が言っていた(ようなきがした)
ハンドブレーキを引いてから、少し目を閉じると最近よくやってきてくれるメルキゼデクが言う。

「上にあがりましょう」

上ってどこに・・・・?
命つきてしまって天に召されるということ・・・?
しんどいときは思考回路はネガティブ系統。


ピュリフィケーションリングレベル6

今日は最後のピュリフィケーションリングなのに、なんと寝坊してしまった。
起きたら約束の5時を5分過ぎていた。飛び起きて大急ぎでスカイプをつけて、遅刻してすみません〜〜と謝ったところ、向こうで「私もうとうとしてたんですよぉ(^_^)」と安心させてくださった。やさしい方である。

今日は結構スカイプの雑音が多く色んな音が聞こえた。
それをヒーリング音楽がわりに瞑想する。
始まると小さい子供サイズの天使がたくさん降りてきた。
Kグループのセラフは子供サイズなのかとおもっていると、コネクションが確立したらおおきい天使がおりてきた。

彼から伝わったエネルギーが私の喉チャクラに入る。
レベル6のギフトは黄金の調べ。のどのまわりが金色にかがやきはじめ、つながりを確認できたので、その大きな天使と話をしてみた。

彼はいう。
「真実の言葉だけを口から出しましょう。心にないことを外に出すのではなく、本当に思っていることを外に表現してみましょう。」

このアチューンメントではマーリンとつながりを持てるということだったが、それらしき存在を残念ながら感じられなかった。この私に話しかけてくれた天使はカイトといってまた呼べば出てきてくれる。
最近自分にとって、名前を(それがどんな名前であっても)呼ぶというのは重要なことのように思えてきた。

そのものを意図しないとなにがくるかわからないという恐れも持つことになるから・・・。
カイトがマーリンなのか、私はマーリンにつながったことはないが、天使のエネルギーとは少し違うとおもう。
(マーリンはケルト神話にでてくる魔術師である。アーサー王伝説を参照されたい)

最近のどチャクラが弱っていたし、これで補強してもらえたようにおもう。
昨日も体の調子がすぐれず、熱が出る前のように体のふしぶしが痛んだ。
体調はどんなに睡眠不足でもさほどこわさなかったのに・・・。

次回のレムリアンのワークまでに回復しておきたいと思う。


アルテミスのブレスレット

妹の誕生日プレゼントを作ろうとおもっていたら、アルテミスがやってきた。
チャクラカラーのブレスレットを作りたい・・・と言ったら、イメージをくれた。
第一チャクラからで7チャクラをつなぐ線ブレスレット。




アルテミスはギリシャ神話の月の女神。
ゼウスの娘で太陽神アポロンの双子の姉である。
彼女は狩猟と純潔を守る女神で、また多産をもたらす出産の女神としても有名である。
彼女は産まれたばかりのときに産褥で苦しむ母レトの助産婦となった。

そしてサンゴは確か子宝や安産、不妊にきくパワーストーンとしても有名である。
クラウンとベースのチャクラをちゃんと心で結びつける意味なのか、ハートチャクラの色であるあざやかな緑のツァボライトも入った。この石には「変わらぬ愛」という意味がある。
そしてサンゴを取り囲むのは無条件の愛の石、インカローズである。
優しさ女性らしさ、そして月の女神だからかどうかわからないが、白いのはムーンストーンとマザーオブパールである。

アルテミスのメッセージ
「とどめのない流れはどんどん滝のように流れて行きます。どうしてあなたはそれをとめようとするのですか。
それを出してしまうことに恐れを抱いているのですか。流れは自然なのです。
恐れを感じることはありません。
全て出し切った後に、おだやかさを知ります。」

なんか一本気な勝ち気な感じの女性がはっきりした口調というか話し方というか印象でくれたメッセージ。
髪を上の方でまとめていた。

石は全部女性性の強化タイプだし、女性の味方アルテミスのデザイン。
女性方面に効力を発揮してくれそう。(女性方面ってなんだ・・・?)

価格は5100円。ウェブで販売予定。

ムナイキ続き

土曜日はムナイキを受けてきた。

続きはメディシンウーマンやメディシンマンやスターキーパー、アースキーパーにつながる儀式と最後に神の一員としてやっていく儀式である。

インカのシャーマンという言葉や、その道でやっていくというコミットをしなくてはいけないため、どうしてもなかなか興味をもたれる方が少ないというムナイキ。
その5原理はこれからのアセンションしていく地球に住む人にはとても有用なものだというのがわかった。

5原理とは、
非暴力、誠実さ、一貫性、中庸さ、寛大さである。

非暴力とは力による暴力もさることながら言葉の暴力をふるわないということ。それは他人にはということはわかってる人は多いと思うが、自分にもということが実践できているかというと、そうでない人もいる。
つまり人のためとか社会のためといって自分を無視したりして暴力をふるっているということ。

誠実性というのは自分自身の心の声に従うということ。表に表現するときは自分のおもっていることでおもってもないことを表現しないということ。

一貫性は一瞬たりとも後ろめたい行為はしない。言行一致ということで、そのまま心におもっていることを行動にうつすということ。

中庸さはうちなる生命の力を賢明に使うということで、これは意図をしりながら違うところに力をそそいでませんか?ということ。つまりこれがしたいとおもっているのにしたくないことやそうでないことに自分のエネルギーを余計につかってないかということなのである。使い切ってしまったら本当にやるべきことに力をそそげない。

寛大さは受け取る以上に与える。この世に何一つとして、あなただけの物はないのだから。
全てのものは自分のものではなく、神の物であり取り込んだり自分のもとに置いておく執着をもたないということだ。

レイキの五戒のときとはずいぶん違っているが、このムナイキの偉大な原理はインカの時代からシャーマンが実践していたと考えると本当にすごいとおもう。
まさに現代の人たちが必要な考え方だとおもう。


受けてからぐったりしてしまった。
家にかえる運転もできるかとおもうほど疲れてしまい、昨日の日曜もずっと寝ていた。
頭痛やら腹痛やら目がいたかったり、吐き気とかもして大変だった。

京都にいったらいつも調子を悪くしているなといわれたが、おかしくて笑ってしまった。

白玉ブレスレット

前の記事で書いていたハートチャクラ強化ブレスレットを、白玉という名前のスピリットに聞いて作ったので、アップしてみる。



彼女は石の妖精のようだ。全体的に白い感じで飾り気がないきれいな女の人である。
真ん中のはスターローズクォーツ。シトリン,マイカ入りサンストーン、グリーンベリル、そしてアクアマリンのさざれ、あとはクラッククリスタルでぐるっと回してある。
スターローズクォーツにはシルバーの王冠キャップで装飾、そして対角にもシルバーの管ビーズを入れている。

白玉からのメッセージ
「うれしいときにはうれしい、悲しいときには悲しい。つらいときにはつらい、と表現しましょう。うれしいときに何ともない顔をしていませんか?うれしいとおもっているあなたと心の手をつないでみてください。」

人間、照れみたいなものがあり、子どものように純粋に喜びを表現したりするのは苦手という人もいる。
例えば、人からなにかプレゼントされても、「そんなことしなくていいのに」といってふくれてみたりするタイプの人がいる。照れでそうしてその人はもらってとてもうれしい!と思っているかもしれないが、プレゼントしたほうはその人の気持ちはわかっているだろうが、やっぱりうれしいときには嬉しいという表情をみせたり言葉というものがちゃんとあるのだからそちらを使う方が、自分以外の人にとってはいいとおもう。

素直に気持ちを表現できない自分が、「本当はうれしい!」と思っている自分に手を出して、つながるように一歩ふみだしてみませんか?
ってことだろうか。。。。

サンストーン・・・第2チャクラ
シトリン・・・第3チャクラ
ローズクォーツ、グリーンベリル・・・第4チャクラ
アクアマリン・・・第5チャクラ
ハートとその周りに対応する色のブレスレット。自分用につくったのだけれど、あと2本作ってみた。

値段は3900円、ウェブで販売予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。