FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

4月5日の瞑想

メッセージを受ける。

瞑想をはじめたときに肩迄髪があるヒゲのたくわえたの白い服をきて腰に縄のようなものをつけているいかついかんじの男性が現れた。
タヂカラオノミコトと言った。彼はこういった。
「誰かを納得つかせようとして、誰かのことをよくなくいうのは誰かを傷つけることになります」
言葉で言いくるめるのはよくない、それはなにも生み出さない。

上を見ると大黒様のようなひかる存在が大きなおなかで笑っていた。
「心を豊かに」
大黒様のおなかのように心を大きく、豊かな状態にしておけば、少々の不安ものみこむことができる。

するとサナンダが大きく広がって、
「レベルという言葉を使うことがエゴです」
そうだ、エゴだ・・・・。間違いなくエゴだ。人をレベルわけしている。気安くそんな言葉を使うというのは間違っている。ごめんなさい。

その後はハイヤーセルフや他色々から、
「つつまれている、信頼されているということを実感してください」
「経験は重要じゃなく、最も重要なのは真実を感じるということです」
と、受けた。

でも、
「不安、恐れを手放しましょう」
不安と恐れ、怖いと思えば怖いし、不安を感じるとそれにとらわれ自分の身を守ろうとする。
これはどうやって消せば・・・と。

私は反省して、わからないとおもった。
そこへ上からレースのように綺麗な光の帯がふってきた。
やわらかい光でつつみこまれているようで安心した。

もう少しと思ったので、4天使に囲まれて空間を飛ぶ。
前から弾丸のように私を傷つける黒い玉が無数に飛んできた。
怖い!とおもった。あたらないかどうか恐怖だった。

しかし周りには4天使がいる。彼らを信じると彼らは助けてくれる。
私は信じた。守ってくれるはずだと。
信じることで怖くなくなった。
不安、恐れというのは「信じる」ということで、消え失せるものだ。

信じるというのは信じている自分を信じるという行為。
恐怖の対象が他の人であったとしても。
「だいじょうぶ、私がいるやん」と自分という味方がいると思おう。


しばらく瞑想をさぼってたせいか色々お言葉をもらった。
お礼をいって今朝は終了。