FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

ブレスレット数本

ブレスレットを何本かお渡しできたので、またアップしてみる。

1つめはyumiさんのブレスレット。



上につながると、緑だらけ。しかも澄んだ緑じゃないとダメとのことで、クリソプレーズが指定された。
澄んだ緑の石はとても・・・高価なものが多くて、困り果てまた聞いたら今度はジェムシリカを言われた。上品なしっとりした感じに仕上がった様に思う。

メッセージはシリウスのミゲルという存在から。
「身体をひらきましょう。つらいことを受け入れますことになりますが、楽しいことうれしいことも今よりたくさん受入れることになります」

自分をせまいところに閉じ込めて行動範囲の制限をされてしまってるご本人がみえた。


次はTOBEさんのお友達のブレスレットとストラップ


実は以前つくらせてもらったのであるが、切れちゃったので、また作らせてもらった。


切れるとその石を卒業・・・という事が多いので、違う石がくるかと思いきやほぼいっしょだった。違うのは前回オニキスだったところに紺色の石がきたところだろうか。

ヘマタイト、ジェード、アイアンタイガー、ソーダライトのブレスレットになった。


ストラップのほうは、紺色はラピスラズリを使う。

メッセージ。メシアという存在から。救世主・・・・?
「残ってるものに力をそそぎましょう。もうおわりというところにこそ力をそそぎましょう」
これも前回とあまり変わらないような気がする・・・。



次はTOBEさんの息子様のブレスレット


これは出来上がりが浮かんだブレスレット。

白に黒の模様がついた石が指定。

ハウライト、ゼブラジャスパー、トルマリンインクォーツははいらないといけないようだった。

その他に緑の石が必要とのことだったので、ブラッドストーンとなやんだが、グリーンクリソコラが入る事になった。


メッセージはトホという白い存在から。
チャネリングをはじめたころからその存在は私の後ろでまってくれてたのであるが、TOBEさんにとっても縁のある存在のようである。

「そうじゃないはずです。そんなことはないはずです。胸と腕を広げて受け入れてみましょう。」



最後はぽこちゃんのブレスレット。



彼女のは私がブレスレットを作り始めた頃につくらせていただいたのであるが、切れたので、次のものも作らせていただくことになった。
今回のは前回と全然違う。透明感があるものになった。

半分黄色、半分水色というブレスレットで、クリアクォーツを多用した薄い色でよろとのことだった。

使っている石は黄色の石がアメトリン、サンストーン、シトリン、イエローオパール、リビアングラス。
水色はアクアマリン、ブルートパーズ、ブルーカルセドニ、セレスタイトである。
あとはアゼツライトとクリアクォーツを入れての仕上がりになった。

メッセージは彼女の守護天使サリエルから
「あなたは流れの中にいます。そしてあなたを通ります。体にたまるものもありますが、今は通路となりましょう。それらは循環しています。」

アメトリン綺麗、、、、、。




日記

昨日からはじまったセミナーで毎日行う課題がでたので、それを日記につけることにする。
日記にするといいらしい。
次回までの課題は「自分の守護天使と話をする」
てけとーに運転中とか何かしながらではなく、神聖な場所をつくって1分でもいいから話をするということ。
(日記が)続くかどうかわからないけど、とりあえず始めて見る事にする。

早速今朝それをしてみた次第を備忘記録する。
私の守護天使はラミエル、リミエルかが超身近にいてくれるようである。
昨日はラミエルと話したけど、今朝は女性っぽい妖精のような天使リミエルがいてくれてた。
彼女は私の目の前に立ってにっこりした。

私「おはようございます」
リ「(にっこり)」
私「あのー・・・、今日の晩ご飯はなににしたらいいですかね」
リ「足に効くものがいいわ」
私「・・・・?」
リ「頭に効くものでもいいわね」
私「すみません、、、わかるように言ってください・・・」
リ「茄子と人参、トマトを使うといいよ」
私「わかりました。ありがとうございます」

感謝でおしまい。
かわいらしいけど、なんかちょっとおちょくられたような気がしないでもないでもない・・・。