FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

即答

昨日の夜からだるいかんじが続いている。
だるだるな体に心。
今朝また会社についてから車で瞑想していると、ハイヤーセルフがでてきたので聞いてみた。


「なんでこんなに疲れてるんでしょうか」


イサク即答
「したことを何度も思い出すからです。」



ああ・・・。
そのとおり。しんどかったことを何度も思い出していたらそりゃ疲れるよね。
さあ今日も一日がんばろう。



やっぱりブレスレット

そしてまたブレスレット記事。


スジャータさんのメモ帳
タンザナイトとアンバーのブレスレット”アシュタール”

タンザナイトの大きさの違うさざれ、ヘマタイト、アンバー、パール、パイライト、ブルーレースを使用。

メッセージは銀髪(白髪?)がきれいなアシュタールより。
「小さな小さな、身の回りや足もとのできごとは全てのできごとにつながっています。」

ちょっとしたことにも眼を向けましょう、丁寧に考えましょう、それは目的とか大きな問題の解決とかにつながっているので、という感じの意味だろうか。

これはピグともぽこちゃんのブレスレットであるが、最初彼女のハイヤーセルフにブレスレットのことを伺ったとき「深い青、黄色、黒」といわれて、めちゃくっっちゃ悩んだ。(3日間も)
最初、なんとか作ってみたものも、バラバラになったりしてうまくいかなかった。

私にとっての彼女はビビッドな色の印象であり、華やかな色にしたいという衝動に何度もかられたのだが、結局そういった石を使おうとしてもマッチせず、この仕上がりになった。
気に入ってもらえるかどうか、本当に本当に心配だった。。。。



スジャータさんのメモ帳
アベンチュリンとアメシストのブレスレット

モスアゲート、アベンチュリン、パール、アメシスト、タンザナイトを使用。
誰のでもない。
華奢な感じで金色がぷちぷち効いてる感じのブレスレット。
エネルギーもまだなにもはいっていない。




スジャータさんのメモ帳
ペリドットとエメラルドのブレスレット”ラファエル”

ペリドットと、アベンチュリン、エメラルド、マザーオブパール,クリアクォーツ、ブルーフローライトを使用。
ラファエルのエネルギーが入っている。
やさしい癒しのエネルギーだけど、ペリドットで明るい印象になっているような気がする。


観音様とアヌビス

ブレスレットに入るエネルギーについて、忘れそうなので、書いておく。


スジャータさんのメモ帳

クォーツとオニキスのブレスレット”アヌビス”
「あなたはとてもよく考えて筋が通った人です。未来、将来や目的といったものがそこにのっていないことを見落としているかもしれません。」



スジャータさんのメモ帳

ローズクォーツとピンクオパールのブレスレット”観音”
「自分の行動について、まよったり悩んだりしたときは、穢れを感じないものが正しいのでそれを信じてください」

アヌビスって誰だったか・・。
後日調べよう。

まだ続くブレスレット

なんだかブレスレットの記事ばかりだけどと、前置きで気にしてるふりをしつつ、写真を撮り続けてみる。


スジャータさんのメモ帳
ローズクォーツとピンクオパールのブレスレット

これはピグともさんの。
ハイヤーセルフはピンク、水色、ともかく淡い色。というので、ローズクォーツ、ピンクオパール、ロシアンオパール、アクアマリン、ブルーフローライト、パール、クリアクォーツで作ってみた。
なんだかメリハリがないようだけれど、気に入ってもらえるだろうか・・・。
メッセージはまだである。


スジャータさんのメモ帳
マザーオブパールのブレスレット

こうゆうのも作ってみたくて、マザーオブパールだけでつくってみた。
今ひとつだけど、腕にはめると少しマシになる。。。


スジャータさんのメモ帳
こんな感じ。
花とコインのチャームをつけてみた。
試しに作ってみたけどゴムを編むので結構時間がかかった。



スジャータさんのメモ帳
ピンクトパーズとアクアマリンのピアス

ブルートパーズが綺麗だったので、ピンクでも作ってみたくなって、作ってみた。
ピンクとパーズ、限りなく無色に近いシトリン,タンザナイト、アクアマリンを使う。
会社の先輩の依頼品である。

ピアスはフックの部分に18Kを使うので結構原価が高くなってしまう。
手持ちがなくなり、買っているお店の在庫もなくなったようなので、これは10Kのフックを使用している。
ピンクのトパーズもかわいいとすっかりトパーズファン笑





アイシス

アイシスと検索すると、どうしても某TOYO○Aの自家用車がぼろぼろとヒットするのだが、イシスと検索すると、エジプトの豊穣の女神をちゃんと表示してくれる。

これは先日の青いブレスレットに入るエネルギーをさがしていたら、アイシスと聞こえてきた。
彼女はほっそりしたシルエットで、黒い髪のきゃしゃな女性にみえた。
彼女のメッセージは以下の通り
「あなたの内面と発する言葉は隔たりがあります。言葉を必要以上にかざりたてるのはやめましょう。その両方のバランスがとれるとあなたはキラキラ輝きます。」

要は言ってることと考えてることを一致させましょうってことのようである。
これを会社の先輩に言った。
ちなみに不要かもしれないが「嫁」の説明すると、会社の先輩は女性であり、嫁号2号というのは。先輩のご子息の奥様、お嫁さんという意味である。2号というのは内縁の妻という意味ではないので・・・。

先輩はこうのたまった。
「そんなんあたしがいったら嫌みになるやんかっ」
ごもっとも。。。。というわけで使用した石の名前のメモだけ渡した。

さて、イシスについて、以前もマアトという女神を調べたことがあり、そのときに少し読んだことがある。


イシスの話。
イシスは4人きょうだいでうまれた。オシリス、セト、イシス,ネフティスである。
このうち長男オシリスの妻になったのがイシスである。
他の2人も結婚している。

オシリスがこの世をうまく神として仕事している傍ら、彼女も自分のお仕事をして夫をささえていた。
そのとき反乱がおこる。次男のセトがオシリスをだまして棺桶のなかにいれて川に流してしまうという暴挙にでた。

イシスは大変おどろき、嘆き悲しみ棺桶をさがしにいって、柱となっていた夫入りの棺桶を取り戻し、オシリスは息をふきかえす。
ところがまたセトがやってきて、オシリスを八つ裂きにしてばらまく。
イシスはまたその体のパーツを拾い集めてミイラのようにつなげて蘇らせるが、彼は死んでしまっているのでその後は黄泉の世界の王となる。

その後はイシスが身ごもったオシリスの子供をまたセトにころされたり生き返らせたり、子供(ホルス)がセトに復習したりとエジプトの神話は続くのだけれど、ここではイシスの話に焦点をしぼるので割愛する。


スジャータさんのメモ帳

彼女は献身的な妻であり、賢い母である。
彼女がラーの力を身につけるというその行動根拠も子供のためであり、一生懸命女神としての仕事をしているときも夫のためである。

先輩の嫁2号(ご子息の奥さん)は、まさにそうゆうタイプの女性であるだとか。
旦那さんの決めたことをニコニコきいていて、まよったときには大きな包容力でつつみ支えているらしい。
もちろんお姑さんである先輩ともうまくやっていて、盆暮れの付け届けや実家への報告連絡もぬかりがないらしい。(昨日も先輩のお誕生日のお食事会を開催してくれたんだとか)

包んで支えるのはすばらしいことだけど、よくある「自分への」ケアをもうちょっとしてもいいんじゃない?っていうメッセージだったのかも。そしたらあなたもハッピー周りもハッピーできらきらになるっていう意味なのだろうか。

エゴだらけの私などには来そうにないメッセージであるなあと思った次第。。。。


さらにブレスレット

ブレスレットネタばかりだけど、うれしがりなのでまた写真を撮ってみた。


スジャータさんのメモ帳
カーネリアンとアンバーのブレスレット”ガブリエル”

これは会社の先輩の嫁1号用。
上からはオレンジ、黄色模様入り(模様・・・?)黄色と黄色黄色できたので、手持ちの黄色っぽい石を使う。
カーネリアン、ペリドット、アンバー、ルチルクォーツ(これが一応模様?(^_^;;)、モスアゲート、シトリン
メッセージはガブリエルから。
「正しいと思っていることはあなただけの正義感かもしれません」



スジャータさんのメモ帳
青いブレスレット

これは会社の先輩嫁2号用
ともかく青と白そして黄色と言われたけど、黄色は見送った。
タンザナイト、ブルーフローライト、アメシスト、ムーンストーン、クォーツ,パール,ブルーレース、サファイヤ、ブルートパーズ,ロシアンオパールと豪華バージョン。
嫁2号は誕生日らしくて、手渡すのが今日なのだとか。
私などに作らせてもらってうれしい。



スジャータさんのメモ帳
青いピアス

これは上のブレスレットとセット。
ブルートパーズがこんなに綺麗だとはしらなかった・・・。
サファイヤ、ブルートパーズ,ムーンストーン、タンザナイトを使用。
嫁2号用はまだメッセージをもらう前。
また会社に着いたら車で・・・とおもってる。



スジャータさんのメモ帳
クォーツとオニキスのブレスレット

これはお友達の友達用。
オニキス、クリアクォーツ、アイアンタイガー、チベタンパイライトを使用。
メッセージはまだ。




グィネヴィア

こないだつくった先輩へのブレスレット、これにぴったりあう高次はだれだろうと探したら「グィネヴィア」という名前が聞こえてきた。黒い髪をおさげにして腰までたらしている女性だった。きゅっとしまった口元が印象的だ。

彼女のメッセージは以下の通りだった。
「どうしようもない不安にとらわれたときはそれにのみこまれないようにしましょう。心の奥底を澄んだ目でしっかりとらえましょう。」

さてこのグィネヴィアってどんな人かと調べてみたら、ケルト神話にでてくるアーサー王のお妃様である。以下は大筋である。


グィネヴィアとランスロット
彼女はアーサー王と結婚する前に彼女に思いを寄せていた円卓の騎士に誘拐されるがランスロットに救出される。このランスロットとはアーサー王の円卓の騎士の中でももっとも凄腕の騎士。凛々しく正義感にあふれやさしく強い。忠実で、しかも絶世の男前であり、非の打ち所のない人物だった。

彼等はそのときはお互いに気にをかけながら別れる。
そしてアーサー王の結婚式についたとき、2人は再会をおどろくと同時に、激しい恋におちてしまった。

スジャータさんのメモ帳
グィネヴィアとランスロット

その後2人は密会をつづけることになる。

ランスロットはそんな「非の打ち所のない」騎士なので、当然モテる。
騎士道の精神からたすけたエレインという女性に惚れられてしまうが、彼はグィネヴィア一筋なので、それを断る。だがエレインは魔術師マーリンの力をかりて、グィネヴィアそっくりの外見になり、そうとはしらないランスロットと一夜をともにするが、夜明けで魔法がとけてばれてしまう。

スジャータさんのメモ帳
テムズ川のエレイン

ランスロットは驚きエレインに別れをつげて宮廷に戻るが、エレインに2人の子供ができていたことを知る。
それはグィネヴィアにもばれて彼女はとても怒る。
そして彼に二度と顔を見せないで!と怒鳴りつけ、ランスロットは気が狂ってしまい森の中をさまよう。
その森でエレインに再会し彼女は彼を正気にもどす。その後宮廷にもどる。
別のエレインという女性がでてきて、ランスロットにぞっこんになってしまう。
そして嘆願しつづける。「私を妻にしてください」

ところがランスロットはグィネヴィアを愛しているからと断る。
エレインは失望のあまり病気になる。エレインは父親に頼み、自分を小船に乗せ、テムズ川に流してもらうように言った。

さて、ランスロットの隠さない一途な態度で宮廷では2人のことを知らない人はいなくなった。
なぜか夫のアーサー王には長い間ばれなかったのであるが、2人をこころよくおもってなかったひとが不倫の現場をおさえて、やがてそれをしることになった。

王妃は火あぶりを宣告され、すんでのところでランスロットに救出される。
アーサー王はランスロットと戦うことを決意し、円卓の騎士が2手にわかれて戦うことになる。

ランスロットは最初からアーサー王と戦うつもりがなかったので和睦を申し入れたが聞き入れられずアーサー王は命を落とすことになる。


スジャータさんのメモ帳
グィネヴィアとランスロット

その後修道院に入った王妃を探し当てる。しかしグィネビアは自分たちのせいで立派な騎士であった王が亡くなったのだから、自分の国に帰ってお妃でももらったら、とランスロットを追い返すのであった。しかしランスロットにそんなことはできない。ランスロットも陰者の庵にて6年間の祈りの日々を送り、王妃の死の知らせを受けてその亡骸を王の傍に埋葬したあと、食をたち、六週間後に静かに息を引き取った。


このグィネヴィアさん、けっこうなというか、かなりな悪女に見えるが(国レベルの)、あちらでは聖女として扱われているらしい。
メッセージをいただいた彼女には悪いがどうみてもランスロットやアーサー王が気の毒に見えてしまう。
特にランスロットは一途に最後の最後まで彼女を愛し続けアーサー王にも敬意をはらっている。(ステキすぎる!)

あのメッセージの意味を考えてみるが、グィネヴィアはこのような立場にいたから、きっといつも心はおだやかでなかっただろう。ときにはキレてランスロットを追い出したり罵倒したりと「おだやか」とか「やさしさ」とはあまり縁がなかったのでははいだろうか。

なにが正しいか。彼女は澄んだ目で心の奥底をうつしていたのだろうか。そこには湖の騎士愛しい「ランスロット」が浮かんできていたのかもしれない。



またブレスレット

会社の人に依頼されて、またブレスレットを作らせてもらった。

スジャータさんのメモ帳
ロードクロサイト(インカローズ)とローズクォーツのブレスレット
”マリア”

使っている石は、インカローズ、パール、マザーオブパール、ローズクォーツのタンブルにペリドットが少し。家族の愛とか愛情、やさしさ、明るさみたいな感じだろうか。

マリア様のブレスレット。
彼女からのメッセージは以下の通り。
「やさしさをどんなものに対しても持つようにしましょう。それがあなたにとってあなたを戒めるようなことでもです。やさしさは人と人のつながりを作ります。
これは不妊に悩む後輩用。


こっちは会社の先輩用のブレスレット
スジャータさんのメモ帳
ガーネットと琥珀のブレスレット

こっちはまだエネルギーが入っていない。
ガーネット,琥珀で花を作り、パール、ペリドット,モスアゲート、を添える。


あと調子にのって作ったもの2点
スジャータさんのメモ帳
ピンクトリマリンとロードナイトのブレスレット
"アフロディテ”

ロードナイト,アメジスト、ムーンストーン、ペリドット,ガーネット、トルマリン、パールとかを使用。ためしで作ってみたブレスレット。美と愛と笑顔のメッセージをアフロディテからもらった。



スジャータさんのメモ帳
クォーツとアイアンタイガ-、チベッタンゴールドパイライトのブレスレット。
チベタンゴールドパイライトはヒーラーズゴールドと成分が似ているらしい。
アイアンタイガーはタイガーアイにヘマタイトの成分が混じっている石である。

クォーツ、アイアンタイガー、チベタンゴールド、パイライトを使用

これもまだエネルギーがはいっていない。
これはちょっと変わった石をつかってみようとおもって作ったもの。
ごろごろっとした大きめの石を使用。
男性用をイメージしてみた。



ラファエルの羽

今朝いつものように瞑想しようとおもっていつもの場所に座った。

ハートをひらいて、意識を頭上の上の方にむける。
ハイヤーセルフになにも質問することがなかったが(むしろできなかった)、彼はわかってくれていたようだった。
「不安におもわなくていい」

いつも感じる右側にラファエルの気配があった。
ラファエルは大きなつつみこむオーラでそばにいてくれた。
・・・とおもったら、私は彼の羽のなかにいた。

大きなあたたかいぬくもりを感じた。
体で冷たいところがなくなり、つつまれているという感覚は私の中の意識の「芯」のようなものを思い出させてくれた。

不安は混乱をまねく。
不安は自分を見失う。
不安は信じる気持ちや愛する感覚を失い、それに関係するものすら失う。

ラベンダー色の火のたいまつを持って、意識の「芯」を見ると、小さく赤いボールような「意識」は安定しようとして、心地悪そうにうごめいていた。
すべて包み込んでくれるラファエルの強烈な癒しのオーラ。
私のそんな状態のそれも躊躇することなく包み込んでくれた。

いつも子供や自分の腹痛や怪我したとき(結構些細なこと)なんかにばかり「なんとかして!」とお願いしているラファエル。どんなときにもどんな場合にも彼の「癒し」パワーは強力だった。
ありがとう。




ブレスレット

最近天然石のブレスレットを作るのがマイブーム。
はまりだしたらとまらない性格なので、次々とパワーストーンのビーズを購入し、夜な夜な作っている。

できたブレスレットのひとつがこれ。
スジャータさんのメモ帳
ムーンストーンとガーネットのブレスレット”イゾルデ”

これは会社の後輩用。
彼女のハイヤーセルフに、使用する石と、このブレスレットに入れるエネルギーをもらう高次を聞く。
「赤、白、黒(くろ??)、ピンク」ときて「水色と黄色」が追加される。

赤・・・ガーネット
白・・・ムーンストーン、クリアクォーツ
ピンク・・・ローズクォーツ
と、さくさく決まったが、黒の見当がつかない。オニキスは違うしなあということでラブラドライトを選ぶ。
黄色か水色なやんだが、色のなじみからいってブルートルマリンを選ぶ。

聖人の名前は「イゾルト」
私はしらなかったのであるが、私の好きな絵の「トリスタンとイゾルデ」というその人と同じ人であることが、ドリーン氏の77の扉にのっていた「イゾルト」の解説でわかった。


「トリスタンとイゾルデ」の荒すぎるあらすじ
マーク王はコーンウォールの王で、トリスタンはその甥である。
2人は信頼しあっている。
トリスタンはマーク王の結婚相手として、アイルランドの王女イゾルデを迎えにいく。
アイルランドとコーンウォールの友好のために、イゾルデがマーク王の妃になることとなった。

ところがその帰る道中、トリスタンとイゾルデは激しく愛し合ってしまうことになる。
王の相談役は何度も二人が姦通しているのではないかと疑ったが、トリスタンとイゾルデは無実であるように見せかけ続けた。二人には不貞をやめるか続けるかの選択でなやみつづけた。

トリスタンとマーク王は信頼し尊敬し、、イゾルデはマーク王のやさしさに感謝しお互いに対する愛を保ち続けた。 ところがあるとき、マーク王はついにトリスタンとイゾルデの不貞に気づいてしまい、2人に処罰を与えようとする。
トリスタンはこれに気がついて処刑から逃れ、イゾルデを救出する。

二人は森へ隠れ、マルク王に発見されるまでの日々をそこで過ごした。 しかし最後には王に見つかってしまう。
トリスタンはイゾルデをマーク王に返し、自身は去るという条件で王と和解する。

その後、 トリスタンはブルターニュ王の娘、白き手のイゾルデ(同名異人)と結婚する。


スジャータさんのメモ帳
「トリスタンとイゾルデ 
右の後ろの方でじーっと疑い深げな顔で見ているのがマーク王。

この人がまさか聖人だとは目から鱗だったが、でてきてくれたイゾルデはこの絵のような美女というよりもかわいい系であった。顔にそばかすがいっぱいでまるっこい鼻とほっぺたで笑顔がすごいかわいらしい。金髪で長い髪だった。

スジャータさんのメモ帳
(どっちかって言うと、こんな感じ。。。。)


彼女はこんなメッセージを伝えてくれた。
「水平線のように波立たない冷静な心の持ち主です。このブレスレットはかわり映えのしない生活や気持ちをカラフルに変化させます。赤くなり青くなり、紫にときには虹色に輝くように手伝います」

ブレスレットにそのエネルギーを送って、今朝このブレスレットは後輩のものになった。
石の意味についてもうすこし勉強しよう。
無心で石を紡ぐ作業は、今の私にはまってる。(ていうか楽しい)笑




4月8日

この日は、近所の方のお通夜に行き、かえってから144000人の変容の祈りプロジェクトに参加させてもらった。
(レイキ部の伝言板に書かれていたものにより thanxELIYAさん)

全ての時間に参加できなかったが、大きな包み込まれるような純粋なエネルギーを感じることができて、私という一粒が、仲間の粒と一緒になり包むものの一つになり包まれるものの一つになったようなそんな印象だった。

原子炉で使用されたウランやプルトニウムを悪の権化みたいにいうのはどうだろうと私的には思う。
これらの恩恵に預かっていたのに、こうゆう事態に陥ってからどうのこうの言うのは筋違い。
そもそも、地震の頻発する地域、しかも海沿いに建設されたのがヒトの「おごり」というものではなかろうか。
自然をヒトのチカラで押さえつけることができる、なんとかすることができるというエゴなのではないだろうか。

ウラン等もエネルギー体。
急に嫌われ者扱いにされて怒ってるかも。。。。笑

こういったイベントが世界各地で起こっているが、参加できるものは積極的に参加しようとおもう。
お金でも気持ちでも、一人の力があわさると、おおくの力になると思うから。


さて、お通夜について体験したこと。
最近大型の専用ホール等ですまされる場合がおおい。
なにかとご自宅での告別は大変であろうからなのだろうが、8日のはご自宅でされた。

とてもお元気だったそうで、胃がんが原因で急逝されたとか。
居間から和室を広くとられ、棺を和室に、そこに向かって参列者が座る。

自治会の仕事の関係で、私は前日にお邪魔したのだが、逝かれる準備から何やら室内をいろんな者が飛んでいたりたっていたりしてるのが印象的だった。
お通夜ではその広間と化した場所をコードのようなものがぐるぐるとつつみ、上から豪勢なお迎えが大きな羽をひろげておりてきていた。その圧力のようなもので喪主様やご家族は頭がひらべったくかんじられるほど下をむけられていて、四隅に柱のような大きななにかが見守っていた。

厳粛な雰囲気だった。
いつも人が生活している空間なのに、悲しみにつつまれた雰囲気であるが厳粛でおごそかで「儀式」を感じさせるられる場所となっていた。
亡くなられた方の家で、思いいれのある場所で、お別れをするのが本当に一番なのだとおもった。
(そんなことわかってまんがなという声が聞こえそうだけど・・・)


スジャータさんのメモ帳
日曜は良く晴れていた。絶好のお花見日和。
桜がきれいだった。
大阪、天満橋から。

光の薬

今の時期に必要だと思われる「放射能へのプロテクション」
どんな人にも「光の薬」は作れるそうだ。
今の時期エネルギーに敏感な方は体をこわしている方もおおいだろうとおもう。
転載です。参考まで。

***************************************************

ニュージーランド、日本の地震と続き、今や更なるカオティックノード(混乱期)に入りました。
そのような時期に必要な放射能始め様々な毒物からの防御とヒーリングがのための「光のくすり」という方法を伝えます。
今後地球の変革と共にこのような有害物質が将来増えるとみています。


この方法はあなたのあなたの神聖なソウルにつながります。それはあなたの一部である光の領域です。

まずあなたの神聖なソウルにつながり、あなたを防御し、癒すエネルギーが伝わってくるという意図と期待を持ちます。
その意図を感謝の気持ちと共に神聖なソウルへ送ります。これは波動が共鳴してあなたの高い部分を活性化します。


意図をあなたの神聖なソウルに感謝をこめて送ってから、ハートチャクラに意識を向け、防御とヒーリングのエネルギーをハートチャクラに受け取ります。このエネルギーを光の形や、幾何学模様、エネルギーが下りてくる感じなどで受け取るかもしれません。また 感覚、考えとしてエネルギーを経験するかもしれません。

一旦ハートチャクラにエネルギーを受け取ったら、それを送る用意はできました。


ここで純粋な水が必要です。というのも水はこういった種類の情報を保つのに最適だからです。
水の入った容器を手に持って、意図を通じて、ハートチャクラのエネルギーを腕から手に、手のひらのチャクラへと流します。エネルギーはその通路を通って水に入ります。


そしてエネルギーを増幅するために同じことを3度繰り返した後、水を飲みます。その水はあなたの身体の水の成分へ浸透し、ヒーリングと防御力はやがてすべての細胞へと入っていきます。

この動作によってあなたは光を身につけます。というのは光はあなたの中心の通路からハートチャクラへ下り、水の成分へ送られるからです。水の意識はこのエネルギーを受け取り、あなたがそれを飲むと身体はそのエネルギーを受け取ります。


もし あなたが放射能を浴びたときこの方法を行うと、神聖なソウルから下りてきたエネルギーが放射性汚染からあなたを守り、ヒーリングします。もし あなたが自身を守る他の方法を知っているのなら、それも行ってください。 しかし、何もない場合でもあなたの意識という道具によって自身を守り、ヒーリングすることができます。

ニューロトキシンを浴びた時も同じようにしてください。また、バクテリアやビールスの感染が蔓延しているときも同じです。


更なるカオティックノード(混乱期)に入るとバクテリアやビールスは変異しやすくなります。この方法は変異した生命体からあなたを守り、ヒーリングしてくれます。 

あなた自身の意識の力を通して防御とヒーリングができるいうことを理解するのは重要です。あなたは自身の光の領域へ直接アクセスします。あなたは自身や愛する人たちのために光の領域につながる至上の権利を持っています。


もし あなたが上記のような困難な状況に陥った場合は「光の薬」(一日に数回あなたがチャージした)をあなたの直感に従って飲んでください。

日本で起こった地震や津波の物質レベルの結果に対応するのはとてもむずかしい。しかし、このような災害がもたらす影響を物質からメンタル、感情、スピリチュアルへと意識をシフトしてほしい。


あなたがカオティックノード(混乱期)にいることや太陽のフレア(爆発)活動に連なった深い宇宙のエネルギーがあなたのエネルギー体に影響を与えていることのために、集団としてのあなたはより影響を受けます。これは同胞たちが苦しみによってハートを閉じるのを目撃するという意味です。つまり簡単に彼らの苦境があなたのものになるのがわかります。この認識はあなたのハートを開けることができます。あなたのハートを通してより高い意識に達します。なので日本の地震はいろんな意味で集団のハートにとっての地震なのです。


これから来るべき時は容易ではありません。われわれの見たところ、増大する地球の変革があなたの上にやってきます。そのような時にはあなたは根底からゆすぶられ、集団催眠は一旦中断します。そのような突然の超現実的な廃墟の中であなたたちの多くは文明がもろい土台の上に立っていることを悟るでしょう。それは比ゆ的でもあり、実際のことでもあります。


このカオティックノード(混乱期)への我々のアドバイスは自分自身のために「光の薬」を作ることを学び、マスターすることです。
それによって時が来た時、あなたが本来持っている防御力とヒーリング力につながれます。
このような時をマインドだけでなく、あなたのハートと共にしっかり歩んでください。そしてハートをオープンにしてください。あなた自身の偉大さへとらせん状の道を上昇していくのはハートを通してなのです




Tom Kenyon トム ケニョン の考えと考察


私は現在まで20年間ハトホル意識のチャネリングをしてきました。2003年2月から彼らの惑星のメッセージを公表し始めました。今までのメッセージで今回ほどの緊急性を感じたことはありません。通常彼らのメッセージに数日間かけてコメントし、公表します。しかし 今回はその余裕はありません。彼らはこれをすぐにでも公表するよう求めました。


主要なメッセージはすべての人間はハトホルがよぶところの「光の薬」を作る能力を持っているということです。そしてこれは放射能だけでなく、ニューロトキシン、バクテリア、ビールスにも効果があります。


方法はシンプルです。神聖なるソウルという概念が初めてという人もいるかもしれませんがその場所とのつながり方を説明します。神聖なるソウルは時、空間の制限の外にあるあなた自身の意識なのです。神聖なるソウルを「ハイヤーセルフ」ともとらえられます。どんな名前でよばれようともあなたの神聖なソウルはハトホルのいう光の領域に存在します。あなたの感謝の気持ちを送る時にはいつでもあなたのこの部分が引き出されます。


神聖なるソウルは時、空間の制限を受けません。

あなたのエネルギー領域に入口があります。それはちょうど頭の上に腕を上げたところです。
両手を頭の上に上げて手のひらを合わせるとちょうど指がその入り口に届きます。あなたが最初「光の薬」を作るときにそこの場所を意識します。(「光の薬」をつくるときに両手を上に上げる必要はありません。)

神聖なソウルのあたりに意識を置き、あなたが受け取りたい光の質のことを考えてください。たとえば放射能の危険にさらされいるとか さらされる恐れあるとか。 頭の上の神聖なソウルに意識を集中したあと、神聖なソウルからエネルギーが下りてきてそれは放射能汚染からあなたを守り、癒すという意図をしっかりもちます。


そして 感謝の念をハートチャクラからあなたの頭上の神聖なソウルへ送り、神聖なソウルからのエネルギーが放射能汚染からあなたを守り、また(あるいは) 癒すという意図を保ちます。

つぎに意識を神聖なソウルからハートチャクラ(胸の中心)に移し、防御とヒーリングのエネルギーがもたらされるのを待ってください。


あなたがこういうことをするのが初めての場合、反応がかえってくるまでに意図と共に感謝の念を神聖なソウルに送ることを数回繰り返す必要があるかもしれません。 エネルギーが下りてくるまで感謝の念を送り続けてください。エネルギーが下りてきたら ハートチャクラに意識を移して、あなたのハートセンターが防御とヒーリングのエネルギーを受け取るのを許可してください。


そして 純粋な水を入れた容器を手に持つか、かざすかして、神聖なソウルからのエネルギーを水に移してください。ハートチャクラに入った防御とヒーリングのエネルギーは腕を通り、両手の掌の中心にあるチャクラを通り水に入ります。


このプロセスを3回繰り返して その後 水を飲んでください。

もし あなたが危険な状況に置かれている場合は「光の薬」を一日に数回作って直感に応じてそれを飲んでください。


「光の薬」は 放射能やニューロトキシン、バクテリア、ビールス感染以外でも たとえばガンとかにも効果があるかとハトホルにたずねたところ、効果があるということでした。

この「光の薬」は医者が出す薬の代わりにはなりません。ただ 

他の薬の効果を助ける役割はします。

「光の薬」を作ることができない子供やペットのために「光の薬」を作ることができますかときくと、
いずれもできるということでした。 


ただ 神聖なソウルに意図を送る時に自分ではなく、その対象(子供やペット)への防御とヒーリングのエネルギーを下ろすという意図を送ってくださいということです。


ここで私の意見をさしはさみます。
誰かに「光の薬」の作り方を教えることは依存を作るよりずっとよい。「光の薬」を作る能力はすべての人間が持っています。これは我々の多次元の遺産の一部です。これをすることによって彼、彼女は力を与えられます。

「ヒーラー」たちが他の人が持っていない特別の力を持っているというみせかけのもと、この方法で、他の人のための「光の薬」が作るのはよしとしません。


「光の薬」をつくるというこのシンプルな方法ををシェアーしたいと思います。ただ 理性的かつ形而上学的観察はもう少し待つ必要があります。


ハトホルはこの情報を可能な限り迅速に回すようにと言っています。

このメッセージのコピーを無料で流すことを許可します。


トム・ケニオン


***************************************************

例えば私は今、吐き気と腹痛と目の奥の痛みに苦しんでいるとするが、ハイヤーセルフに水をかざすときに、そうゆうものに効くように作ってくださいと依頼するとそれに特化したものもできるらしい。
家に帰ったら早速やってみよう。
もう吐き気と下痢が3日も続いていて苦しい。

レムリアンヒーリング体験者募集

先日、レムリアンヒーリングのワークに行ってきた。
木や水や石に囲まれた場所で、いい時間を過ごさせていただいた。
これはレムリアの通路を開くアチューンメントで、内に眠るレムリアの叡智にとパワーを呼び戻すというワークで、受けるとヒーリングができるようになる。

2億年以上も前に高度な文明をもったレムリア人、肉体はもたずスピリットだったようだ。(たぶん宇宙人?)
現代でもレムリア人の子孫と言われているひとはいて、大陸が沈んだときに彼等の一部がシャスタ山の地下都市に移動し、今も存在しているらしい。(おおざっぱすぎで間違ってたらごめんなさい)

そのときの記憶をもつクリスタルが、レムリアンシードというものである。
これは特別なクリスタルで、持てばわかるその強いエネルギー、ずっとにぎっていたくなる感覚が印象深い石なのである。レムリアンシードは砂地にぽんぽんとおかれたような形で発見されたそうだ。表面にバーコードのようなもの(レムリアンリッジ)がついていて、だいたいの場合はレコードキーパー(小さい▲の模様)がついている。

私はかつて、石自体に興味があまりなかったのに、この先生のところに出入りさせてもらうようになってから知ったレムリアンシードにとても惹かれるようになった。

内容は、このレムリアンシード(できればポイント)を使い、ヒーラーは受け手の案内人となって、レムリアの世界の扉をひらき、そこから送られるエネルギーを受け手がうけている間立ち会う。
レイキとは違って手当てせず、レムリアの世界と受け手をつなげる通路をひらくだけだ。そしてヒーリング中見守るというのがヒーラーの役目。一般的なヒーリングと同じで、肉体や心の不調を癒してくれる。
先生曰く最も原始的な「ヒーリング」らしい。(原始的って言われたかどうか忘れたけど、こうゆうニュアンスの言葉だった(^_^;;)

人によって、日によって全然送られてくるものが違うらしい。
ただひたすらヒーリングエネルギーが流れてくるという場合もあるし、天使や精霊がやってきてメッセージを伝えたりすることもあるようだ。

私も体験したのだが、独特の浮遊感で宇宙空間をただようかんじだった。
レイキほどしっかりした「流れてる」感はなかったが、ハートチャクラにぼんわりと入ってくるやさしい何とも言えないエネルギーがうれしかった。
ペアになった方はビジョンを多く見られたようで、説明を伺うのも楽しかった。
レムリアの世界に関わりが出来そうな気がして、もっとやってみたいと思っている。


遠隔も可能なので、体験されたい方があれば、ぜひメッセージでお申し込みください。
所要時間は、20分程度(無料)、4月いっぱいの募集です。


4月7日の瞑想

今日の瞑想
ハイヤーセルフ「イサク」と会話した。

私はいつもやっている正しいかどうか迷ったときに、「他の人ならどうおもうか?」と、想像しその反応をとらえ決めてきた。しかし、その方法は最善と思ってたのにそうでないということがわかった。

先日からくり返し自分に言い聞かせている「自分を信じる」というその行為。
これが全てらしい。
しかし間違った方向にいったら?
社会に受け入れられないような方向に自分がすすんでしまったら?
という不安が残るが、そういうことも全て含めて、信条にしたがって決めることができると「いい」自分を信じることが今の私にとっては最善らしい。

「他の人ならどうおもうか?」という決定の仕方を続けていると。自分以外の人も自分と同じ思いをしてほしいと知らず知らずのうちに求めてしまう。
例えば、他人の行動に基づいて、嫌がることをしないと選び、自分はしているのに、先方が私の嫌なことをすると、「先方が嫌がらないように私はこうしているのに、なぜあの人自身は私の嫌がっていることをするのだろうか」という考えになるからだ。


その後空間をただよっていると、光のようなものがでてきた。
名曲"LOVE"の1フレーズが出てきた。

Love is real. Real is love.

愛は信じること。信じることは愛。
愛はいろんな形がある。恋愛、家族愛、友人愛、無償の愛、無条件の愛、コミュニティの愛・・・。
いろんな愛の場面を色々見せてもらう。

それとどうつながるのか。。。。
家での瞑想ではわからなかったので、会社についてから、車の中で続きをしてみる。

3人のマスターがでてきた。
セラピスベイ
サナンダ
そして、エインガスという人だ。

エインガスというマスターは、すごい情の深い顔をしていて、明るい茶色のやわらかそうなウェーブのかかった肩までくらいの髪とひげをはやしている。ごっつい大きな体で包容力がありそうな人だった。
ちょっと外見はサナトクマラに似てる(サナトクマラは金髪ワンレン直毛で色黒だけど)

セラピスベイとサナンダがなにか言ってくれたのだが、それよりもこの初めてあったエインガスというマスターがいう言葉が、今朝の私にとって特筆すべき言葉だった。


愛は色々な形で見れますが、
自分を信じるということは、自分自身を愛するということです。


自分を愛するということがわからないと言っていた私だが、少し近づいたような気がして、ヒントをもらえたような気がしてうれしかった。

ありがとう。





エゴイスト

甘いと言われるかもしれないけど、性善説派。
しかし中には悪いことをする人もいる。行いに悪いことがおおいといわゆる悪人といわれ、善人はその逆だとおもう。

いい人とは、憐れみを感じ、悪いことを恥ずかしいとおもい、謙虚さ、感謝の気持ちをもち、物事の善悪が判断できる心、信念・信条をもってる人をいうらしい。(いわゆる仁・義・礼・智・信「五常の心というやつ)

ところが、世の中に悪事ははびこっている。
これは、人は元々みんないい性質を上からいただいているのだが、自分が生まれてから蓄積していった性質もあり、その後天的な性質で悪いものの度合いがきつい場合、本来のいい性質がにごってしまい、悪が勝ってしまうことにより起こる事象らしい。

物事の善し悪しの区別が曇らされてしまうと、よかれとおもってやってることも悪いことになってしまう。余計なお世話というやつだ。
自分はいいと思ってやっていることで、実はその人や事象になんの役もたっていないどころか、かえって傷つけたり悪いことを引き起こしている自己中な人をスピリチュアルエゴイストということにする。
(おかしな言葉だ)(^_^;;

自分の利益を追求していない、人のためにやってあげている・・・善人を演じているが他からの評価がほしいエゴイストのときがある。
その人が望んでいると思い、気やものやお金を使う人・・・心が寂しいから他に求めてしまう依存型エゴイストであるときがある。

善悪の区別をつけたあとに、信念がないと(自分を信じる心がないと)恐怖や不安などに惑わされるかもしれない。そして自己を重視し、他者を軽視してしまうことになるだろう。
そうなれば、自身の利己的な行動が周囲の行動へと伝染し、他者の利己的な行動を誘発し、めぐりめぐって自己の不利益ともなってしまうので悪事を引き起こしてしまう。
(リビアのカダフィさんなどその典型かもしれない)

いい自分を信じて、不安に感じた時は、いい自分という味方がいると心強く思い、常に利己的な利益になっていないことを気にしながら日々過ごしていきたいと思う。


4月5日の瞑想

メッセージを受ける。

瞑想をはじめたときに肩迄髪があるヒゲのたくわえたの白い服をきて腰に縄のようなものをつけているいかついかんじの男性が現れた。
タヂカラオノミコトと言った。彼はこういった。
「誰かを納得つかせようとして、誰かのことをよくなくいうのは誰かを傷つけることになります」
言葉で言いくるめるのはよくない、それはなにも生み出さない。

上を見ると大黒様のようなひかる存在が大きなおなかで笑っていた。
「心を豊かに」
大黒様のおなかのように心を大きく、豊かな状態にしておけば、少々の不安ものみこむことができる。

するとサナンダが大きく広がって、
「レベルという言葉を使うことがエゴです」
そうだ、エゴだ・・・・。間違いなくエゴだ。人をレベルわけしている。気安くそんな言葉を使うというのは間違っている。ごめんなさい。

その後はハイヤーセルフや他色々から、
「つつまれている、信頼されているということを実感してください」
「経験は重要じゃなく、最も重要なのは真実を感じるということです」
と、受けた。

でも、
「不安、恐れを手放しましょう」
不安と恐れ、怖いと思えば怖いし、不安を感じるとそれにとらわれ自分の身を守ろうとする。
これはどうやって消せば・・・と。

私は反省して、わからないとおもった。
そこへ上からレースのように綺麗な光の帯がふってきた。
やわらかい光でつつみこまれているようで安心した。

もう少しと思ったので、4天使に囲まれて空間を飛ぶ。
前から弾丸のように私を傷つける黒い玉が無数に飛んできた。
怖い!とおもった。あたらないかどうか恐怖だった。

しかし周りには4天使がいる。彼らを信じると彼らは助けてくれる。
私は信じた。守ってくれるはずだと。
信じることで怖くなくなった。
不安、恐れというのは「信じる」ということで、消え失せるものだ。

信じるというのは信じている自分を信じるという行為。
恐怖の対象が他の人であったとしても。
「だいじょうぶ、私がいるやん」と自分という味方がいると思おう。


しばらく瞑想をさぼってたせいか色々お言葉をもらった。
お礼をいって今朝は終了。