FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

先日早朝ピグをしていたら、ひさしぶりに偶然占いでプロで活躍されている方にお会いした。
彼女に聞いてみたいことがあり、少しお話をさせてもらった。
うろ覚えなので、正確な文章ではないけど概ねこんなかんじだった。
私にとても参考になるお話だったので、備忘させていただく。

「私は何度も占いやヒーリングなどをはしごされている悩みのスパイラルに陥ってい方を何度か見ました。彼等は1度や2度のセッションではその悩みを解決することは難しいとおもうのですが、こういった人はどうゆうふうに接してらっしゃいますか。」

「何度もメールや電話で話を聞きます。
話を聞くだけでいいのです。カウンセリングは「話をきく」というのが基本です。」

「解決できないとそのうち、攻撃にかわってきませんか?メールや電話でしつこく中傷したりという意味です。」

「それでもそれに対して返事はします。
相性があわない場合はそのうち先方から離れて行きます。」

「そういった人ほどカウンセリングや癒しや占いといったものが必要だとおもうのですが、相談を受ける側が自分の経験や導きだした答えを「その人のため」「よくなってほしい」という考えで、意見を述べる場合があります。
そして相談している方はそれを受け入れられず何度もおなじことをくり返してしまうのを見て、依存している、自分の手には負えない と切り離してしまう、これは私はしたくない、プロの方はどうされてますか。」

「自分の考えを述べるということはカウンセリングではしません。
本職ではそれはありえません。
話をきいて寄り添うだけでいいのです。」


素人だとつい話を聞いて自分なりに解釈しこうしたらいいよぉと言ってしまう。先方は人の意見など聞きたいのではなく、自分がいかに苦しいか聞いてもらいたい場合が多いだろう。
なんだか目から鱗だった。お話を伺えたことに感謝する。


今日の天使との会話。
今日はサンダルフォンと話した。
いい香りがしてふわっとして大きな大きな天使サンダルフォンがふぁさっと私の右隣にやってきた。

私「台風でひどい目に会ってる人たちがいます。」
サ「強い雨と風はすべてひきつれて持って行ってくれます。」

浄化のことをいってくれたのかな。なんかわからないけど今朝の会話。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。