FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエル

今朝、瞑想を終えると猛烈におなかが痛くなってきた。

私は元々おなかが弱いほうなのだが最近調子良かった。ひさびさにくずしたのは、もしかして昨日食べ過ぎたカキフライのせいかもしれない笑

ちなみに胃の調子もすぐれず、朝になるといつも胸焼けのようなものを最近は感じるのに、朝っぱらからおしゃぶりこんぶをぼりぼりとほうばっていた。
昆布などおなかが痛い時に食べるものじゃないのにと自分でもそう思う。
でも食べたかったから・・・
カキフライも昆布も。
生理的な要求というものから手が伸び口に入れてしまうのだろう。

出勤間際までいたくて苦しんでいた。
下の子がララちゃんを呼べばいいよといってくれたので、おおそうだ、とこんなときばかりに呼ぶラファエルだけど呼んでみた。
ラファエル、くるしいよ~ なんとかして!というと、ラファエル先生はこうおっしゃった。


「おなかがいたいのにどうして昆布を食べたのですか?」


これにひるまず笑、食べたかったからだというと、
「他のことでも同じようなことをくり返していますね」


・・・。

生理的な要求(好み)に起因する「よくない」ことをして苦しむということを言っている。
よくないことは圧倒的にやめるべきだと頭ではわかっているが、悪いとわかっていてもやめられないというのは生理的な部分に起因するからじゃないか。
くるしんでもいいから体の要求を充実させたい。というのは、どうなのだろう。

このあと腹痛はおさまったがなんかしっくりこない。


スポンサーサイト

ハイヤーセルフの言葉

今朝、通勤中の車で考え事しながら運転していたら、メッセージがきた。


「悪いことへ魅力を感じている。悪いこともよしとしているなら、
いいことをするときの自分にも魅力をかんじ、よしとしましょう。
それは自分への愛がついてきます。」


高次元とつながると胸があたたかくなる。





うれしかったこと

上の子の運動不足を気にして、私と娘2人が一緒にテニスを習い始めることにした。
先日より通っているのだが、子どもにも好評で結構楽しい。テニスってこんな楽しかったんだ。(^_^)

ラケットについて、今はスクールでレンタルしているのだが、もし続けると自分で買わなければならないだろう。テニスなど学校の体育のときにしかやったことがなくて道具についてもなんもしらない私はラケットが想像してたより高くてびっくりした。

設備コストはゴルフほどかからないだろうにせよ、重さとかグリップの太さとかガットのはり具合とか色々こだわらないといけないところは多そうである。(ラケットをさわったこともない人間にはまだ関係ないレベルのはなしだろうけど)
ラケットだけではない。普通のスニーカーなどは底が厚すぎるためひっかかってねんざすることもあるのでテニスシューズは必須なのだとかどこかのサイトに書いてあるのもみた。

それで、やふおくやらネットショップやら見ててため息をついていたのだけれど、昨日母から電話があった。
親戚がテニス倶楽部を営んでいるのだが、そこにある中古ラケットを3本送ってくれたという話。テニスシューズを3人分買ってくれてそれが昨日実家についたという電話だった。今結構母にヒーリングしておりそのお礼のつもりなのかもしれない。

う、うれしい・・・。
素直にうれしかった笑
やっぱりヒーリングしてるといいことあるなあと上に感謝。母に感謝。

あとうれしかったこともう一つ
オーガニックコットンのリブタートルとレギンスを購入してそれが昨日ついたのだけれど、身につけているとすごく気持ちいい。
私は化繊のセーターでもかゆみを感じず着たりするが、子ども達は肌が弱く試しに自分で購入してみてよければ肌にふれる部分だけでも徐々に、買い替えて行こうという作戦を練っている。

なんか想像してたより気持ちいいということを今更知った。
早速子ども達にもまず下着から着せてみようと思う。

そして今朝、空を見ると大きな鳥がつばさを広げていた。



今朝もセラフィムの天使についてきてもらい、アシュタールとヴァイワムスに会った。
今日は時間がなくて、事務所に入る前会社の駐車場で瞑想した。


スピリチュアリティと仕事

何ヶ月間の間ヒーラー養成コースを受けていた。

元々天使とかと話してみたい、上と近づきたいという思いで始めたレイキだったけれど、そんな頃からしてみればずいぶん自分自身に変化があったように思う。

お金のことについて考え始めそれがまとまってきてから、次は「スピリチュアルを取り入れた仕事」ということを考え始めていた。

このセミナーを受けている最初のほうで先生のブログを拝見して、なぜスピーカーを販売されるようになったかわけを知り、実質生活に取り入れたスピリチュアリティということを実践されており非常にうらやましくもかんじたのであるが、こないだ一緒に受けていた方達のお話を聞いて非常にためになったので備忘する。

スピリチュアルな考えは、理想とかも言われるが、そんなことはない。
もっと近いところにそれはある。そして周りを見回せばそれを実践されてる方はたくさんいらっしゃるということだ。

「ヒーラーをされていきますか?」という質問に対し、このように答えられた。
「無農薬で野菜をつくっていきたいとおもっています。畑とか自然が好きなんです^^」とおっしゃられたのは先のブレスレットを依頼していただいたAさんだった。

体にいいものを自分が愛情をかけて育て、それを家族と周りの人にもおわけするという考え。
これがスピリチュアルな仕事じゃなくてなんであろうか。

またBさんはこうおっしゃった。彼女は旦那様がお店を経営者なのだが、それをお手伝いするために自分のお仕事もおやめになられる予定である。
「経営者をヒーリングするとお店もよくなります。そしてお店もヒーリングします。」

ヒーリングすると物事は最善のほうに動きを強めそれを加速させる。
お店は天使や高次のサポートをうけて間違いなく発展するだろう。
これもまたスピリチュアルな考えの実践に間違いない。

Cさんはこうおっしゃった。
「私は家族をふくめた周りの人をヒーリングしていきます。まだお金とかそうゆうのは考えていません。」
自分の幸せは家族が幸せでいることにもつながる。

スピリチュアリティと仕事は自分のテーマだったけど、そんな大仰に考えることがないのだ。
自分の家族にヒーリングをして、会社にもマスターシンボルをかけるという程度のことはやってみようかな。と思った。

ヒーラーをしていきますか。という質問に対しやっていこうとおもっているけれど、迷いがまだある。
白い美女のガイドに聞いてみると、私に不足しているものは信念らしい。
つまり、こうゆう目的で、ヒーラーをしていきたいという信念。
こうしたい!という自分が納得できる正しい考えをもっていないがそれにしがみつく必要もないとも言ってくれた。
信念はときがたてば変化する。今はなにも見えないから思うままに余分を切り捨て進むだけ。

この素晴らしいコースはもう終ってしまったのだけれど最終日にテストがあった。
テストで先生をヒーリングして自分はどのようなタイプのヒーラーか教えていただくというもの。

私などヒーラーは向いていない、もうヒーリングをやめようかとおもったことが今まで3度あるのだが、3度目はこのコースの最初の頃に先生をヒーリングしたときに言われた言葉によるものだった。

緊張して、先生をヒーリングさせてもらう。
ヒーリングの基本どおり忠実に余計なことを考えないようにして・・・。

ヒーリングの終わりかけのとき、先生の頭の後ろでめちゃくちゃでかい青紫の大天使ミカエルがばっと羽をひろげてびっくりした。終ったってことかと思っていると、先生が言葉をかけてくださった。

「地下水のような水の流れ、いちばん根底の部分で流れが浸透していくようなヒーリングです。それはあなたのヒーリングの特徴です。」

送らせてもらうヒーリングエネルギーの特徴を自覚して、テストが終了した。



チャネリングブレスレット2本

先日のセミナーでご一緒していただいた方にブレスレットのご依頼をいただけたのでアップしてみる。


スジャータさんのメモ帳

使っている石は、セレナイト、アイスクリスタル、レインボウクリスタル、インペリアルトパーズ、キャッツアイアパタイト、ピンクトルマリン。
シルバーも使った。
色の部分と白~透明の部分をわけましょう。セレナイトはいれてね。ということだったのでこうゆう形になった。
パワフルで包み込むような優しいかんじがするものに仕上がったように思う。


2本目は彼女の娘様

スジャータさんのメモ帳

クリスタル、アンバー、シトリン、トパーズ、アクアマリンで作らせてもらった。
アクアマリンとシトリンは指定の石。
今親元を離れて学校に通われているそうである。
色々なことが起こるからだろうけれど、それに戸惑い整理がむずかしい状態になられているようで、アクアマリンががっつりはいった。

メッセージは割愛させていただく。

今回写真があまりうまく撮れなかった。
やはり急ぐと自分の場合だめみたい。




日記

最近めずらしく毎日さぼらず瞑想している。
先日ヒーラー養成コースが終了したのだけれど、最後に先生がおっしゃってくださったことで「こうしたほうがよい」みたいなお言葉があったからそれを書いてみる。

ヒーラーで注意すべきこと
・たばこ、お酒はひかえる方がいい。
・ジャンクフードや添加物が多い食べ物や飲み物はひかえるほうがいい。
・毎日最低10分でも瞑想する。
・自然素材のものを身につける。
・できれば野菜中心の食事。
 →高次元とのチャネルになるなら、体はいい状態にしておくほうがいいと行った視点。

お金についても教えてくださった。
これについてはい1年以上も悩まされ続けてきたことだが、自分なりに答えが見えてきたことなのでまた表現がまとまれば書いておきたいとおもう。

食べ物や嗜好品について、もちろんそうしたほうがいいのであろうが、個人の趣向というところがあるから、なにがなんでも絶対ということはないと思うし先生もそうおっしゃっていた。(という言葉に逃げを残す笑)
このなかで「毎日最低10分でも瞑想する」というのはこの通りのおっしゃった言葉なのではないんだけど、本当はヒーリングを1時間毎日するとか30分するとかそんなのでもいいが、つまり上とつながる時間を毎日かならず確保するということを言われていた。

これは実践していこうとおもう。
なぜならこれをしないと、本当に上とつながりが細くなる・・・というより極端な話、メッセージも聞こえなくなってしまうからだ。これは自分の先生以外にもいろんな人が言っているのを聞いたことがあるし、自分も「あれ・・?(^_^;;」とおもった経験がある。


ということで、今日の単なる瞑想日記の備忘を記録する。
今日はいつもつながるサナンダとか天使ではなく、かなり上の方まで意識レベルをあげて瞑想してみた。
途中アズラエルがでてきた。「体の中心を意識してからにしましょう」
ザドキエルに一緒に飛んでもらった。

ずっとずっと上にのぼってもう考えられないほどあがったとき。アシュタールがいた。
彼はいわゆるプラチナブロンドの直毛で細身。きっちりした服をきていて、胸のあたりにウルトラマンのような光る赤いバッヂ?かぼたんのようなものをつけている、
「手につかんだものは縁のあるものです。離すのも自由ですがそこに機会があるとおもいましょう」

となりをみると、丸い顔のほうれい線とおでこのしわが深いのが特徴で短髪のやっぱりシルバーの髪で蒼い服をきたアシュタールよりも大きな存在がいた。50代くらいの男性だった。
ヴァイワムスといった。サナトクマラやマイトレーヤが思い出される。彼等がきたわけじゃなかったが、なんか思い出された。
彼はなんかためになることを色々言ってくれた。私の魂のルーツというかそうゆう類いの質問をしてみたが細かくは割愛する。

彼等に別れをつげて、その後意識をもう少しおろした。
白い服をきた笑みをたたえてるとても綺麗な女の人がでてきた。ガイドというか指導霊である。
彼女に今会ってきた存在達はほんとうかきいてみた。
そうゆう質問は答えてくれない。にっこり笑っているだけ。

私はいままで自分の内面についてをよく高次元に聞いてきましたが、地球をとりまく環境や宇宙でおこっていることについて、もっと知りたくなりました。それについて教えていただけませんか。と聞くと、だから彼等と会ったのです。と言われて今朝の瞑想終了。



本当のおうち

毎日、胃のむかつきをかんじ頭痛も若干感じる。
軽いめまいのようなものを感じるときもある。なんだかエネルギーがすごいのはわかるけどその流れまで今までとは全然違うようにおもう。おかしな方向に強烈に感じるときがあってそのときにぐらぐらくる。

土曜日の話だが、でかけていて、夕方帰ってきて居間にはいると、足の裏に絨毯からしっとりしたものを感じた。ぶどうジュースのあまいにおいがする。さわってみるとずくずくに濡れていてどうやら拭かれてもいない。進歩のない私は性懲りもなく、下の子の仕業と勝手に断定して「こらっっ!」とすぐに感情にまかせて怒った。

下の子は机にすわってクッキーを食べていたが、当然下にぼろぼろかけらがおちていた。
それにも「もう!」といって、「ごはんも食べないでそんなものばかり食べて、大きくならないよ」と言ってから、絨毯を拭き床もごしごし拭いていたのだが、下の子がその様子をみてぽつんといった。

「おうちに帰りたい・・・」

え?とおもって下の子を見るとさみしそうにしている。
気を取り直して、おうちってどこ?と聞くと

「本当のおうちに帰りたい・・・」
というのである。彼女は確か2,3才のときも「おほしさまに帰りたい」とか言ったりしてた子だった。
どう返答していいやら考えつつ(もちろん短気になってしまった頭を冷やしつつ)

「ごはん食べないと大きくならないでしょ。このまま大きくなるなければ後80年くらい、あなたは生きていくのにそんな小さいからだだったら長い間困るでしょ」
と、多分彼女にしてみたらとんちんかんな答えをした。

そして。
昨日「本当のおうち」ってどんなところか、とても気になっていたので聞いてみた。
機嫌良く答えてくれた。

そこには彼女とペットのカメさんですんでいるのだとか。
冷蔵庫と洗濯機があり、丸い形で電気がたくさんついているのだとか。
冷蔵庫も変わった形のようだ。とても居心地のいいところらしい。なんでもあるんだとか。
今日はその「おうち」の絵を描いてもらう予定。

チャネリングブレスレット2本

チャネリングの石のブレスレット2本分アップさせていただく。
TOBEさんのおともだちのを作らせていただいた。

おひとりめ。黄色と白とはっきりいわれる。
スジャータさんのメモ帳

イエロークォーツ、イエローオパール,レモンクォーツ,マザーオブパール,アンバー、ムーンストーン,ボツワナメノーを使う。
黄色に白のマザーオブパールが映えてとてもきれい。マザーオブパールはこんな綺麗な子だったんだなと再確認。
メッセージはセキという金色の竜からいただいた。
「ゆっくりしましょう。例えば食べるときにはゆっくりかむというふうにいそいでやらないでください。早くすればいいことばかりということではなく、ゆっくりすればいいこともあります。」


お二人目のおともだち分
スジャータさんのメモ帳

中間色ばかりでつくってといわれ、石選びを楽しませていただけた。
モルガナイト,オパール,スピネル,ムーンストーン、チベットレッドメノー、ファイヤーアゲート,アイオライト、バイカラートルマリン。
モルガナイトは指定の石だった。オパールが綺麗すぎ。

メッセージはヤタガラス。大きな黒い鳥だった。
「人は一人一人ぽつぽつと存在しているのではなく、海でいえば魚はみな同じ水の中で育って生きているのと同じで、人もつながっておなじところで生きています。手をつなげばぬくもりもわかります。勇気を出して自ら隣の人のてをつなぐために伸ばしてみましょう。

この方の名前や住所をTOBEさんはお伝えくださったのだが、名前のほうが違っていた。
私がメールしたときにそれがわかったのだけれど、上の配慮か私はフルネームでチャネリングせず、苗字と住所地だけでチャネリングさせていただいていた。

きっと名前が違っていても問題はなかったとおもうけれど正しいにこしたことはない。
これも上の配慮か、さすがだねとTOBEさんとお話してた。


前世の考察 10

私の前世について、長々と物語っぽく書き付けてきた。
あの後は、元々「異種」と感じていた夫とは、離れ、その後もふらふらとするが3のように一生を終える。多分40才前後くらいで終えたように思う。

今の人生とのつながりはかなりあり、自分のもっている課題にヒントを得られるような目新しいことはなにもなかったが、課題の再確認はできたようにおもう。
他の人の過去生をみさせていただくのにもかなり有効なトレーニングになったと思う。

森林の香りや水、一人でいるときの幸福に満ちた安心感などは、多分今の私の生活の中でかなり必要なことなのだろう。

ということで、前からかなり思っていたのだけれどヒプノセラピーを勉強したいという衝動に駆られ中。ヒプノの講座を受けたいとおもいながら、これ!と思える先生がいなくて、希望しつつもそのままだった。

とおもってたら、タイミングが出てきてしまった。
先日先生よりその名前をきいたドロレスキャノンさん。
ネットでしらべたり、彼女の本をみたり関連ブログを拝見しているうちに、彼女のクラスがうけたくて仕方がなくなってしまった。

臨床経験30年以上のキャリアを持たれる方で、彼女のセッションにはサブコンシャスという存在が現れ色々話をしてくれるそうだ。日本ではまだ認知度が低くて、日本でもセミナーは開催されたことがない。
幸運なことに彼女のクラスを受けた人は日本にいて、しかもかなり近所にお住まいだった。その方に4月にセッションを受けさせていただく予定。

楽しみだけど、余分なものをそぎ落として落ち着くという年初の目標は・・・・・・・。
これは、余分なものじゃないってことだな。うんそうだ。(^_^;;


中学受験

昨日仕事中に友人から携帯に電話がかかってきた。
他の電話中だったためでれなかったのだが、電話の着信音に、独特のぴーんと張りつめたものを感じて、電話を終えてからすぐに電話をした。

彼女の上のお子さんとはうちの上の子は同じ保育園、同じ小学校、同じ塾に通っていて、同じように中学受験をして去年終了していたが、彼女の下の1つ違いのお子さんは今年受験なのだった。

1月14日からはじまる関西の受験。うちの子どもも「今頃みんな受験やな・・・」と言っていた。

かけ直すと、2つ合格したうちの中学をどちらにするか迷っているらしい。
時間は朝の10時半、午前中に入学金の振込をすませなければならない。
その2つのうちののA中学は、私の妹の出身校であり、夫の妹の出身校でもあり、さらには叔母の出身校であった。
A中学はどうゆう中学か聞きたかったらしい。

友人のなんとも言えない雰囲気は去年の自分を彷彿させる。
親の考えで色々悩んでいる。

親のエゴで受験 ということもあるだろうけれど、
人間にはやっぱり自分の希望・・・から身勝手(エゴ)と言われてしまう行動をしてしまう。
自分の願いというのは広義でエゴではないのか。
子どもに将来「幸せ」になるための選択肢を増やそうとして、受験を選び、緊張の糸が切れるとくずれてしまいそうな状態になっている「親」は、やっぱり自分本位の行動をして子どもの(本当の)気持ちを考えずに動いていると断言できるのだろうか。

A中学は妹、義理の妹、叔母もみんな褒めている面倒見がとてもいい親が安心できる学校だと伝えた。
実際3人はそういっていたし、私自身も一昨年学園祭の見学も行って、いい学校だと知っていた。

去年の今頃を思い出すと、独特の感情で胸がつまる。
昨日の瞑想でたぶん初めてマリアがでてきた。


「子どもを一人の人として話しましょう、接しましょう、聞きましょう。」
それをそんなことわかってるけどと思ってしまった私。
前日のサナンダの「話をきく」というのとつながっている。
聞いてないなぁ・・・(^_^;;


それにしてもホントにお疲れさまでした。Yちゃん


日記

今日もセラフォムとかセラフィムとかセラフォルムとかいう白い長い髪のすきとおるような天使があらわれた。
彼は一緒に空間のなかにただよってくれた。

サナンダがでてきた。
「聞く」という言葉がクローズアップされる。


聞いていても 聞いていません
聞いたつもりでも 聞こえていません
聞くというのは、心をふるわせて感じることです


聞きたくない言葉はいつのまにか、何をいってるか理解できるけど聞き流してしまうテクを身につけている。
「わかってるって」
「聞いてるよ!」
「何度も同じことを言わないでもいいよ」

この台詞を吐くのはサナンダのいう「聞く」をしていないようにおもう。

日記

今日の天使とか高次とかとのお話。

セラフかセラフィムという天使がきた。
紺から青のエネルギーで少しだけ重め。セラフィムっていったらローズオーラしかしらない私なのだけれど、その彼とお話をする。すごい澄んだ印象の存在。

「シンプルにしましょう。とても簡単に考えましょう」
なにをどう簡単に考えたらいいのだろう。。。。

そしてハイヤーセルフと話す。

「心を澄まして透明にしてみましょう。そうすれば見えてきます」
余分なものをそぎ落として、自分が迷ったり悩んでることを「ノー」とする。ってことだろうか。
そうするとやりたいと思っていることも「ノー」になってこないだろうか。

そういえば前、毎日言われてた「自分を愛しなさい」というのを言われなくなった。
言われているときは意味がわからなかった。というかどうしてそうしたらいいのかわからなかったが、ちょっとずつなんとなくわかり始めたような気がする。

このところいろんなマッサージワンドを買ってみてる。
クリアクォーツ
セレナイト
ラピスラズリ
ブラッドストーン

セミナーでおそわったヒーリング方法だけど、レイキをあてながらワンドのお尻のまるい部分でぐりぐりしたりこそいだり、ポイントをかざしてみたりするのだ。とても気持ちがいい。
ブラッドストーンを見つけたときはうれしかった。見た目も深緑に赤い模様がいいかんじのワンドだった。

エネルギーは重めだが、きつくなく安心感包容力があるあたたかい感じ。石にも前向きな気持ちになれる意味もあったり、不調がある人に効きそうだ。
週末母に使ってみることにしよう。

天使の保護羽

昨日セミナーがあり、先生の所にいってきた。
先日のセミナーで教えてもらい欲しいとおもっていたが、自分が羽族かどうかわからなかったので、購入を見合わせていたのだが、やっぱり欲しくなり先生にキープしておいていただいたもの。


ものはこれ。
スジャータさんのメモ帳
中には説明書きがはいっていた。


「天使の保護羽」
羽の折れた天使たちの肩当て用こざぶです。保護羽は絹の真綿を白絹で包み造りました。羽を持つ方のみお使いください。
(羽を持たない方は体験に支障が出かねませんので使わない様にお願いします。)
保護羽は裏表で左右に使う事ができます。当てぬのは左右のどちらかになります。
当てぬのは洗濯できますが保護羽は洗濯できません。
腕が上がらない、回らないなど肩が痛いときにお使いください。



スジャータさんのメモ帳
六芒星の刺繍付き。


これは東北のチャネラーさんがチャネリングで数もちゃんと聞いてつくってくださったものだとか。
西に15、東に15枚らしい。
しかも西のほうは片方だけが一枚も含まれている。
片方だけ欲しい人とかいるのだろうか、、、と先日の話だったのだが、昨日きいてみると、私でなんと完売。片方だけのニーズもちゃんとあったらしい。

必要な羽族の人数までチャネリング。
すごいなあと思った話。

この保護羽、付けた感じはすごくいい。
背中や肩がいたくてもこれをつけるとふんわりつつまれるかんじがして、結構ぼーっとなるかんじであったかく、いい。

寝るときにつけようと思っている。
今の時期寒いしちょうどいいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。