FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

日野川 あさ

Author:日野川 あさ
奈良のエネルギーワーカーです。
主にネットでヒーリングやチャネリングの活動してます。

○伝授・ヒーリング等のサイト
”PRISMATICA”

○天然石とアクセサリーのショップ
プリズマティカのサイトに併合しました。

○アメブロの普段日記
”スジャータさんのメモ帳”

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
Powered By 画RSS
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

4月22日の瞑想

今日も、技法→ホーンソー→オームをする。
ぐたっとなり、5分ほど目を閉じて仰向けに寝ていると、第三チャクラに光が見えた。
何度か見えたことがあるけどだいたい「え??もしかして???」と興奮(雑念が起きる)と消えてしまっていた。

昨日はイメージがみえて、それが夢のようなイメージなのだけれど。すごいリアルな感じだった。
今日も白いひかりがすごい近くにあるような気がした。
行法をやっているときに表れなくて大の字で仰向けに寝ているときにでてくるのだから、リラックスしてやってないからかもしれない。
テキストにかかれてあるものがまだ見えないし感じられないので、焦りがでているのか、やったるぞーと気負いすぎてるのか、ともかく今のままではよくなさそうだ。

遠隔のお約束をさせていただいておいて、ぜんぜんできない。
気はやろうという気持ちがすごくあるのに、身体がついてきてくれない。
お約束の時間前になると、物理的に邪魔がはいったり(子供が起きて泣き出したり)、腕があがらない、脚が動かないほど疲労感がどっとでてきたりするのだ。
なんでだろう、、、、どうしたらいいんだろう・・・・。

こうゆうときこそ、高次にきけいてみたらいいのだろうけど、オーム行法の関係で、自分なりに行法が安定するまでは、上に話をするのをヒーリング以外のときは封印しようとおもっている。
ハムスターの車輪運動のごとくなりそうだったとしても、独力解決を試みる。

**************

昨日の高次への感謝☆

昨日、小学校の懇談にいけなかった。昨日は学級委員を決める日だった。
司会をやってた方と面識があり、偶然下の子の保育園でばったり会い、学級委員にきまってしまったいきさつを教えてくださった。
学級委員を決める日で、なにも6年生まで学校の役を経験してこなかった私は、学級委員なってしまったようだ。
学級委員は月に2度も平日のまっぴるまに学校に集合しなければならない。
夫は単身赴任で母子家庭のようなものだし、まだ3歳の子がいるし、フルタイムで働いているし、決まっても満足に委員の仕事ができないので、と自分が辞退したい理由をその方に説明した。
それでももし決まればもちろんやるつもりだったが、補欠の方が、引き受けてくださることになったのを夜知る。

その方に感謝
司会の方に感謝
家族に感謝
高次に感謝した。

委員から逃げようとおもってるわけではない。
お世話になっている学校だから、親は参加しないといけないんだとおもう。
しかし問題はその時間。
平日の昼は働いている人にはどうしても無理だ。しかも月に2度も休むなどちょっとどう考えてもありえない。
夜や土日に日を設定くださればいいのにとおもう。
父親には休みの日の参観とか配慮されて、どうして母親にはそういった配慮はされないのだろうか。

免除対象者の基準もなんかおかしい。
働くお母さんが増えてきているのだから、古き規定は見直しして実情に即したものにしてほしいのが、働く母の意見だ。
よく働くおかあさんたちと、こんな話をする。「土日にやってくれたら、なんぼでも行くよねぇ」と。

4月21日の瞑想

今日も心身活性化の技法、ホーンソー、オームをやる。
また調子悪くなってくるんじゃないか・・・とおもっていたがさにあらず、今のところ元気。
終わってからもぐだっとなる時間は昨日より2分23秒も短縮できた。(ちゃんとはかったわけではない)

今、仕事がいそがしいので今日の日記はこれで終了。

NEW!4月19日の瞑想

今日から新しい瞑想になった。
SRFから次のテキストがきたから、それをすることにした。
やはり朝夜するようにかかれてあったが、夜は時間がないので、朝だけでがんばることにする。

最初に心身活性化の運動をする。
38つもあり、覚えるのに大変そうだ。
覚えれる範囲から少しずつ増やして行けばよいらしいので、今日は10つだけやった。
けっこう気持ちいい。

その後はいつもどおり、ホーンソーをして、集中してから、オーム行法をする。
これはすごい。
びっくりである。
難が有るとすれば、親指がいたくなってくる点であるが、それにしても素晴らしい。
まだ入り口の手前であるが、その覗き込んだ入り口はとても素晴らしい世界が広がっているような予感が感じられた。

心臓の音は簡単にきこえてきて、他に様々な音もきこえてきた。
終わってから祈りをささげて終了なのであるが、なんか少しつかれた。
このテキストに書いてあることの部分部分が私に書かれたのではないかとおもうほど、答えに答えてくれるのである。



テキストに内容を他者につたえることが禁止されているため詳しく書けないのが残念なのである。

あぐらが苦手

去年カルナを一緒にうけた生徒さんで、Yさんという推定50歳くらいの男性がいた。
彼はそのとき私がきいたこともないクリヤヨガという言葉を口にした。
彼が話す言葉はきれいで、魅力的であった。
どんな風に魅力的だったかは割愛するが、クリヤヨガを教えるために白樺湖畔に家を買い、セミナーハウスをするそうである。
彼は「あるヨギの自叙伝」がこの世界にはいるきっかけとなったとおっしゃっていて、私もそれを読んでいた。
まだすべては読んでいないが、パラマハンサヨガナンダさんの愛というかお人柄というか、そうゆうのに包まれた読みやすい文章で、早く読まなくてはならないと思っている本である。
Yさんの言葉をきっかけにして、自分もクリヤヨガの世界を知りたくなった。

SRF(SELF REALIZATION FELLOWSHIP)というものをヨガナンダ師は設立されていて、アメリカに本部がある。
私はそこにパンフレットの申し込みをして、それが昨年の冬に届きいたので、日本語のテキストを送ってもらうことを希望して5ドル払ったのだが、それが昨日やってきた。

ホーンソー行法という呼吸法のテキストだった。
昨日は3名ヒーリングをさせていただいて、なんかつかれていたが、がんばって読んだ。
今朝も少しそれに目を通し、ホーンソーで瞑想することにした。
ひまがあればどこでもできるとある。

今朝、準備をしてから、5時半からホーンソー呼吸法をしてみた。
基本的な姿勢についてかかれてあった。

あぐらをかいて、背筋をのばす・・・・。
でた、胡座が苦手な私である。

私は尾骨が折れ曲がっていて、そこを中心にすわることがむずかしい。
なんとかあぐらをかけても背筋をまっすぐのばす段階にはいたらない。
胡座をかくのが難しい人のためにいすにすわってする方法もかかれてあったのだが、なんとかあぐらでやりたいと思うのである・・・・。

いつも瞑想するときはソファのうえであぐらをかき、背もたれにもたれてする。
こうやってなにかにもたれたりするより、背筋をまっすぐにする状態が好ましいとかかかれてある・・・・。
がんばって、床にすわってやってみたが、背筋がむずかしく、そちらに気がいってしまうので、いつもどおり、背もたれにもたれてやった。

呼吸がこんなに難しい思ったことは生まれてからおそらく一度もなかったとおもう。
自然に・・・雑念をいれず・・・・。
雑念がはいると、ヨガナンダ師の姿がみえた。
やさしくわらっているところが見える。
それでまた呼吸に集中するが、また雑念。
ヨガナンダ師の姿というのも雑念のひとつなのだろうか。

呼吸をすることに集中して、6:10になった。
終わってからも第六チャクラに意識をおいて、ゆっくり元に戻る。
最初から第六チャクラに意識をおかなければならないのだが、それもなかなか難しい。
テキストには10~30分朝と夜しましょうとかいてあったが、そんな準備からはじめると10分だけでは無理だ。
毎日続けて正しく瞑想をしたいとおもう。