FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

虹を乗せる馬

今日は虹について、聞く。

「虹の意味について教えてください。」
「あなたは虹を見るとどうおもいますか?虹をみて人々はどうおもってると想像しますか?美しいと思い美しいものを見た後清々しい気持ちになるとおもいます。虹をみて嫌な物をみたとネガティブな思いをする人はいないでしょう。虹には清浄作用があります。」
「浄化ですか?」
「厳密にいうと浄化ではなく『清浄』です。例えば浄化が起こったあとの荒々しい状態をほうきではいたようにすっきりさせたり、浄化前の波打つところへの清浄な気、ぐらぐら煮立ったような熱湯にそそぐ冷えた水のようなものです。
「それは意味があるのですか?」
「ニュートラルな状態に近づけるのにとても効果的です。」
「体にも虹色のチャクラがありますが、あれは関係ありますか?」
「あれは色なので虹ではありません。」
「ではオーラ体は関係ありますか?」
「虹色のオーラならば関係するかもしれません。」
「心に虹があるとどうなるのでしょう。」
「虹は一時的なもので恒久的に存在するものではありません。一瞬、一時でありその必要があります。その出現は時差があります。」

そして私がやってたことを行うことになった。
昨日だしたように光の玉が頭よりすこし高い位置に浮かぶ。
すごい強力なエネルギー体、白い馬(アルクトゥルスの神官)が大迫力で目の前に登場する。
そして、さあやれと言われなにがなんだかわからない私はどうするのどうするのと少し動揺したが、ヴァイワムスが大丈夫思い出します。とほほえんで言う。

私はたもとに手を入れそこから上の方に弧をえがいて玉の光をのばし虹をつくった。そして同様に右のたもとにも手を入れ光の玉をひっぱって虹をつくりクロスさせたような虹2つを作る。
これをどうするんだ、、、、、と白い馬やヴァイワムスに助言をもらおうとしたり思い出そうとしたり思案していると、馬が眼をまっすぐ向けて「思い出すことに集中しましょう」といった。いや、言ったというより伝わってきた。

そして。
そのできた1セットの虹を神官の背にのせた。
また同じ動作をくり返し馬の背にのせる。いくつもいくつも乗せた。
馬は色んな場所を移動して虹をおいていく。彼等は時空を超えて走る。もちろん心の中も。言葉にも。全てのものに虹をおいていくのだ。
馬は精神体なのだろう。今は神官が見せてくれているが実は私とセットの馬がいて、つくった虹を彼が運んでくれていたものわかった。なぜ今私とセットの馬はでてきてくれないのだろう。。。。

なにをやっていたかわかった。
気づき→浄化→ヒーリング→活性化→目的に進む(レベルアップ)の霊性向上の過程とは無関係なパーツか全体的にミストのようにふりかけるものか、このプロセスの中に入るべきものかヒーリングに組み込むべきものか、どうゆうものかとても知りたくなった。

しかしながら、またしても時間がなかった。
馬やヴァイワムスにいわれ瞑想を終了した。

今日はラファエルが一緒に飛んでくれた。昨夜彼の批判めいたことを散々友達と言っていたけど頼りになる天使で色んなことを教えてくれるから助かる。。。。(と言っておく)

ハイヤーセルフコンタクト

先日購入したばかりの車の為にレーダーをつけるべく、オート○ックスにいった。
待ち時間がけっこうあり、テレビがあって喫煙飲食でき子供の遊び場があるスペースで一人で待っていた。
めずらしく私ひとりだけで、そのなかで一番すわりごこちのよさそうな椅子にすわって、なにをするでもなくぼーっとしていた。

そこで瞑想しはじめた。最初はホーンソーで集中してから、いつものようにマスターシンボルでかこって雑念をいれないようにする。

最初に自分のハイヤーセルフのイサクにつながりにいった。
イサクはいつもどおり真っ白なひげでにこやかにうんうんと言っていた。
そこで私は人のハイヤーセルフに直接つながりにいった。
マナーっていうか礼儀だとおもってるからハイヤーセルフコンタクトは本人の許可なくしないことにしてるのだけれど、昨日はそうしなかった。

その人のハイヤーセルフは黒いりっぱなひげをたくわえていて、すごい威厳のある男性だった。
きっとどこかのなにかの国か地域をおさめていたような位が高そうな人だった。

その人の前世は戦う人だった。
戦う事はその人にとってレベルアップのための修行だった。
そしてなにかを得て、今は戦う人生になっていないが、そのときに自責の念にかられたなにかがあり、それが今の人生に影響をあたえているようだった。

もう二度と自分の目的や快楽、希望の為に人をこまらせたりしない。

つらい思いをされて、それを克服することが今の人生の修行のひとつなのだろう。
ハイヤーセルフは言う。それを乗り越えなければならない。そこで立ち止まっていてはいけない。乗り越える力があり、この先もっとレベルアップしてこなさなければならない課題があるから。

他の人が部屋にはいってきたので、そこでイサクとその人のハイヤーセルフにお礼をいってから瞑想をやめた。




スジャータさんの話

昨日も今日も瞑想をした。
なかなか毎日ブログをかけないけど、一応なんとか続けている(備忘備忘)
今日の瞑想はいいかんじだった。
オームではうねりがきこえてくる。ホーンソーでは光もみえてきた。
ああ、やっと回復してきたかな。

終わってから昨日は少し余裕があったので、久しぶりにスジャータさんとコンタクトする。
スジャータさんは風変わりな人。
ぱぱぱっとしゃべりたいことを空気を読まずにしゃべりはるという感じ。
昨日もやっぱりそうだった。

私「おひさしぶりです」
ス「変わってきてる・・・」
私「いきなり来たかと思いつつ)なにがですか?」
ス「地球のエネルギーが」
私「どんなふうにですか?」
ス「地表をおおうようなエネルギーがあふれてきている」
私「おおっ」
その後スジャータさん無言。
そしてばっと地球の映像が目に飛び込んできた。

地球でかい。そして背後から光がみえる。
その光のもやのようなものにつつまれている。
おお~ すごいなあと思った。

その後イサク(自分のハイヤーセルフ)にあって、フランチェスコに会う。
フランチェスコとの会話が好き。
あの落ち葉の降る公園が好きだ。
黄金の落ち葉が散る中ベンチでフランチェスコの隣に座る。
しかし。
例のごとく肝心の何はなしたかまた覚えてない。笑

最後に4大天使に会う。
なんか聞くつもりだったんだけど、なんかちょっと聞いたときに、ガブリエルが、「時間だよ」
意識を戻すと子供を起こす時間、6時10分ジャストだった。

スジャータさんの話を、会社でいつもレイキをあてさせてもらっている子にはなした。
はなしている最中に彼女のとなりに、オレンジのオーラをもつ天使とか、頭のよこに白い羽のようなものがみえた。
レイキをあてはじめると、待ちかねたように、わっとすごいエネルギーがきた。
朝見た地球もみえた。
昨日はとてもエネルギーの高い日だった。

ところで今日はライタリアンレイキ5&6。最終のアチューンメントの日だ。
レイキはこれで一段落するが、また浄化がはげしいライタリアンレイを継続して受けるつもり。
6月の終わりにエンパワメントレイを受ける。


チャネリングの備忘記録

私にメッセージをくれた存在。

スジャータ(スシャーハタ)
住所:M13ヘラクレス座
性格:きつめ、けっこうマイペース。話しだすととまらない。

エリー
住所:シリウスの近くの星
性格:やわらかくやさしいあたたかい人

スーリーム
住所:ベテルギウス
性格:物知り風

ラメンタ
住所:ルがつく名前の星 かなり通そう
性格:不明

ボルグ(ボーグ)
住所:M81おおぐま座
性格:もしかしたら子供かもしれない。話べた。純粋。はずかしがりやっぽい。


4月8日の瞑想ほか

昨日は、2本遠隔をさせていただく予定だったのに、眠りこけていて、約束をやぶってしまった。
下の子を寝かしつける時間が8時半で、自分も添い寝しているとそのまま寝ちゃうのだ。
上の子の塾帰りの迎えも何度ぶっちぎったか数しれない(眠りこけていて)
本当に申し訳ありませんでした。。。次やったときら針千本のむくらいの気持ちで約束させていただきます・・・。


今朝はホーンソーと自己流をした。
ホーンソーではかなり雑念がはいってきた。ごめんなさい。ヨガナンダ。

自己流はガブリエルにチャネリングをしてみたらどうといわれたので、やってみた。
つながった存在。めずらしく男性だった。ボーグ?ボルグだかおっしゃる。
M81からのコンタクトだとか。M81なんてあるのかとさきほど検索したら、あったし、この銀河の発見者の名前(ボーデ)がコンタクトした男性の名前に似ているのもへぇ~とおもった。
1200万光年離れていて、おおぐま座に属しているらしい。銀河系よりも小規模の渦巻銀河とのこと。
なんかわりかしつまらない雑談のようなことをしてから、スジャータさんにつながった。

スジャータさんは最初はい、はい、としか返事してくれなかったけど、気が向いたら雪崩のようにお話するスタイル。
なんかいっぱい話したけど、何話したか・・・・・・・・・・・ワスレタ。。。
ここは備忘記録なのに、忘れてしまっては元も子もないので、覚えているところを少しだけ。

私「スジャータさんの星ではけんかはありますか?」
ス「ありますよ」
私「私以外にコンタクトをとっている地球人はいますか?」
ス「いますよ、4人くらい」
私「地球は2012年にはどううなるのでしょうか」
ス「かわるのでしょう。かわるために働きかけられています。・・・・(その後おしゃべりは雪崩のごとく)・・・・・」

お礼をいって、元の意識にもどる。


今朝、会社にくると、現場の硫酸処理のところで、カラスが2羽死んでいたらしい。
どこかに連絡をとって片付けてほしいと先ほど言われたが、どうやら生ゴミ扱いだから自分でなんとかしなくちゃならないか有料で処理してもらうことになりそうだ。
それにしてもカラスのような利口な生き物がなぜ、硫酸槽などで死んでいたのだろうかとおもう。






3月24日の瞑想

今日も、ホーンソーと自己流をする。
ホーンソーは、いつもどおり、山のてっぺんにすわったり、少し浮かんでみたり、気持ちよかった。

自己流では、サナンダに会いにいって、昨日の悩み、好転反応がでた人の話をしてやり方が間違ってなかったか聞いてみたすると、

「あなたの考えている通りですよ」
と、にこやかに答えてくれた。

次の質問として、今仕事の問題。
以前雇用していた契約社員の人の問題についてだが、彼が裁判をおこしている。それについてサナンダにきいてみた。

「彼は会社を愛していたのです」

なるほど・・・・・・・・・。
サナンダすごいなあ。愛の反動か。
かわいさあまってにくさ百倍とはよくある話だ。

今朝は遠隔できなかったが、今晩にでも早速遠隔をしてみることにしますとサナンダに言うと、にっこりしてくれた。
サナンダにお礼をいってから、少しだけフランチェスコとはなして、イサクに会いにいき、スジャータさんとお話した。

スジャータさんにこないだのベクトルの話の答えとして、怒りが放出されたその場にいる人に悪影響を与え、不快感が放射状になってでている様ですねというと、そうそうとうなずいてくれた。
あと、私はそんなにいかめしい存在ではないですよと言ってくれた。この人はヘラクレスの人だ。

その後エリーさんに会う。
エリーさんは私が東向きにあぐらをかいているのをみて、すわっている方向が違いますねといって微笑んだ。
エリーさんも下の子供に私の名前を出してみてくださいといった。
今日はスジャータさんもエリーさんももっと自分に話しかけてみたいなことを言っていた。

で、朝食のときに、下の子に「エリーさんって知ってる?」と聞いてみた。
黙っていたがやがて首を横にふった。