FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代レイキセミナーに行ってきた

アメブロでもうれしげに書いたが、先週末に現代レイキセミナーに行ってきた。
レイキの基本的な考え方は西洋も現代もかわらないが、アプローチ方法がやはり違っていて、あらためて自分は西洋式向きなんだなとうっすら自覚した。

現代レイキセミナーは2日間だったのだが、2日目はマスターシンボルの伝授とマスター(ティーチャー)用のアチューンメントの内容となっている。
わたしときたら、その2日目のマスターシンボルの解説のところでほとんど眠りこけてしまって、たぶんセミナーの内容の80%くらいは聞けていなかったとおもう。
眠るというか、ぼーっとなってしまうのだ。

土居先生を見ていると、後ろになにかおりてきててそれが先生を動かしているように見える。
だれがおりてるんだろうと思ってみようとすると、意識がぼ~っとなってくるという感じの繰り返しだった。

と、ただの睡眠不足をスピリチュアルな意味を持たせるような含みでごまかすなよーと自分の顕在意識が茶々を入れてきたけれど、ほんとに誰かおりてきてたんです!と言い切ることにする・・・。

現代レイキの素晴らしいところは、レイキがどうやって起こってきたか、というところを詳しく説明してくれるところ。
レイキってなんだろうという人は、この辺から知るととても入りやすいようにおもう。

今やっている自分のメニューのなかにどうやって取り入れるか構成を考えるところからになる。
土居先生もおっしゃっていて、笑い話にされていたのだけれど、真理からはずれないようなメニューにしないとだなとおもう。
スポンサーサイト

ライタリアンピュリフィケーションリングレベル4

今日はレベル4のアチューンメントを受けた。
最も精緻なエネルギーらしく、私も最初おりてきた感覚はわかったのだけれど、実態をつかめないそんな陽炎みたいなエネルギーだった。

私には彼らセラフたちは白い印象に受ける。
このグループZも白くて最初ぶくぶくとわきたつ泡のような印象を受けた。

このレベル4ではハートにレインボウのサークルをインストールしてもらう。
つながるとレインボウのサークルはひんやりとしてハートが広がるような印象を受けた。
Zグループのセラフが笑顔で私にいう。「大丈夫です」

私はとても気持ちよくなりリラックスして最後まで問題なく受ける事ができた。
彼らが帰って行くときに「また呼べば来てもらえますか?」
セラフは高い次元の存在なので人間界に降りてくる事がないと言われている。
このピュリフィケーションでそれが実現したのであるが、呼べば来てくれる大天使とは違うという意識があり、思わずそういってしまった。

すると彼らは「私たちはいつもいます」といって去って行った。

ムナイキ

土曜日にムナイキを受けに先生の所に行ってきた。

ムナイキとは古代のシャーマンが自分たちだけで受け継いできた儀式で、彼らはずっと自分たちだけでこれをやってきたのであるが、地上にやってきたときあまりの荒廃ぶりに嘆き、これはこの儀式を広めヒトビトにも伝えようとして広められることになったものである。
儀式をうけると自然の精霊の力をかり楽しく充実して生きていくことができる。

先の日記でも書いたのであるがムナイキを受ける人は精霊と契約をかわさなければならない。
こちらが受ける契約条件は、こちらが精霊を呼び出したときはすぐに彼らはかけつけてきてくれ助けてくれる。
先方にこちらがする条件は、ムナイキをうけると自分の不要な物が皮のようにはがれていく。そうゆうのは色々あるけれど起こるスピードがすごく早い。つまり、そうゆうことが起これば受入れ不要なものを脱ぎ捨てなければならない。そして本来の自分はこうだと認めるというのが契約である。
浄化に似ているがそれとは少し違っているようだ。

この契約で二の足を踏んでらっしゃる方がとても多いらしい。
一見して確かに思う所はあるのだがスピリチュアルに興味があるという時点で既にそれを目指しているとも言える。ということで私は昨日は9つある儀式の4つめまで受けてきた。

これは伝授のようなものではなく、精霊をよんできて、完全に守られた空間でする儀式。
儀式をして精霊たちがその儀式で受けるべくものを与えてくれるという、そういったものだ。
他のエネルギーワークの伝授の類いと変わっているのは、儀式をしてもらいっぱーではなく、こちらもしてもらったら、してくださったひとに返すというところ。
何度も繰り返しするのがいいらしい。

第1の儀式はバンドオブパワーといって、自分以外のエネルギーは人やものなど色々ある。いいエネルギーなら問題はないが悪いエネルギーマイナスのエネルギーだったりそれをもろに受けると苦しむ。
人間関係の悪い感情などもこれに該当するのであろうが、そういったものをなんといいエネルギーに変換するフィルターをつけてくれるというもの。
世界中のひとがこれをまとえば戦争なんかも起きないしそれによって悲しい思いをする人も減りますね!・・・なんて話を先生としていた。

その他の儀式は次の通り

第2の儀式  ヒーラーの儀式

第3の儀式  ハーモニーの儀式

第4の儀式  預言者/超感覚の儀式

第5の儀式  デーキーパーの儀式

第6の儀式  ウィズダムキーパーの儀式

第7の儀式  アースキーパーの儀式

第8の儀式  スターキーパーの儀式

第9の儀式  クリエイターの儀式

第3の儀式では精霊たちのエネルギーを自由に扱えるようになる。第4はサードアイの活性化。
活性するようなワークは色々あるが、第六チャクラだけ活性化すると、見える能力だけ突出してハートを通して捉えないということもある。
ムナイキのサードアイ活性化は第4チャクラともつなげて活性化させてくれるのでとてもいいと思う。

総評として受けた感覚であるが、とても温かくほんわりとしたゆっくりとした落ち着けるエネルギーが部屋中に満ちる。
特に儀式の都度行うファイヤーセレモニーはとてもいい。
あったかくて落ち着ける。
これは行った儀式を定着するのにとてもいいので頻繁にやってくださいといわれたのでやることにする。

これは遠隔伝授はできなく対面のみ。
アセンションにむけのワークだとも思うので広まればいいなとおもう。

ところで、ムナイキではパイストーンという丸い円盤形の天然石が儀式に必要なものとなる。
真ん中に丸い穴があいておりそこからエネルギーがはいってくるという仕組みなのだが、これを伝授してくださった方からいただく。
パイストーンは高価なものではエゴがはいってくるのでよくないらしい。色々あるなかから私はピクチャージャスパーを選択したのであるが、帰りしなにアクセサリー用に売られていたガネーシャヒマールのクリスタルのパイストーンをみて衝動買いしてしまった。
とても綺麗であるが残念ながら儀式には使えないので革ひもをつけてペンダントにしようとおもう。

ピュリフィケーションリングレベル3

今日はレベル3だったので、感想を備忘しておこうとおもう。

いつものようにティーチャーや高次のスピリットがたくさんやってきて、場をつくってくれてからはじまる。
3つのつながりができ、セラフVグループが出てきた。
大きなかたまりでみえたり静かに移動する様がかんじられる。

このレベル3はレベル3では、あなたを不安や恐怖というものを取り除いてくれる。
そして、銀色のラインをクラウンチャクラから下、脊椎の影にいれてくれる。


私を含めてきっと、みんな色んな不安や恐れをもって尻込みしてしまうことは多く、進む決心をにぶらせてしまうこともあるだろう。
私はシルバーラインのインストール中にまぶしい光をサードアイに感じて安心した。

そしてセラフに聞いてみた。
「これからやっていこうということに何の確証もなく不安をもっています。」
するとセラフはこういってくれた。
「自分の中心に流れる意志の存在を感じましょう。」

シルバーラインは、
「このラインはあなたの中にある二元的なものを解放し自己サービスの動機のために行為を選ぶ人達から離れることで、あなたが恐れることなしに自身の強さと自身のセンスに踏み入れることを
可能にします。」

というものであるらしいので、きっと手伝ってくれると信じることにする。

クラウンチャクラから背中にかけてラインをいれてもらったが、背中の中心(ハートの裏側)があったかくなった。

ライタリアンピュリフィケーションリングレベル2

今朝レベル2を受けた。

レベル2はスターアリナエとセラフィムCグループがやってきてくれて、クリスタルスカルをクラウンチャクラに置いてくれるというもの。
事前の説明を見ると、クリスタルスカルは前頭葉に埋め込まれるとかいてあったので、小さいものかとおもったが、帽子のようにずぼっと上にかぶせられるイメージだった。

スターアリナエは銀河系の外からやってきた宇宙の存在だとかで、めちゃくちゃでかかった。
大きい人でゆったりと大きなブッダとも違うエネルギーなのだけれど調和のとれたエネルギーをしていた。

レベル2でなにを伝授されるかそういえば忘れていたので、セラフィムに聞くと「バランスです」と教えてくれた。
頭で感情レベルのことを制御していると一定方向に傾いて考えがちである。なかなか調和を保って全ての方向から正確に平静をたもつのは調和がとれているときじゃないとむずかしい。
そういった調和能力という言葉はへんだけど、それをサポートしてくれるものなのだろう。

スターアリナエからも体全体につたわる調和エネルギーをもらったような気がする。
それは体全体にクラウンチャクラから伝えられセラフィムのときは温かかったがこちらはすっとしたエネルギーだった。
最近宇宙に興味津々の私なので彼にまたあえますか?と宇宙の話とかもききたいのでそうゆうと「あなたが望むなら」と答えてくれた。

伝授してくださった方はこのレベル2のときはとてもまぶしい光を感じたそうである。
私は特にそれはなかったのだけれど、cグループの天使はやたら大きかったというのとアリナエも巨人だったというかんじ。

次週はレベル3である。

ライタリアンピュリフィケーションリング

先ほどLightarian Purification Ringのレベル1を受けた。
スカイプで要領の説明を受けて始めた。

英語での伝授だったのでエネルギーをちゃんと感じられるか心配だったが、やわらかいエネルギーの毎朝きてくれていたセラフィムの白いYグループがその不安を打ち消してくれた。

そういえば来てくれていた天使はヨミゼク(セラフの名前)の末端部分といっていた。Yとかいうのは便宜上つけられているようだが、関連があるのかと思わせてくれる為に教えてくれたのかもしれない。

はじまると大勢の天使がおりてきた。
エンジェルリンクのセラフローズオーラと似ている。大勢の天使はやがて大きいエネルギーになり部屋いっぱいに広がる。複数というのがローズオーラと違うところだが・・・。

肩からあたたかいものを感じ胸にそれは流れ込んできた。
ちゃんとコネクションが確立できたと感じたら返事をするのだけれど私のまわり(ちょうどハートの位置)をゆっくりぐるーっとセラフがまわり、一周したところで「はい」と返事した。

このリングでもらえるギフトは羊飼いの杖。ハートチャクラの上においてくれる。
これは、スピリチュアルなことに目覚めて初めてきているけれど、まだ確固たる方向性が決まっていない人達に、道先案内するような役目を受講した私たちにはあるのですよ、ということだそうだ。

自分自身、ついこないだまで迷っていたことなので、このレベル1は受けるべくして受けたような気がする・・・。

まだハートチャクラがあたたかい。
レベル2が楽しみである。


レムリアンヒーリングWS 2回目

昨日はレムリアンヒーリングのワークショップの2回目にいってきた。

早くついてしまったので、せっかくだし近くの金閣寺などを見ようかなとおもい、車をとめ、参道の入り口くらいを歩き始めたときに猛烈な豪雨に見舞われた。傘をさしていたが、本当にすごい勢いで降ってきたので、拝観料を払う建屋のあたりで、雨宿りしたときに、ヒョウまで降ってきた。
きゃあきゃあと騒いでぬれねずみになっている修学旅行生たちにまじって天を仰いでいたが、足が冷たいことに気がついて、自分の足下を見てびっくりした。

白いパンツがグレーに変化していた。腰の辺りまでグラデーションになっている。
参道の砂利に叩き付ける雨のはねかえりで、どろどろになってしまったのだ。
がっかりして一応金閣寺を見るがすぐ車にもどり、おちない泥を払っていた。

スジャータさんのメモ帳
雨上がりの金閣寺 ビューティホーという観光客の声。

先生のところで、洗面所とバスタオルを貸してくださった。
洗面所でパンツの泥を落とし、バスタオルを腰のところでしばったようななりで、ワークショップに参加させていただいた。

昨日は満月、そして雷雨、ヒョウまで降るような、はげしい気象だったのもあってか、前回よりはっきりとレムリアの扉が開かれたのを感じることができた。
私は前回の感想をここにメモした時、レムリア人はおそらく肉体をもたないエネルギー体という書き方をしたが、3メートルほどの肉体を持つ人だったらしい。
彼等はもうひとつの宇宙のもうひとつの地球に今も存在しているというのが先生の考え方だそうである。
もうひとつの地球・・・というのが勉強不足でよくわからなかったので今後また調べたいとおもう。

最初の瞑想がはじまって、私のレムリアンシードが光でみたされ、とても幸せな気分になった。
その後アチューンメントになる。

はじまって、再びレムリアの扉が再び開かれ、上から天使やらスピリットやらたくさんおりてきた。
私の右隣にすこし大きめのスピリットが佇む。
4人の参加者がいて、私と反対回りに先生がアチュンメントを開始され、私の番はおそらく最後で、時間があるようだとわかったので、そのスピリットと少しはなしてみることにした。

「今、どうやって接したらいいか迷っている人がいるのですが、どうしたらいいでしょうか。先方は自分の情報を伝えてくれますが、こちらの考えや言っていることは伝わっているのかどうかわからないのです。レムリアの時代にもそうゆう人がいたとおもうのですがその場合はどう接していましたか。」

スピリットの答え
「そのうち自分で気がつきますので、見守ります。」

どんな場合にも、自分での「気づき」がないと、その人に変化は訪れない。
誰かの言葉や行動、考えはヒントとしてその人が見るけれど、自分のものとしないと、変化は起きないのだ。
その人以外の人がそれを変える、変えなければならないという気持ちをもつのは、エゴである。
その人のため、こうしたらベストなのにと働きかけをするのはエゴなのだ。それが親であっても。

そして、私のアチューンメントの番がまわってきた。
螺旋状のくるくるとしたエネルギーを感じて、上にひっぱられるようだった。
頭の上と、眉間、胸に小さいハートのシールを貼られたみたいな感覚を持つ。
レムリアンシードのバーコードを指でなぞると、レムリアの記憶が蘇りますと先生が誘導瞑想中におっしゃった。

左手にもっていた石のそれをなぞっていると、いきなり森がでてきた。
暗い森。その暗い森の岩のくぼみがあり、そこにきらきら輝く白い1頭の馬が、、、ユニコーンが横たわっているのが見えた。そのユニコーンは弱っている。
レムリアの時代、彼にえさを運んでくれてた人が大勢いて、彼はそれによって生きていた。
だが、レムリアの時代も変化していって、個人主義の人が増えてきてえさを運んでくれる人もいなくなっていった。

彼は暗い森の奥を眺めてまっていた。ゆったりとした寂しげな遠いまなざしだった。
目の光は弱く、もうすぐ彼は死ぬのだろうということが予想された。
そして、私は彼だと感じた。

スジャータさんのメモ帳
モローの一角獣 ビューティホーな作品

その後ヒーリングの練習をしあい、私の遠隔を受けたいといっていただける方がいらして、連絡先をお伝えし、お開きになる。
パンツは半分かわいていた。

先生にしていた質問の解説をいただいたのが昨日の収穫のひとつ。
「石は精霊そのものであり、高次元とつながる術を知っている。。。。」

スジャータさんのメモ帳
昨日の夕焼け。光がとってもビューティホー(^_^)

ライタリアンレイ アクティベーションレイ

少し前になるが、ライタリアンレイのアクティベーションレイを受けにいってきた。
このレイでは浄化がおこり、その後の癒しがあった後の、「活性化」という変化がある。
またこのワークではサナンダとつながりがある。

いつも通りひとしきり先生と話をした後に、セッションをうけた。
先生とおはなししていると、部屋でみしっ ばきっ と音がする。
そして、電球が消えたりついたり、扉が勝手にあいたりするので興味深い。

その日はそこまで強い寝不足を感じていなかったので、寝てもよかろうと思い、すわるかねてうけるかの選択で、元気よく「横になります」と答えた。

いつもどおり光につつまれ、高次の存在が飛び交うようなイメージをみたあと、サナンダがきてくれた。
サナンダにふれられたとき、わたしはまたもや意識をとばしてしまった。

とびらがしまる音がして眼を覚ますと、先生がお茶をいれてくださっていた。
サナンダとはもう深くつながっている自信があるといえど、また彼をブッダのときとおなじように感じ損ねた、、、残念。

アクティベーションレイをうけてから、しばらくたつが、色々起こった問題がさらに発展してきた様にもかんじられる。
いい風にかわってきてるように全体の流れを感じる。
自分を見失うということはないが、流れが自分の予想していた通りなのかどうかわからない。

次は最終のマニフェステーションレイとソースレイで、このライタリアンレイを終えることになる。

ライタリアンレイ ヒーリングレイ

先日ライタリアンレイのヒーリングレイを受けてきた。
結構寝不足やら体調が悪いやらであまり状態がよくなかったのだが、アチューンメントにいった。
そしていつものように質問をしてきた。

ヒーリングしているときに上の光にしっかりとつながれないという感覚があるときがある。どういったときか。
霊性が成長するのは螺旋状であるので、前に見えていたものが見えないということはもっと上のレベルに自分がすすみ、その次元のものが見えなくなるということがあるらしい。

しかし、今回の私には当てはまらない。なぜなら単なる寝不足で身体もつかれておりパワーダウンしているだけだから・・・・。
それについては先生、こうおっしゃった。
「ヒーラーは自分の身体をしっかり管理する必要があります。光を通すパイプもぼろぼろのパイプよりも、きれいな状態のいいパイプを通る方が光もいいでしょう。」
うーん、そうですね、、、その通り・・・とおもった。

さて、その後ヒーリングレイがはじまった。
ブッダとつながる。ブッダとはライタリアンレイキのときにもうつながっているので、あらためてということはないのであるが、先生に横になって受けるかすわって受けるかどちらかきかれたとき、横になりますといった。

寝てしまわないか心配だった。絶対寝ないぞと意識をしっかりもっておこうとおもったのだが、、、。
肩をたたかれ、はっ と気がついたとき。
「今『はい』って返事しないといけなかったところでしたっけ」
「もう終わりました」
「・・・・」

最初は寝息をたてて寝ていたそうだが、ブッダが光臨してきてたときは寝息もきこえなくなって、息をしていないようだったらしい。その後びくともしなくて、アチューンメントが終わってからブッダがまた戻ってきて、癒してくれていたとのこと。
何度か肩をたたいたが、ぜんぜん気がつかないので時間ぎりぎりまで寝かしていただいたということがわかった・・・・。最初は寝ていたがその後はどこか行ってたんじゃないですか?と先生が笑顔でおっしゃった。

せっかくのヒーリングレイを何も感じずおわった。
もったいない~。
その後、メタモルフォーゼスの虹や羽がたくさんつまった丸玉を買って、先生のところをでた。
かえりしな、身体がとても軽くて気持ちもいいかんじだと感じた。
さすがブッダだなあ、こんなにいい感じだったら今日のヒーリングはいいかんじにできそうだな~ などと考えながら歩いていると、ブッダの「こりてませんな」的な表情がふっと頭にうかんだような・・・・・気がした。(^_^;;






病気について他

先日レイキの先生のところにいってきた。
ティーチャーの補講でいってきたが、それよりも質問でのお話が時間の大半をしめた。

友人に先日レイキしたところ、友人のお母様の脳内の血管にかたまりのようなものがある
ということで、レイキをあててもらえないかという話だった。
普通なら二つ返事で引き受けるものの、少し気になかったことがあり、見合わせている。
つまりどうゆうことかというと。

友人のお母様はご高齢でいらっしゃる。
もし今世はもう終了、生まれ変わって次の人生をさっさと歩もうよ
の場合、もしかしたらレイキがその人生を終わらせるお手伝いをしてしまい、
かたまりを破裂させてしまうのではないだろうか・・・・。
お母様の肉体の終了があれば、友人やその周囲が悲しむし私はその人生を終了をお手伝いしたくない。

・・・ということで二の足を踏んでいたから、そういったことがありえるか先生に質問した。
先生曰く、レイキで人の命を縮めたりのばしたりということはありません。
ただし安らかな死を迎えるお手伝いをすることはあります。
なくなるというのはその人の寿命なのです。とおっしゃってご友人の話をしてくださった。

先生のご友人は末期のがんでいらっしゃって、なくなる日にレイキを送られたらしい。
その後ご友人の旦那さんに電話すると、つぎのことがわかったそうだ。
その日までとても苦しんでいたのに、なくなる少し前から静かになった。
それも先生が送っている最中にねむるようになくなられたとのこと。

見方によっては、レイキをおくったことによってそのご友人の死がはやまったと見れるかもしれない。
しかし、先生も旦那様ももちろんそのようにとられてなくてそれがご友人の寿命であり、
レイキが安らかな死を手伝ったというふうにとられている。
なので、結論としては私の友人のお母様にレイキをおくることは差し支えないっぽいとわかった。

しかし、注意しなければならないことは、先生にした質問のような不安を感じながら送らないこと。
重病だからと気負わずに、いつもとかわらず、上にゆだねること。
ということである。
またオファーがあれば、ぜひあてさせてもらうことにしよう。

もう一つは他者からおくられる「念」とか「気」について。
先日サナンダから受けた「やめなさい」の解釈であるが、私と違って先生はもう関わるのをやめなさい
といってるんだよとおっしゃってた。
関わるのをやめるというのは、無料有料にも関係するようだ。
無料にしていると依存する人がでてくる。依存とは自分で結論を出そうとせず、いつでも無料のもの
に頼ればいいと考えがかたむいてくるその心を言う。

私が無料にこだわるのは、何点かある。
1 よくスピリチュアルを商売にされているかたがおっしゃる、「エネルギーとの等価交換」の意味が
わからないということ。交換する必要がある場合そうすればいいとおもうから。

2「神様」の領域を売り物にしたくないということ。

3 私は他で仕事をしており、そこで収入を得て生活ができているので、こうゆうことでお金を
いただかなくても平気だいうこと。

だが先生はこうおっしゃった。
1について
無料で相談にくる人は、その自分の問題を無料くらいでいいとしかおもってないということです。
本当にその問題を解決したいと思う場合は、お金を払って向き合うはずです。
無料でこのようなことをしていると、そのレベルの相談事しかこないので、あなたの
レベルアップにもつながりません。
無料だと依存するひともかなりでてきます。どれだけ相談しても無料だから。
そしてそのような念を飛ばされる機会も増えてきます。
例えば100円のジュースでも毎日ただでもらうと悪いなあと思うでしょう。
無形のものについてはなかなかそれは思われにくい。しかしその人の気づきとして起こるなら、それは
価値があるものなのです。

2について
逆に神様を無料にすることで、軽く扱っているとも言えます。

3について
全額寄付するとか方法はいくらでもあります。
相談者がお金を出して相談している。相談を受けた方はお金をもらってるから真剣に向き合うという意
識の一致があります。

おっしゃってもらったことはわかる・・・・.
だがまだしっくりこない。
結構これについては時間をかけて説明していただいたけど・・・。
まだ有料とかは考えていないが、伝授は無料では当分しないことに決めた。

下のリンク。
先生のサイトからの紹介であるが、びりびりっときたので、掲載させていただいた。
私にはブッダに見えずサナンダにみえる。
先生もそうおっしゃっているが、どうみえますか?この画像
Holy rainbow! Rare Buddhas Halo appears over mountain in China


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。